湯シャンがうまくいかないときは、事前準備や方法が間違っている可能性があります


湯シャンがうまくいかないのは間違った方法で行っている可能性があります。

湯シャンは事前準備が重要ですから、湯シャンをする前にブラッシングを行ったり温度に注意したりすることはもちろん、時間にも注意しなければなりません。

正しい方法で行わなければ、頭皮環境が悪化するのもしかたないでしょう。

また、結果が出ないからと、1、2回ほどですぐに判断するのもうまくいかないことにつながるのです。

事前準備や温度に注意しましょう

湯シャンがうまくいかないと嘆いている人も多いでしょう。

そのため湯シャンなんてダメだと考えている人も中には居るはずです。

しかし湯シャンがうまくいかないのは、適切なやり方をしていない可能性も否定できません。

湯シャンを上手に行うためには事前準備が鍵となります。

まず行っておきたいのは、髪のブラッシングです。

髪を洗う前にブラッシングを行うことで、髪のほつれなどを解けばお湯の通りが良くなるからです。

また、髪の奥底に隠れているほこりと言った汚れを、表に浮かび上がらせられるとも言われています。

たったこれだけの準備で湯シャンの効果を高めることが期待できるのです。

また、髪を洗う際にも注意点があります。

それは、高い温度で行うことです。

40度以上のお湯で湯シャンを行うと、頭皮への負担が大きくなる可能性があるためです。

そのため40度以下のぬるま湯で湯シャンをするのを心がけましょう。

ただ、ぬるま湯でも長時間、洗い続けていると結局、皮脂などの必要な成分まで洗い流すことにつながります。

大体、3~5分を目安に湯シャンを行うのが良いでしょう。

ある程度継続して行うことも大切です


湯シャンがうまくいかない人の場合、1、2回程度ですぐにダメだと判断をしてしまうことです。

基本的に湯シャンは長期間、継続的に行わなければその効果が出ているかどうか判断できないと言われています。

例えば湯シャンを行う前に多くの人は、市販のシャンプーを使っています。

普通のシャンプーは洗浄力を高めるために強い界面活性剤を使っています。

つまりずっと必要な皮脂まで取り除いていたため、頭皮が過剰に皮脂分泌を行っていた可能性が出て来るのです。

そのような状態で、湯シャンに切り替える訳ですから、最初は髪や頭皮がべたつく感じを受ける人も多いでしょう。

これは当然の話であり、頭皮が湯シャンに慣れて皮脂分泌を安定するまでに長期間かかると考える必要があります。

個人差はありますが最低でも半年間は続くと言われているので、この点は気をつけた方がいいでしょう。

また、髪を洗う際にも爪を立てて力を入れすぎるとどうしても頭皮へのダメージが大きくなることが多いです。

そのためマッサージをするような洗い方をした方が良いでしょう。

湯シャンをした後は即座に乾かしましょう

湯シャンは事前準備が大切で、ブラッシングを行うことはすでに言及しました。

しかしブラッシングについても1、2回程度ではなく、ショートの人で50回はブラシでとかした方が良いという話もあります。

もちろんロングヘアの人はそれ以上行った方が良いでしょう。

その時、使用するブラシにもこだわった方が良く、例えば髪質によっても変えた方がいいでしょう。

柔らかくて細いなら豚毛ブラシで、強く毛量が多い場合は猪毛ブラシのような動物系のブラシを使った方がいいです。

また、湯シャンを行った後も注意をしましょう。

水分が残っていることも頭皮トラブルにつながるので、タオルで髪を挟むように取り、ドライヤーで乾かすことが大切です。

しっかりと乾かせていないことで起きるトラブルとしては、常在菌の繁殖や髪の毛が増えることにもつながります。

湯シャンを行ってうまくいかないと感じている人は、自分が適切な方法でやっているかどうか確かめてみてください。

湯シャンで効果が出るまで長い時間がかかるのに問題を感じるなら、シャンプーにもこだわりましょう。

例えばアミノ酸系の界面活性剤が使用しているシャンプーや、育毛の助けとなる大豆イソフラボンが含まれたものもあります。

そのようなシャンプーなら、湯シャンでなくても頭皮環境の悪化対策が期待できるでしょう。

(まとめ)湯シャンがうまくいかないのはどうして?

1.湯シャンがうまくいかないときは、事前準備や方法が間違っている可能性があります

湯シャンがうまくいかない場合、自分のやり方が間違っていないかどうかチェックしましょう。

お湯の温度や、事前準備をしないことなど、うまくいかない原因はたくさんあります。

湯シャンを行う前に正しい方法を理解する必要があるのです。

2.事前準備や温度に注意しましょう

湯シャンがうまくいかないなら事前準備をしっかり行うことを考えましょう。

髪のブラッシングにより皮脂を含めた汚れを取り除きやすくなります。

また、お湯の温度も高くなりすぎないように注意しましょう。

3.ある程度継続して行うことも大切です

湯シャンでうまくいかない理由の一つとして、長期間行わず判断をするからです。

基本的に湯シャンはある程度の期間、継続的に行う必要があります。

湯シャンを始めたばかりの頃は、皮脂分泌が安定しないので注意しましょう。

4.湯シャンをした後は即座に乾かしましょう

湯シャンの事前準備ですが、ショートヘアの人を基準にすると50回ぐらいブラッシングを行いましょう。

特に動物系のブラシを使うのがポイントです。

湯シャン後も髪にお湯が残らないようにきちんと拭き取りましょう。