湯シャンでも毛穴の皮脂の除去が期待できます


頭皮の毛穴から出て来る皮脂は少なすぎると頭皮の乾燥につながり、過剰に分泌されても頭皮トラブルにつながります。

皮脂の分泌は、頭皮環境に合っていないシャンプーを使っているなどのさまざまな原因で乱れることが知られているのです。

また、皮脂が過剰に出ている場合、毛穴に皮脂が詰まって炎症が引き起こされると言われています。

そのようなトラブルに対しシャンプーの代わりに湯シャンをすると対策になると言われているのです。

湯シャンならば頭皮の皮脂の分泌を調整することが期待できるからです。

毛穴に皮脂が詰まると炎症が起きる場合があります

頭皮の毛穴からは皮脂が出ていますが、皮脂が出ること自体は問題がありません。

皮脂の不足は頭皮の乾燥につながるため、大きなトラブルにつながる可能性があるでしょう。

また、皮脂は分泌され過ぎても良くありません。

なぜなら、皮脂の過剰分泌によってマラセチア菌の増殖につながるからです。

マラセチア菌は常在菌の一つであり、皮脂とともに頭皮環境を正常に保つための重要な存在です。

ただ、マラセチア菌が増えすぎると分泌物が頭皮を刺激し、頭皮環境の悪化につながるため良くありません。

皮脂が過剰分泌されているだけではなく、頭皮を洗わず不衛生な状態にしていると、フケやかゆみだけではなく薄毛にもつながるので気をつけましょう。

皮脂が過剰に分泌されている人は、不規則な生活や食生活やストレスなども考えられていますが、その中に、頭皮環境に合っていないシャンプーを使っている場合があります。

シャンプーに問題があって皮脂が出て毛穴がつまってしまう場合、湯シャンが対策の一つになる場合もあるのです。

湯シャンとはシャンプーやコンディショナーなどを使用せずに髪を洗う方法です。

湯シャンを行うことで、正常な頭皮状態に戻すことが期待できます。

湯シャンは高温に注意しましょう


毛穴トラブルとして良くあるのが炎症です。

毛穴の炎症が起きる原因の一つとしては、シャンプーが頭皮に合っていないことが挙げられるでしょう。

シャンプーが頭皮環境に合っていないと、毛穴だけではなく頭皮トラブル全般につながるので注意しなければなりません。

とくにシャンプーで気をつけたいのは洗浄力が強いものです。

皮脂が厄介な所はその分泌量が多くても少なくてもバランスが整っていなければ、頭皮トラブルにつながることです。

そこで湯シャンが対策として出て来ます。

湯シャンの場合、一部のシャンプーで使われている石油系界面活性剤が含まれていません。

そのため皮脂を適度に洗い流すのにいいと言えるのです。

しかし湯シャンも注意したいことがあります。

それは温度です。

40度以下のお湯にすることで頭皮に対しいたずらに負担をかけなくて済みます。

ただ、皮脂に関しては湯シャンだけで対抗できるものではありません。

皮脂の過剰分泌を引き起こすのは、不規則な生活やストレスや食生活ですから、その点も考えて総合的に対策をする必要があります。

とくに食べ物に関しては、皮脂の分泌を促す、脂分や糖分の多い食べ物を食べすぎるようなことは避けましょう。

事前に髪をとかすなど洗い方にも気をつけましょう

毛穴の汚れについて、湯シャンできちんと対策をしたいなら、温度に注意をすることは基本です。

他にも効率的に汚れを落としたいなら、湯シャンの前にはヘアブラシなどを使って髪をとかしておきましょう。

事前に髪をとかすことで、汚れを取り除きやすくできるからです。

また、湯シャンで髪を洗う際も、優しくマッサージをするように行うのがいいでしょう。

爪を立ててかきむしるように洗う人もいますが、頭皮を傷める可能性があるので注意が必要です。

また、お湯だとしても長時間洗い続ければ、結局、シャンプーを使った時と同じように皮脂を取りすぎる結果になります。

基本は3~5分を目安に洗うようにしましょう。

湯シャンの後もしっかりタオルで水分を拭き取ってください。

しかし湯シャンではなくシャンプーを使いたいという人も居るでしょう。

どうしても臭いや髪のべたつきが気になるという人は、刺激の弱いアミノ酸系のシャンプーを使用するのもいいです。

また、薄毛対策も考えるなら大豆イソフラボンなどが含まれたシャンプーもありますので、使用してはいかがでしょうか。

(まとめ)毛穴の汚れ落としには湯シャンが良いって本当?

1.湯シャンでも毛穴の皮脂の除去が期待できます

頭皮の毛穴から出る皮脂は乱れると頭皮環境の悪化につながります。

たとえば皮脂が毛穴に詰まると炎症が引き起こされる場合があります。

皮脂の乱れは洗浄力の強いシャンプーなどが原因の一つになるため、湯シャンに替えるのも対策の一つと言われているのです。

2.毛穴に皮脂が詰まると炎症が起きる場合があります

頭皮の毛穴から出て来る皮脂は分泌量のバランスが整っていなければなりません。

バランスが乱れると皮脂が出ないことで頭皮の乾燥や、逆に過剰分泌につながるからです。

皮脂が毛穴に詰まって炎症になる場合、湯シャンが対策としてよいでしょう。

3.湯シャンは高温に注意しましょう

頭皮の毛穴が詰まると炎症などが起きる可能性があります。

湯シャンは洗浄力の強いシャンプーと違い、石油系界面活性剤などが使われていないので皮脂の乱れに対し調整が期待できます。

しかし湯シャンも正しい方法でなければよい効果は期待できません。

4.事前に髪をとかすなど洗い方にも気をつけましょう

毛穴の汚れについて対策をしたいなら事前にヘアブラシで髪をとかしておく準備も大切です。

洗う時も優しくマッサージを行うといいでしょう。

湯シャン以外にもアミノ酸系シャンプーなどの刺激の弱いシャンプーを使うのもオススメです。