湯シャンやクレンジングは頭皮の皮脂を綺麗にするのに役立ちます


頭皮にも毛穴があり、皮脂や角栓によって汚れてしまうことがありますが、その場合には頭皮クレンジングが役立つと言われています。

専用のオイルやオリーブオイルを使用して綺麗にできますし、皮脂が少ない人の場合であれば、湯シャンだけというのもよいでしょう。

湯シャンは必要な皮脂を残して汚れを取り除けるケア方法の一つです。

自分の頭皮環境に合わせて、頭皮クレンジングや湯シャンをすることでよりよい結果が期待できるのです。

頭皮クレンジングで毛穴に詰まった皮脂汚れ対策ができます

クレンジングは毛穴に詰まった角栓や、皮脂汚れを落とすというケア方法です。

皮脂や角栓などによる汚れは顔だけではなく頭皮にも存在しています。

この頭皮の汚れについてクレンジングをすることで、皮脂や角栓による炎症と言ったトラブルへの対策が期待できるのです。

頭皮のクレンジングをする方法として、オイルなどが挙げられるでしょう。

頭皮をクレンジングする場合、専用のオイルなどもありますし、オリーブオイルなども使えます。

そのようなオイルを使うことで皮脂や角栓などが柔らかくなり除去しやすくなるのです。

しかしオイルでのクレンジングをする際には注意点もあります。

頭皮の皮脂分泌が元々多い人の場合、オイルによるクレンジングをすることで症状を悪化させる可能性があるということです。

皮脂詰まりが生じやすくなるのでクレンジングで毛穴などを綺麗にすることもできるでしょう。

しかしクレンジングしすぎることで必要な皮脂を取り除いてしまう可能性もあります。

時にはオイルでのケアを控え湯シャンというお湯だけで髪を洗う方法を試してみるのもよいでしょう。

クレンジングも湯シャンも正しい方法で行わなければ症状が悪化します


オイルを使った頭皮のクレンジングは特に難しいものではありません。

エステやヘッドスパでも行うことはできますが、自宅でも比較的、簡単に行うことができます。

まず乾いた状態の髪の毛に対しヘアブラシを使用してとかした後、オイルを500円玉程度の量だけ手に取り、頭頂部から頭皮へ広げていきましょう。

ポイントとしてオイルは頭皮につけることです。

頭頂部から下へ向かい頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血流にもいい影響を与えられます。

それから、お湯でオイルを洗うという流れです。

頭皮が乾燥しやすい人は湯シャンでもよいでしょう。

ただ、湯シャンをする際にはお湯を40度以下、つまり34、5度程度にするのがポイントです。

クレンジングオイルは皮脂などを取り除きますので、洗浄力の高いシャンプーなどを使った場合、余計に皮脂が不足する可能性が出て来るので湯シャンという選択肢もよいでしょう。

しかしクレンジングに使ったオイルについてきちんと洗い流したいのでしたら、アミノ酸系の界面活性剤が使われたシャンプーを使うのもオススメです。

自分自身の頭皮状況を見極めてケアをすることが大切です

オイルについても湯シャンについても、基本は自分の頭皮状況に合わせる必要があります。

オイルによる頭皮のクレンジングも頭皮だけではなく、髪の毛にツヤを与えるという部分ではメリットが大きいと言えるでしょう。

湯シャンについても、必要以上に皮脂を落とすのを防げますのでよいと言えます。

また、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に皮脂を落としすぎたことで、分泌量が乱れていることもあります。

その皮脂分泌の乱れを正常な状態に戻すためにも、湯シャンはいいと言われているのです。

オイルも湯シャンについても、共通して悪い点は、長時間行うことでしょう。

オイルを使ったクレンジングをする場合には、大体、数分以内がいいと言われています。

湯シャンについてもあまり長時間やっていると、シャンプーを使用していないからと言っても皮脂を取り除きすぎる可能性があります。

その点も理解して、やりすぎないように注意しましょう。

また、皮脂や汚れについて適度に流して、頭皮の状況を正常に保つ刺激の弱い自然の成分が使われているシャンプーもあるので、それを利用するのも悪い選択肢ではありません。

(まとめ)頭皮のクレンジングと湯シャンは効果が期待できる?

1.湯シャンやクレンジングは頭皮の皮脂を綺麗にするのに役立ちます

頭皮には毛穴などが無数にありますが、そこに皮脂が詰まって汚れると炎症などのトラブルを引き起こしてしまいます。

そこに頭皮クレンジングをすればトラブル対策ができるでしょう。

頭皮状況によっては湯シャンだけの方がいい場合もあります。

2.頭皮クレンジングで毛穴に詰まった皮脂汚れ対策ができます

頭皮や毛穴が過剰な皮脂などで汚れすぎると、頭皮トラブルにつながります。

そのような問題に対しては、頭皮クレンジングがいいでしょう。

ただ、頭皮が乾燥しやすい人の場合、クレンジングよりも湯シャンの方がいい場合もあります。

3.クレンジングも湯シャンも正しい方法で行わなければ症状が悪化します

頭皮クレンジングの方法のポイントは、500円玉くらいのオイルを頭皮につけることです。

マッサージを合わせれば血流にもいい影響を与えるでしょう。

頭皮が乾燥しやすいなら湯シャンだけでもいいでしょう。

4.自分自身の頭皮状況を見極めてケアをすることが大切です

オイルによる頭皮クレンジングも湯シャンも長時間行うと頭皮に悪影響を与えるので注意しましょう。

湯シャンや頭皮のクレンジングも、個人個人の状況に合わせて適切な方法で行うのがポイントです。