睡眠や栄養不足、血行不良、ヘアサイクルの乱れが考えられます。生活習慣を改善し、正しいシャンプーをすることで改善しましょう

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

髪の毛が伸びない、伸びが遅い場合は、原因として、睡眠不足、栄養不足や血行が良くない、ヘアサイクルが乱れていることが考えられます。また、中には、切れ毛の量が多く、髪の毛が伸びていないと感じているケースも存在します。生活習慣を改善し、正しいシャンプーをすることで改善しましょう。

髪の毛が伸びない、伸びが遅い原因

他の人と比べて、髪の毛が伸びるのが遅い気がするという方や、最近やけに髪の毛が伸びなくなったという方もいると思います。気分転換でヘアスタイルを変えたい場合や傷んでいる毛先を切りたい場合、髪の毛が伸びていないと、伸びるまでとにかく待たなければいけなくて困りますよね。

髪の毛の伸びる早さには個人差があり、子供の頃から髪の毛がなかなか伸びないと感じていた場合、もともと伸びるのが遅い体質の可能性があります。先天的に髪の毛の伸びる速度が遅い時は、美容院に行くタイミングなど、人と比べて間隔が長いことなどで気付く人もいるでしょう。

このような先天的な理由であれば特に悩む必要はありませんが、以前に比べて髪の毛が伸びるのが遅くなった気がする場合には、いくらか注意が必要です。

髪の毛が伸びない、伸びが遅い要因とは?

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s
睡眠不足

人間は寝ている間に、成長ホルモンが分泌し、疲労を回復させ、細胞の修復を行っています。皮膚や内臓の細胞を新しいものにしてくれるターンオーバーは、成長ホルモンが行ってくれているので、若返りホルモンとも呼ばれています。

髪の毛を作るのは頭皮ですが、実は頭皮も皮膚の一部。皮膚である頭皮の状態が、睡眠時にしっかりとターンオーバーを行い健康な状態であることが、髪の毛を伸ばすためにとても大切なのです。

栄養不足

髪の毛を作るためには、栄養をしっかりとる必要があります。髪のおよそ8割はタンパク質でできています。

そのためタンパク質を摂取することはもちろん、髪の毛を作るためにはその他さまざまな栄養素が必要で、これらが不足すると髪の毛が伸びない原因ともなってしまうのです。

血行不良

女性は筋肉の量が少なく血行不良になりがちです。そのため冷え性で悩んでいる方も多くいることでしょう。

頭皮は手足と同じく、心臓から遠く血行不良になりがちな場所です。栄養バランスのよい食事をしっかり食べているから大丈夫!と安心していても、せっかくとった栄養が血行不足で頭皮まで届いていない場合もあります。

切れ毛の量が多い

カラーやパーマなどを繰り返しかける、また髪の毛に負荷のかかるような編み込みや結び方を続けることで、髪の毛が痛み、切れ毛が増えることがあります。

髪が伸びてないのではなく、実は切れ毛が多く、途中で切れてしまっていることで、髪の毛が伸びていない可能性も考えられます。なるべく、髪の毛に負担のないようなヘアスタイルにしてみるのもよいでしょう。

髪の毛を伸ばす速度を上げるには?

78092d2658181f8ee80ac606abbe2fc9_s

髪を伸ばす速度を上げるためには、まず運動、睡眠、食生活など生活習慣を見直す必要があります。加えて、ヘアサイクルを整え、正しいシャンプーで頭皮の状態を良くする、髪の毛を傷めないようにすることなどが大切です。それぞれについて具体的にご紹介します。

質のよい睡眠をとる

髪の毛の成長を早く促すためには、質のよい睡眠をとることがまず大切です。眠りの深いノンレム睡眠の時に成長ホルモンが分泌され、頭皮が正常にターンオーバーされると、頭皮は健康な髪の毛を作り出したり、育てたりすることができます。そのため、睡眠時間を充分にとることはもちろん、入眠して深い眠りにつくことが重要なのです。

寝室の照明を暗いものに変える、シャワーで済ませずゆっくりと湯船に浸かるなど、寝る前には落ち着いた気持ちで入眠しやすい環境を作るのが大切です。

また、寝る前に夕食をとるとホルモンの分泌が妨げられてしまいます。できれば寝る4時間前までに夕食を終わらせるとよいでしょう。

バランスのよい食生活

髪の毛を作るために必要なタンパク質はもちろん、頭皮の状態を健やかに保つビタミン類などしっかりと栄養をとることで、髪の毛の速い成長を促せるでしょう。

特に、髪の毛を構成しているケラチンを再構成する亜鉛は、タンパク質と同様に積極的にとりたい栄養素です。亜鉛不足となると、髪の毛が伸びにくくなるとも言われています。しかし、亜鉛は食事からとりにくい栄養素であるため、必要に応じてサプリメントで補うことも検討するとよいでしょう。

髪の毛を作るのは栄養ですから、偏った食事だけを取り続けるようなダイエットは体に負担になるだけでなく、薄毛の原因にもなります。バランスのよい食生活を心掛けましょう。

運動不足とストレスを解消

栄養をしっかりとっても、血行不良であれば頭皮に栄養が回らず、髪の毛が伸びにくくなる可能性もあります。適度に運動をすることで、体中の血液が巡るようにするとよいでしょう。

時間がない時でも、寝る前に簡単なストレッチをする、なるべく歩くようにする等を心掛けることで、運動不足を解消しましょう。また、運動することでストレス発散にもなり、ストレスによって収縮していた血管も広がり、血行がよくなることも期待できます。

正しいシャンプーとマッサージ

髪の毛を作り、伸ばすためには、頭皮がよい状態であることが大切です。正しいシャンプーをすることで、頭皮を健康に保ち、乱れたヘアサイクルを正常に戻しましょう。

シャンプーをする時はぬるま湯で、頭皮を指の腹で揉むように洗いましょう。そこで泡立った泡で優しく髪の毛を洗うことで、髪の毛を傷めず、切れ毛も減らすことができます。

また、シャンプーは刺激物でもあるため、すすぎは念入りにしっかりと行いましょう。髪の毛を乾かした後の清潔な頭皮の状態で、頭皮を優しくマッサージするのも効果的です。頭皮を動かすようにマッサージすると、血行が悪くなりがちな頭皮に栄養が渡りやすくなります。

(まとめ) 髪の毛が伸びない!髪の毛の伸びが遅い原因や対処方法はありますか?

1.髪の毛が伸びない、伸びが遅い原因

髪の毛の伸びる速さは個人差があり、先天的に伸びる速度が遅い体質の人もいます。
先天的であれば問題ありませんが、最近、髪の毛が伸びるのが遅い気がする、という場合は注意が必要です。

2.髪の毛が伸びない、伸びが遅い要因とは?

睡眠不足や栄養不足、血行不良などで髪の毛が伸びるのが遅くなっている場合があります。
また、髪の毛が伸びないと思っていたら、髪の毛が痛んでいて切れ毛が増えていることで、そのように感じている場合もあります。

3. 髪の毛を伸ばす速度を上げるには?

質のよい睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され、髪の毛を作り育てることができるようになります。寝る前の環境を整えましょう。
また、髪の毛を作るのに必要なタンパク質やビタミン、亜鉛などの栄養素が必要です。バランスのよい食生活を心掛け、運動をして血行を良くし、ストレスを解消しましょう。

毎日のシャンプーも正しい方法で行い、ヘアサイクルを正常にしましょう。シャンプー後の清潔な頭皮をマッサージして血行を良くするのもオススメです。