刺激の強いシャンプーで髪の毛のツヤがない時は湯シャンが対策になることもあります


髪にツヤがない場合、髪の傷みを筆頭に、脂質や水分不足、加齢や栄養不足などさまざまな原因が考えられます。

例えば髪の毛が乾燥して傷むとキューティクルが剥がれ、さらに乾燥が進むという悪循環も生じると言われています。

傷んでいる髪は光の反射に悪影響を与えますから、ツヤがないことにつながるのです。

もし髪の毛の傷みに刺激の強いシャンプーが関わっているなら、湯シャンが対策として期待できるでしょう。

髪の毛が傷んだり脂質や水分不足などが起きたりすることでツヤが失われます

髪にツヤがない原因には複数のものが考えられます。

例えば髪が傷んでいる、加齢、脂質や水分、栄養の不足などさまざまな原因が考えられています。

さらに、髪の毛が乾燥すれば毛髪の表面を保護しているキューティクルが剥がれやすくなることも理由の一つとして考えられるでしょう。

剥がれるとそこから水分が逃げてしまうので乾燥するという悪循環に陥ることも考えられるのです。

また、ツヤがある髪の毛というのは、光を反射しやすい状態と言われています。

しかし傷んでいる髪というのは表面に問題が生じているため、光が反射しないのです。

だから、ツヤのない髪と言われるような状態になってしまいます。

髪の毛も栄養が不足をすれば健康に育つ状態を維持することが難しくなります。

栄養不足ですと髪の毛だけではなく頭皮環境の悪化につながり、ツヤのない髪の毛が作られても不思議ではありません。

また、シャンプーについても注意が必要です。

刺激の強いシャンプーを使用することで、必要な皮脂成分まで取り除いてしまうので乾燥しやすい頭皮状況を作り出されます。

もし刺激の強いシャンプーを使用している場合や、頭皮が乾燥しやすいという場合は、湯シャンが対策の一つになることもあるのです。

ツヤが失われたら総合的なケアが必要です


髪の毛のツヤを取り戻したいなら、総合的なケアをする必要があります。

例えば、髪の洗い方についても注意した方がよいでしょう。

頭皮が乾燥しやすい人の場合、洗浄力の強いシャンプーなどを使用してしっかり洗いすぎることで、必要な皮脂まで取り除くことにつながります。

洗浄力の強いシャンプーというのは、珍しいものではなく一般的に販売されており、代表的なのは石油系界面活性剤などが含まれているシャンプーです。

また、高級アルコールシャンプーというのも洗浄力は高いのですが、必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意した方がいいでしょう。

そのようなシャンプーを使用しているけれど、皮脂が多く出すぎて困っているという人も居るかもしれません。

しかし頭皮が乾燥をすると皮脂が過剰分泌される場合もあるのです。

このように頭皮に問題があると髪の毛はツヤどころか、パサパサになったり、また逆に皮脂でべたついたりしてしまうこともあるため、注意しましょう。

また、皮脂分泌の乱れにより頭皮環境が悪くなって髪の毛のツヤが失われているのでしたら、湯シャンをしてもいいです。

湯シャンをすることで取り除きすぎていた皮脂が残り安定化が期待できます。

結果、髪の毛にツヤを取り戻す対策の一つになるというわけです。

湯シャンや刺激の弱いシャンプーが対策につながります

頭皮以外、髪の毛に直接的なアプローチをしたいのでしたら、まずキューティクルが傷まない対策を考える必要があります。

例えば、湯シャンをするにしてもあまり長く洗わないようにしましょう。

キューティクルは摩擦に弱いため、ずっと髪を洗っていると剥がれたり、壊れたりすることにつながる可能性があるからです。

お湯の温度にも注意しなければなりません。

基本は40度以下のぬるま湯で洗うことは、頭皮だけではなく髪の毛への負担を軽くするためにも大切なポイントだからです。

ただ、湯シャンをしているけれど、皮脂が出すぎてべたべたして気持ち悪い、臭いが出たという人も居るでしょう。

湯シャンをスタートさせたばかりの時は、結果的に皮脂が過剰に分泌されていることがあるからです。

それでは困るという人は、アミノ酸系のシャンプーなどを使用するのもよいでしょう。

アミノ酸系の界面活性剤や自然由来の成分が入っているシャンプーは、湯シャンではなくとも必要以上に皮脂を取り除くことがないからです。

また、髪の毛のツヤということを考えるならトリートメントも意識しましょう。

もちろんトリートメントも自然成分が含まれている刺激が強くない物を使うのがよいでしょう。

また、トリートメントを使用するなら頭皮ではなく髪の毛に使うようにするのがコツです。

総合的な対策をすれば、髪の毛にツヤがない状態を回避する期待が持てます。

(まとめ)髪の毛にツヤがないとき、湯シャンが対策になるの?

1.刺激の強いシャンプーで髪の毛のツヤがない時は湯シャンが対策になることもあります

髪の毛が傷む原因も複数ありますがその中に刺激の強いシャンプーも挙げられます。

また、頭皮が乾燥しやすい人もツヤに悪影響を与えます。

そのような人には湯シャンで対策ができる場合もあるのです。

2.髪の毛が傷んだり脂質や水分不足などでツヤが失われます

髪の毛が傷んでしまったり、乾燥をすると髪の毛のキューティクルが剥がれてツヤにも悪影響が出て来ます。

髪の毛が傷む原因の一つに刺激の強いシャンプーがあった場合、湯シャンによる対策が期待できるのです。

3.ツヤが失われたら総合的なケアが必要です

髪の毛のツヤがないなら、髪の洗い方にも注意しなければなりません。

刺激の強いシャンプーを使用すると必要な菱まで洗い流してしまうので、頭皮が乾燥しツヤが消えるということもあります。

だから、湯シャンが対策の一つになる場合もあるのです。

4.湯シャンや刺激の弱いシャンプーが対策につながります

湯シャン以外の対策としては、キューティクルが傷まないように注意しましょう。

長く髪の毛を洗ったり、お湯の温度は温めにしたりすることが大切です。

アミノ酸系のものや自然由来の成分を配合したシャンプーを使用することも、効果的なツヤ対策となります。