頭皮にできる湿疹の原因によっては湯シャンによる対策が期待できます


頭皮にできる湿疹についてはさまざまな原因が考えられますが、その中の一つに皮脂が関連する場合があります。

もし皮脂不足による頭皮の乾燥など、分泌量の乱れによる原因の場合であれば、湯シャンによって頭皮環境を正常な状態に戻すことが期待できるでしょう。

しかし頭皮の湿疹は皮脂が関係しているものばかりではありません。

アトピー性などのアレルギーが関連する場合は、専門医に相談した方がよいでしょう。

皮脂に関する頭皮トラブルに湯シャンがいいと言われています

頭皮の湿疹にもさまざまな原因が隠れており、例えば脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎によるものなどが考えられるでしょう。

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因と考えられています。

逆に皮脂が不足をして頭皮が乾燥することで、皮膚バリアが機能していない状態の時には、皮脂欠乏性皮膚炎などが生じる場合もあります。

このような皮脂による頭皮の湿疹に対し、湯シャンによって対策が期待できる場合もあるのです。

頭皮の皮脂分泌に関しては、基本的に分泌量のバランスが大切と言われています。

頭皮の皮脂が増えすぎるとマラセチア菌なども増え、分泌物によって皮膚が刺激を受けて頭皮環境の悪化につながります。

皮脂が不足をして皮膚バリアの防御が衰えれば、少しの刺激によっても頭皮環境の悪化につながるのです。

つまり頭皮の湿疹対策をしたいなら、頭皮環境を正常な状態に戻す必要があります。

その対策として湯シャンがよいという話があるわけです。

ただ、皮脂分泌以外にもアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎によっても湿疹が出て来ます。

アトピーや接触性皮膚炎はアレルギー性のものですから、皮膚科に相談をした方がいいでしょう。

シャンプーが原因の場合なら湯シャンにしても良いでしょう


頭皮に湿疹ができている場合、シャンプーが原因となっていることもあります。

特に注意したいのは、洗浄力が強すぎるシャンプーでしょう。

頭皮で皮脂が過剰に分泌されている人ならそれでも大丈夫な場合もありますが、洗浄力の強いシャンプーを長期間、長時間、使っていれば頭皮の乾燥につながる場合も考えられます。

また、皮脂分泌が少ない人の場合は特に注意が必要でしょう。

なぜなら、ただでさえ少ない皮脂が洗い流されることになるからです。

頭皮から皮脂が無くなれば乾燥することで頭皮湿疹につながる場合もあります。

洗浄力が強いシャンプーには、主に石油系や合成界面活性剤や、高級アルコールシャンプーなどが挙げられるでしょう。

シャンプーを変えたら急に湿疹が増えた、皮脂が出すぎてべたつく、あるいは乾燥するという症状が出て来たらシャンプーに原因がある可能性も高いです。

もしシャンプーが問題だとしたら、湯シャンを行うとよいでしょう。

湯シャンはお湯だけで頭皮や髪を洗う方法です。

継続して湯シャンを行うことでだんだんと頭皮環境が正常な状態に戻ることが期待できます。

湯シャンで湿疹対策をするなら正しい方法でやるのがポイントです

湯シャンと言っても単純にお湯で髪を洗えばよいというものでもありません。

湯シャンでまず注意したいのはその温度です。

シャンプーを使用しなくてもお湯により頭皮や髪の毛の汚れを取り除けると言われています。

お湯の温度が高ければ高いほど浄力も強まりますが、高すぎると今度は頭皮にダメージを与えることもあるので注意しましょう。

基本的には40度以下のぬるま湯で洗うのがポイントです。

とくに乾燥肌の人が高い温度で洗うと、湿疹だけではなく、フケなども含めて大きな頭皮トラブルにつながるので注意が必要です。

逆に皮脂が多い人は多少、温度は高い方が落としやすくなります。

しかし高すぎれば皮脂を洗い流し、頭皮の異常を感じて皮脂が過剰に分泌されることもあるので気をつけましょう。

普段から頭皮を意識して湯シャンを続けてべたべたしなくなればお湯の温度を落とすようにした方が無難です。

しかし湯シャンでもなかなか改善されない場合は、刺激の弱いシャンプーを使用するという選択肢もあります。

刺激の弱いシャンプーとは、アミノ酸系の界面活性剤が使われているようなものです。

このようなシャンプーなら頭皮へのダメージも少なく、皮脂を洗い過ぎなくちょうどいいバランスにしてくれるのでオススメです。

(まとめ)湯シャンで頭皮の湿疹対策ができるって本当?

1.頭皮にできる湿疹の原因によっては湯シャンによる対策が期待できます

頭皮にできる湿疹に対しては、皮脂の分泌量が乱れていることが原因の一つとして考えられています。

その皮脂の分泌量を安定させられる対策の一つとして、湯シャンが挙げられるのです。

湯シャンにより頭皮環境の悪化を防ぎ、湿疹対策もできます。

2.皮脂に関する頭皮トラブルに湯シャンがいいと言われています

頭皮湿疹にも複数の原因があって、脂漏性皮膚炎や、皮脂欠乏性皮膚炎などが考えられています。

どちらも皮脂の分泌量の乱れが考えられるでしょう。

このような皮脂の分泌によって生じるトラブルに、湯シャンがいいと言われているのです。

3.シャンプーが原因の場合なら湯シャンにしても良いでしょう

皮脂分泌が乱れる原因の一つに洗浄力の強すぎるシャンプーがあります。

このようなシャンプーを使用することで、皮脂を多量に洗い流し頭皮の乾燥が引き起こされるからです。

そのためシャンプーを止めて湯シャンがよいという話が出て来るのです。

4.湯シャンで湿疹対策をするなら正しい方法でやるのがポイントです

湯シャンを行う時には温度に注意しなければなりません。

すぐに効果が出ないので、湯シャンは継続的に行うことが大切です。

ただ湯シャンでなかなか湿疹が改善できない場合、アミノ酸系のシャンプーを使用するのもいいでしょう。