湯シャンは頭皮環境を整える助けとなるので薄毛の改善が期待できます


薄毛になるのは頭皮環境の悪化が大きく関係しています。

皮脂の過剰分泌などが原因で頭皮環境が悪化すると、健康的な髪の毛が生えるのは難しくなり、逆に皮脂の分泌が少なすぎると、頭皮環境の悪化につながってしまうとされているのです。

この皮脂の分泌が乱れる原因の一つに刺激の強いシャンプーが挙げられるのです。

洗浄料の強い石油系界面活性剤などが含まれている洗浄力のシャンプーは刺激が強く、必要な皮脂まで洗い流しすぎる可能性があります。

そのため、シャンプーを止めて湯シャンにすることで、頭皮環境の安定が期待できる場合があるのです。

皮脂の過剰分泌が頭皮環境の悪化につながり薄毛になります

湯シャンは薄毛対策になるという話もありますが、どうして対策になるかについては、まず薄毛になる原因を知らなければならないでしょう。

薄毛が生じる原因の一つには頭皮環境の悪化がありますが、この頭皮環境の悪化の原因には皮脂の過剰分泌が挙げられます。

皮脂の過剰分泌は髪の毛のべたつきなどにもつながるので、嫌がる人も多いです。

しかし、だからといって過剰に減ると、皮膚バリアの機能低下につながるのでこれもまた頭皮環境が悪化する原因の一つになります。

皮脂の分泌量は多すぎても少なすぎても頭皮環境の悪化につながります。

そのため、皮脂のバランスが整っていなければならないと言えるでしょう。

皮脂の分泌バランスが乱れる根本原因にはシャンプーなども挙げられます。

洗浄力や刺激が強いシャンプーには注意が必要であり、例えば石油系界面活性剤や高級アルコールシャンプーなどが当てはまるでしょう。

このようなシャンプーが頭皮環境に合っていなければ皮脂を洗い流しすぎる可能性があるのです。

皮脂を洗い流し過ぎれば頭皮の乾燥、逆に皮脂の過剰分泌などにつながる場合もあります。

このようなトラブルを回避するために湯シャンによる対策が期待できるのです。

湯シャンは必要な皮脂を残しながら髪を洗うことができます


湯シャンとはシャンプーを使わずお湯のみを使って髪を洗うことです。

単純にお湯な訳ですから、必要な皮脂まで洗い流すリスクが非常に低いです。

また、お湯だとしてもある程度の汚れを落とすことはできます。

しかし湯シャンならどんな方法でも大丈夫という訳ではありません。

汚れを落とせると言っても、界面活性剤が含まれているシャンプーと比較すればやはり洗浄力は弱いです。

お湯の温度が高くなれば洗浄力は強くなります。

しかし今度は頭皮への負担が大きくなるという問題が出て来るのです。

元々皮脂の分泌量が多いという人だと皮脂が残り過ぎてしまえば臭いが発生するだけではなく、フケやかゆみなど頭皮トラブルにつながる可能性も否定できません。

強い整髪料を使っている場合、湯シャンでは十分に洗い流せない可能性もあります。

それでも皮脂の分泌が乱れている場合、湯シャンを継続的に行えば正常な状態に戻せるという力は無視できません。

ただ、頭皮が乾燥しやすい人ですと湯シャンは薄毛の改善について助けとなるでしょう。

湯シャンは継続的に行うのがポイントです

湯シャンの大きなメリットは必要な皮脂を洗い流し過ぎないことですが、皮脂だけではなく常在菌のことも無視できません。

マラセチア菌などの常在菌も、正常な頭皮環境を保つには重要と考えられています。

しかし洗浄力の強いシャンプーを使用すると、常在菌まで排除する可能性があるのです。

また、湯シャンを始めたばかりの頃は少し厄介なこともあります。

それまでシャンプーを使って皮脂を洗い流し過ぎていた場合、湯シャンにしてもすぐに皮脂の分泌が安定する訳ではありません。

ある程度の期間、シャンプーを使っていた時と同じ程度の量の皮脂が出て来ると言われていますから、結果として髪がべたついたり、臭いが生じたりする可能性もあります。

継続的に行えば頭皮の皮脂バランスも安定してきますが、なかなか改善されなければ不安にもなるのもしかたないでしょう。

そんな方は洗浄力が高すぎないアミノ酸系のシャンプーを使用するといいです。

アミノ酸系のシャンプーはすべて皮脂を洗い流しすぎることを予防できます。

結果として湯シャンと共に薄毛の改善につながる可能性が考えられるのです。

そのため湯シャンだと満足できない人は使用してみてもいいでしょう。

(まとめ)湯シャンで薄毛が改善できるって本当の話?

1.湯シャンは頭皮環境を整える助けとなるので薄毛の改善が期待できます

頭皮環境が悪化して薄毛になる原因の一つに皮脂が考えられます。

皮脂分泌の乱れを整えるためには、洗浄力の強すぎるシャンプーに注意しなければなりません。

湯シャンを続ければ皮脂分泌が安定するので、頭皮環境にもいい影響を与え、薄毛対策になるのです。

2.皮脂の過剰分泌が頭皮環境の悪化につながり薄毛になります

頭皮環境の悪化が薄毛につながると言われており、その原因には皮脂の分泌が大きく関係しています。

この皮脂分泌を乱す要因の一つとして、洗浄力の強いシャンプーが考えられるでしょう。

3.湯シャンは必要な皮脂を残しながら髪を洗うことができます

湯シャンはお湯だけで髪を洗うという方法です。

お湯だけでも汚れをだいぶ落とすことができますし、頭皮が乾燥しやすい人にとっては良く頭皮環境を整えるためにはいい方法と言えるでしょう。

4.湯シャンは継続的に行うのがポイントです

湯シャンは必要な皮脂やマラセチア菌を洗い流しすぎるのを防げます。

しかし湯シャンをしたばかりの時は、皮脂の分泌量が多い場合があるため、髪のベトつきが生じる場合もあるのです。

それが嫌なら、刺激の弱いアミノ酸系シャンプーを使うのもよいでしょう。