湯シャンでもお湯が高温だとキューティクルが剥がれる原因となります


キューティクルは保護膜として髪の毛を守る存在ですが、ちょっとしたダメージで剥がれるという性質を持っています。

キューティクルが剥がれると、毛髪を守る存在が無くなるので成分や水分が流れてしまい髪の傷みにつながるのです。

湯シャンをする際にもそのことを知り、優しくケアをしなければなりません。

例えば40度以上の高温のお湯でもキューティクルが剥がれるきっかけになると言われています。

また、シャンプーを使用するにしても洗浄成分によりキューティクルが剥がれる原因の一つになるのです。

キューティクルは剥がれやすく開きやすいので注意しましょう

美しい髪を意識するならキューティクルのことを考えましょう。

キューティクルとは髪を守る保護膜のような存在です。

しかしキューティクルはケラチンタンパク質で作られていますが、保護膜なのですけれどもダメージに弱くすぐに剥がれるとも言われています。

キューティクルが剥がれると髪の毛がむき出しの状態になるのと同じなので、タンパク質や水分が失われるリスクが高まるのです。

水分やタンパク質が抜ければ乾いたパサパサとした髪の毛になります。

このキューティクルが剥がれる原因には複数のもの考えられていますが、その中でも髪の洗い方についての失敗が挙げられるでしょう。

例えば40度以上のお湯で髪を洗うとキューティクルが剥がれることにつながるので注意が必要です。

お湯以外の原因としては、パーマやカラーリングなどが挙げられます。

さらに、ドライヤーで熱風をずっと当て続けるのもキューティクルが剥がれる原因の一つになるのです。

シャンプーについても洗浄成分次第ではキューティクルが開く原因の一つと言われています。

そのことを考えると湯シャンやアミノ酸系シャンプーを使うのも対策が期待できるのです。

キューティクルを守るためにも正しい方法で湯シャンをしましょう


髪のキューティクルを守るため、シャンプーを使用しない湯シャンをする場合でも、正しい洗い方をしなければならないです。

湯シャンは単純に髪の毛をお湯で洗えばよいというものでもありません。

例えば事前準備をしっかりと行うことが必要です。

湯シャンの前に、ブラシでブラッシングをすることで髪のほつれや汚れを取り除けます。

しかし過剰にブラッシングをするとキューティクルがダメージを受けるので気をつけましょう。

使用するブラシについては動物系でやわらかい物を使うのがポイントです。

お湯についても高い温度でもキューティクルがダメージを受けるのですが、それ以外にも頭皮トラブルにつながります。

お湯が高いと必要な皮脂まで洗い流しすぎるので頭皮の乾燥を引き起こす可能性が出て来るからです。

また、髪を洗う時間についても注意しましょう。

髪を洗う時間が長いと皮脂を取りすぎる可能性も出て来ます。

さらに長時間、髪を洗うと摩擦によりキューティクルが剥がれる場合もあるのです。

湯シャンを行う時はこのような点を注意しながら正しいヘアケアを行いましょう。

洗髪後も適切な対応でキューティクルを守りましょう

湯シャンでキューティクルを守るには洗髪後も注意しましょう。

まずトリートメントを行うといいです。

しかし髪の毛に水分がついているとトリートメントをしてもスムーズに浸透しないと言われています。

そのためトリートメントを行う時はタオルできちんと水分を取ってから行うといいでしょう。

また、湯シャンが終わった後はなるべく早く髪を乾かすことが大切です。

濡れた状態ですと、キューティクルが開いていますからダメージを受けやすい状態になっているからです。

ドライヤーなどを使用して早めに乾かすようにするといいでしょう。

しかし熱風を強く当て続けることもキューティクルのダメージにつながるのは気をつけたい所です。

また、濡れた状態はマラセチア菌などの常在菌が増殖する原因の一つになります。

マラセチア菌は頭皮環境の悪化につながり皮膚炎などのきっかけにもなるので注意が必要です。

湯シャンを正しく行えば、キューティクルを守ることにもつながるでしょう。

しかし湯シャン以外にも、アミノ酸系シャンプーや育毛シャンプーを使用することで健康的なキューティクルを保つことが期待できます。

湯シャンでは十分なケアが感じられないのでしたら、アミノ酸系などの刺激の弱いシャンプーを使用するのも選択肢に十分なるでしょう。

(まとめ)湯シャンでキューティクルを守るために必要なことは?

1.湯シャンでもお湯が高温だとキューティクルが剥がれる原因となります

キューティクルは髪の毛を守る存在であり、いい加減な湯シャンをすると剥がれたり開いたりすることになります。

湯シャンをする時は高温のお湯を使わないようにしましょう。

また、洗浄力の強いシャンプーにも注意が必要です。

2.キューティクルは剥がれたり開きやすいので注意しましょう

キューティクルは髪の毛を守っていますが、すぐに剥がれたり開くと言われています。

キューティクルが無くなると構成する成分や水分が外へ流れて傷んだ髪になるのです。

湯シャンでも高温のお湯などでいい加減に洗うと剥がれるので注意が必要でしょう。

3.キューティクルを守るためにも正しい方法で湯シャンをしましょう

湯シャンを行う前には事前のブラッシングで汚れを取りやすくするのはポイントです。

ただ、あまりに行うとキューティクルが剥がれる可能性もあるので注意しましょう。

また、長時間洗うのもダメージを与えるので注意が必要です。

4.洗髪後も適切な対応でキューティクルを守りましょう

湯シャンは正しく行う必要があります。

ただ、湯シャンにもデメリットがあるので、アミノ酸系シャンプーや育毛シャンプーを使用するのもキューティクルを守るのに役立つのです。

湯シャン以外にも対策はあるので検討してみてください。