ビタミンを必要量、適切に食べることは女性の育毛環境を整えます


育毛環境は土台である頭皮、そして、そこから生えてくる毛髪の環境になります。
それらを整えるには、洗髪やヘアケアなどのお手入れの他に、食事が重要です。

なぜならば、毛髪の成分の中には、身体の中で作り出すことができずに、外から食べた物を基にするしかない成分があるからです。
その中でも、ビタミンは重要な成分です。

頭皮を脂っぽさやフケから守ったり、毛髪の成分を作り出したりするためには、特定のビタミンを適切な量摂取する必要があります。

逆に言えば、頭皮が脂っぽかったり、フケが出たり、肌がガサガサになってきたりする、または、毛髪が痩せてきたり、切れやすくなったりしている場合、原因の一つとしてビタミンの過剰もしくは不足が考えられます。

つまりビタミンは摂りすぎても、反対に少なすぎても育毛環境に悪影響を及ぼすのです。

育毛環境を健康なものにするために、毎日の食事の中で他の栄養素と共に、ビタミンを意識して考えていきましょう。

頭皮を健康にするビタミン

ビタミンAは摂りすぎに注意

ビタミンAが不足すると頭皮や毛髪が乾燥してしまいます。
しかし摂りすぎても頭皮が硬くなってしまい、頭痛や睡眠障害の原因になります。

また体内に蓄積されるビタミンです。
適量を毎日摂取するために、食事内容やサプリメントに十分注意しましょう。

頭皮の脂っぽさを制御するビタミンB2

頭皮の脂っぽさやフケの悩みがある方は、ビタミンB2を積極的に取りましょう。
水溶性ビタミンの1つなので、摂りすぎた場合は流れてしまいます。

血流を改善するビタミンE

ビタミンEは血管を広げて、血液を流れやすくします。
よって頭皮の血流が良くなり、髪の毛により多くの栄養を送ることができます。

また冷えを解消したり肩こりを和らげたりします。

毛髪の成長を促すビタミン、その他毛髪に必要な栄養素

タンパク質を作るビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質から毛髪の元になるケラチンを作り出す、重要なものです。
ケラチンは毛髪の99%を占める、多くのアミノ酸の集まってできたタンパク質です。

このアミノ酸の中には、メチオニンといって体内で作り出すことができず、食べ物から摂取するしかないものもあるのです。

女性の味方ビタミンC

ビタミンCには、抗酸化作用、血管を作る、コラーゲンを作り出すなどの作用があります。
よってハリのある若々しいお肌や、新陳代謝のきちんとした生き生きとした身体を作るために欠かせないビタミンなのです。

亜鉛や鉄分などのミネラルも欠かさずに

毛髪を作り出すには、タンパク質やビタミン、そしてミネラルも必須です。
ミネラルの中では亜鉛と鉄分が重要になります。

亜鉛はタンパク質がケラチンになるために必要です。

ビタミンを多く含む食材

  • ニンジン
    身体の中でビタミンAになる、βカロテンが含まれています。

    野菜炒めやかき揚げなど、油を使うと吸収力がアップします。

  • トマト
    トマトはビタミンが豊富に含まれた野菜です。
    βカロテンだけでなく、ビタミンCやEもあるので、ビタミンを重視して摂りたい方にとって適しています。

    生で食べるだけでなく、シチューや炒め物にしても食べられる便利な食材といえます。

  • 豆類
    レバーはビタミンB群を多く含んでいますが、どうしても食べにくいのではないでしょうか。
    しかし豆類にもビタミンB群は豊富です。

    たとえば納豆にはビタミンB1を始め、多くのものが含まれています。

    またナッツ類にもビタミンB群は含まれているので、おやつやお酒の時に積極的に食べては如何でしょうか。

  • にがうり
    ゴーヤチャンプルーなどに使われるにがうりはビタミンCが豊富です。

    このビタミンCは、ピーマンやパプリカにも多く含まれているので、野菜炒めや、サラダとして食べると育毛によいといえます。

(まとめ)ビタミンは女性の育毛環境にとって重要?

1.ビタミンを必要量、適切に食べることは女性の育毛環境を整えます

頭皮を健康に保ち、毛髪を順調に成長させるには、ビタミンは必要な栄養素のうちの一つです。

ビタミンは摂りすぎても、少なすぎても良くありません。

また、体外から摂取しなくてはならないビタミンもあり、毎日の食事で意識しましょう。

2.頭皮を健康にするビタミン

ビタミンAは頭皮を乾燥から守りますが、過剰摂取すると体調に影響するので注意が必要です。
ビタミンB2はフケや脂っぽさを防ぎます。

ビタミンEは血流を良くするので、頭皮のすみずみまで毛髪が成長するための栄養を届けます。

3.毛髪の成長を促すビタミン、その他毛髪に必要な栄養素

毛髪のほとんどを占めるケラチンを、タンパク質から作り出す際に、ビタミンB6が必要になります。

またビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンを作ることにより、肌にとって重要な栄養素です。
亜鉛や鉄分も育毛環境にとって必要なミネラルです。

4.ビタミンを多く含む食材

ニンジンに含まれるβカロテンは、ビタミンAになります。
トマトはさまざまなビタミンが含まれており、生でも加熱しても食べられます。

納豆やナッツ類などの豆類にはビタミンB群が豊富です。
にがうり・ピーマン・パプリカには、ビタミンCが多く含まれています。