自分の頭皮の状態に適しているかどうかです


シャンプーを使わず、水やお湯だけで髪を洗う「湯シャン」をご存知ですか?

頭皮の皮脂が多すぎると、フケやかゆみ、べたつき、臭いなどの原因となりますが、皮脂を落とす為に洗浄力が強いシャンプーを用いると、皮脂を落としすぎる恐れがあります。

すると皮膚を保護する為に、皮脂が過剰に分泌されるという悪循環に陥ってしまいます。

ところが湯シャンは、汚れを落としつつ、頭皮に適度な皮脂を残すので、本来持っている頭皮のバリア機能を回復させると考えられています。

ただし湯シャンに、適さない場合もあるので、始める前にはまず頭皮の状態をよく見ましょう。

普段からフケが多い人や、頭皮に湿疹やかさぶたなどができている人は、脂漏性皮膚炎などの炎症を起こしている可能性があります。

その場合、抗菌作用のあるシャンプーを使わなくなることで、症状が悪化するかもしれません。

症状が重い場合は、湯シャンを始める前に皮膚科などの専門の医師に相談してください。

湯シャンを続けていくうちに皮脂の分泌が正常になるといわれていますが、効果には個人差があります。

育毛環境を改善する手段の一つではありますが、自分に合っているかどうかを見極めることが大切です。

適度な皮脂が頭皮を守ります

皮脂には、頭皮の潤いを保ち、紫外線や細菌などの刺激から頭皮を守る役割がありますが、多すぎても少なすぎても頭皮トラブルの元になるので注意しなければなりません。

皮脂が少なすぎると、頭皮が乾燥し、フケやかゆみ、髪のパサつきなどの原因になります。

一方、皮脂が多すぎると、汚れと混ざって毛穴をふさぎ、頭皮にダメージを与え、育毛を阻害します。

それから洗浄力の強いシャンプーは、皮脂だけでなく、皮膚を守る働きがある「皮膚常在菌」まで洗い落しとてしまう恐れがあります。

皮膚にはたくさんの皮膚常在菌があり、そのバランスが崩れると病原性のある菌が増加して、頭皮トラブルを引き起こす原因となります。

健康で丈夫な髪を育てる為にも、適度な皮脂を残し、頭皮環境を整えましょう。

湯シャンに向かない人もいます


皮脂の分泌が多い人は、お湯だけでは皮脂が落としきれない可能性があり、シャンプーを使用していた時よりも頭皮のべたつきや臭いを感じるかもしれません。

しかし皮脂を、落とそうとして熱いお湯を使ったり、ゴシゴシこすったりすると、頭皮を傷めてしまいます。

その場合は、洗浄力が比較的強くないアミノ酸系シャンプーを用いると良いでしょう。

またスタイリング剤を使う場合も、洗い流しきれず、汚れが残ることもあります。

さらにシャンプーの成分による、洗髪後の指どおりや香りがなくなるので、それが気になる人がいるかもしれません。

湯シャンを始めた頃はベタベタ感が残り、効果が出るまでに時間がかかるといわれていますので、湯シャンを試すのなら、頭皮の状態を見ながら、無理をしないように行ってください。

湯シャンを行う時の注意点

洗髪前にブラッシング

髪を洗う前には、優しく丁寧にブラッシングをしてください。

ブラッシングには、頭皮の汚れをしっかりと浮かせ、頭皮の血行をよくする効き目があるといわれています。

硬いヘアブラシは地肌を傷めるので、豚毛や猪毛など、動物性の柔らかいヘアブラシでとかしましょう。

お湯の温度は40度以下

温度が高いと洗浄力は増しますが、頭皮に負担がかかるので、湯シャンは40度以下のぬるま湯で行います。

また温度が高いと、乾燥が進行するので、乾燥肌の人は少し低めの温度設定を心掛けてください。

爪を立てたり、力を入れたりすると、頭皮を傷つける恐れがあるので、優しくマッサージをするように指の腹で洗いましょう。

髪のきしみが気になる場合は、クエン酸をお湯に溶かしてリンス代わりに用いると良いです。

(まとめ)湯シャンをする時に注意すべきポイントは?

1. 自分の頭皮の状態に適しているかどうかです

湯シャンは汚れを落としつつ、頭皮に適度な皮脂を残すので、頭皮のバリア機能を回復させると考えられています。

効果には個人差があり、湯シャンに適さない人もいるので、頭皮の状態を見極めることが大切です。

2. 適度な皮脂が頭皮を守ります

皮脂には、頭皮の潤いを保ち、外的刺激から頭皮を守る役割がありますが、少なすぎても多すぎても、頭皮にダメージを与え、育毛を阻害します。

また皮膚を守っている常在菌を洗い落とすと、頭皮トラブルの原因となります。

3. 湯シャンに向かない人もいます

皮脂の分泌が多い人やスタイリング剤を使う場合は、皮脂や汚れが洗い落とせないことがあります。

さらに、シャンプーを使った後の指どおりや香りがなくなるので、それが気になる人がいるかもしれません。

4. 湯シャンを行う時の注意点

髪を洗う前に、動物性の柔らかいヘアブラシで優しく丁寧にブラッシングすると、頭皮の汚れを浮かせ、頭皮の血行をよくすることができます。

40度以下のぬるま湯で優しくマッサージをするように指の腹で洗いましょう。