十分な睡眠をとることが、肌だけでなく髪の毛にも良い影響があります


十分な睡眠をとることができない状態は、身体的にも精神的にも悪影響が出てしまうことになります。

頭皮や頭髪に関しても同様です。

睡眠を十分にとれない状態が続くと、細胞や毛母細胞が修復されないため栄養を与えていても、髪の毛が成長しにくくなると言われています。

女性の育毛と睡眠には深い関係があります。

睡眠中の時間帯には、細胞の新陳代謝が最も活発になって古い細胞が新しく生まれ変わる時間帯があると言われています。

夜22時~翌2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。

この時間帯に睡眠をとることによって、身体に蓄積された疲労を回復したり、日中に損傷してしまった細胞の修復をしてくれる「メラトニン」という成長ホルモンの働きが活発になったりすると言われています。

当然個人差がありますが、このゴールデンタイムを含む6~7時間の睡眠時間を確保すると、質の良い睡眠をとることができる可能性があります。

その結果、「質の良い睡眠」ができますので育毛に良い影響があります。

現在の生活を振り返ってみていかがでしょうか。

より良い育毛環境を作るために、睡眠について改めて見直してみましょう。

生活習慣の乱れ

夜更かしや昼夜逆転の生活をして生活リズムが乱れると、睡眠を妨げて不眠を招くと言われています。

働き方が多様化している昨今では、シフトワーク(交代勤務)によって生活リズムが乱れるケースがありますが、これも一因となっている可能性があります。

さらに、暴飲暴食をして胃腸に負担をかけることも不眠につながりますので控えましょう。

朝決まった時間に起床するなど規則正しい生活を送ることができなかったり、昼間太陽の光を浴びる時間が極端に少なかったりすると、メラトニンが正常に分泌されない場合があると言われています。

生活リズムは一定に保たれていますか。

一日に10分でも太陽の光を浴びる機会がある生活をしていますか。

心当たりがある場合は、是非改善してみましょう。

栄養バランスが崩れた食生活


髪の毛の話になると、「海藻を食べていれば安心」というような話をよく耳にしますが、実際のところ育毛に必要な栄養素は、海藻類の摂取だけでまかなえるものではないと言われています。

栄養バランスを考えた食生活をしていますか。

食生活の乱れからくるメラトニンの減少は、この元となるトリプトファンというアミノ酸が不足するために起こると言われています。

不足している栄養素は食事から摂取するほかありません。

一般的に米や小麦などの穀物類、大豆、バナナ、クルミにメラトニンが含まれると言われますが、摂取してすぐ効果が表れるほど含まれていないとも言われています。

毎日さまざまな食品から継続して摂取することが大切なのです。

体重減少を目標にする目先だけの無理なダイエットや、好き嫌いなどによる偏食によって栄養バランスが崩れるケースもあります。

それらも不眠につながる恐れがありますので注意しましょう。

加齢によるメラトニンの減少

近年、年齢を重ねるごとにメラトニンの分泌量が減少するということが明らかになっています。

若いころよりも朝早く目が覚めたり夜中に何度も目が覚めたりして実際に睡眠時間が少なくなってきている原因には、メラトニンの減少が影響していると言われています。

しかしメラトニンの減少に対しては、これまで述べた生活習慣や食生活の見直しによって改善できる可能性がありますので心得ましょう。

また、一日のうちの体温変化にメリハリをつけることでメラトニンの減少を予防できると言われています。

つまり、一日のうちに入浴やストレッチなどの軽い運動をすることで体温を高めることにより、メラトニンの減少を緩めることができるので生活に取り入れてみましょう。

(まとめ) 女性の育毛と睡眠にはどのような関係があるの?

1.十分な睡眠をとることが、肌だけでなく髪の毛にも良い影響があります

睡眠を十分にとれない状態が続くと、細胞や毛母細胞が修復されないため栄養を与えていても、髪の毛が成長しにくくなる可能性があります。

夜22時~翌2時までの時間帯に活発に分泌される「メラトニン」という成長ホルモンが、身体に蓄積された疲労を回復することと同時に、細胞の生成を行うと言われています。

2 .生活習慣の乱れ

夜更かしや昼夜逆転の生活が続くことによる生活リズムの乱れが、睡眠を妨げて不眠を招く原因言われています。

また、暴飲暴食をして胃腸に負担をかけることも不眠につながりますので控えましょう。

仕事で不規則になる場合もありますが、一定の生活リズムをすることによって規則正しい生活を心得ましょう。

3. 栄養バランスが崩れた食生活

食生活の乱れからくるメラトニンの減少は、この元となるトリプトファンというアミノ酸が不足するために起こると言われています。

体重減少を目標にする目先だけの無理なダイエットや、好き嫌いなどによる偏食によって栄養バランスが崩れるケースがありますが、それらは不眠につながる恐れがありますので注意しましょう。

4.加齢によるメラトニンの減少

若いころよりも朝早く目が覚めたり、夜中に何度も目が覚めたりして実際に睡眠時間が少なくなる原因には加齢があげられます。

しかし生活習慣や食生活の見直しによって改善できる可能性がありますので心得ましょう。

また、一日のうちの体温変化にメリハリをつけることでメラトニンの減少を予防できる可能性があるので対策をしましょう。