頭皮の湿疹が皮脂分泌により引き起こされているなら湯シャンによる対策が期待できます


湯シャンはシャンプーを使用せずお湯だけで髪を洗うことです。

頭皮湿疹の原因の一つにシャンプーが頭皮環境に合っていないことが挙げられます。

頭皮には皮脂が分泌されており、シャンプーで洗い流しすぎると、頭皮の乾燥にもつながるため、結果的には頭皮の湿疹の原因になってしまう場合があるのです。

また、頭皮が乾燥すれば皮脂が過剰分泌される場合もあります。

このようにシャンプーが原因で皮脂分泌が乱れているなら、湯シャンにすることで、状況を安定させられる可能性があるのです。

湯シャンは皮脂分泌の乱れ対策になるからです

湯シャンとはシャンプーなどを使用せず、お湯だけで髪を洗う方法です。

単純にお湯で髪を洗うことですが、洗浄力が気になる人も多いでしょう。

その点に関してですが、実はお湯自体で頭皮や髪の毛の汚れの多くを除去できると言われているのです。

頭皮湿疹が生じる原因は複数あると考えられています。

その中にシャンプーが合っていない、過剰に髪を洗うことがあるのです。

洗浄力の強いシャンプーを使う、1日に何度も洗う、長期間洗うことで必要な皮脂まで洗い流すのが問題と言われています。

皮脂は健康的な頭皮環境を保つ上でも重要な成分だからです。

外部からの刺激に対するバリアのような役割があり、他にも乾燥を防ぐと言われています。

しかし過剰な洗髪やシャンプーにより皮脂を洗い流し過ぎればその働きは弱まります。

また頭皮が乾燥することで皮脂の過剰分泌が引き起こされるとも言われているのです。

もちろん皮脂の過剰分泌によってもフケやかゆみと言った頭皮トラブルは引き起こされます。

このことから頭皮の皮脂は一定量を維持することが重要なのです。

しかし洗浄力の強いシャンプーをずっと続けていると皮脂を取りすぎるので分泌が安定しなくなります。

このような状態になった時、シャンプーを止めて湯シャンにすれば健康的な頭皮状態を取り戻すことが期待できるのです。

そのため湯シャンが頭皮湿疹対策の一つになると言われているのです。

湯シャンは正しいやり方でなければ効果が期待できません


湯シャンは適切に行う必要があります。

お湯だからなんでもよいと思って行うと、症状を悪化させる可能性があるからです。

まず注意したいのはお湯の温度でしょう。

お湯の温度は38~40度を目安にして行うとよいとされています。

40度以上になると頭皮への負担が大きくなるため、下手をすれば頭皮湿疹が生じやすい環境になる可能性も出て来るからです。

お湯の温度を高温にすれば汚れや皮脂に対する洗浄力は高くなります。

しかし、頭皮の皮脂は多くもなく少なくもなく、バランスが取れているのが理想的ですから除去しすぎるのも問題です。

そのためお湯の温度は40度以下を意識する必要があります。

また、湯シャンを始める前にシャンプーで皮脂を取り除き過ぎていた場合、頭皮はその状況に合わせて皮脂を分泌させている可能性があります。

そのため湯シャンを始めたばかりの頃は少しべたつきが気になるかもしれません。

しかし湯シャンに慣れると頭皮が自然と皮脂の分泌量を調整しはじめます。

このことから湯シャンは長期間、継続して行うことが大切になるのです。

下準備もしっかり行いましょう

湯シャンはお湯の温度以外に下準備も重要となります。

湯シャンを行う前にはヘアブラシを利用して髪をブラッシングしておきましょう。

ブラッシングをすると汚れが髪の表面に浮かび上がるだけではなく、ほつれを解く助けになるからです。

次に、33~34度以下のぬるま湯で髪を洗い流していきましょう。

その時のポイントは頭皮をかきむしるように洗うのではなく、あくまで軽くマッサージを行うつもりで洗います。

かきむしるように洗うと頭皮が傷つく可能性があるからです。

また、湯シャンだとしても長期間洗うのは止めた方がよいでしょう。

湯シャンでも洗い流す時間が長ければそれだけ流しすぎる可能性が出て来ます。

目安としては5分以内を意識しましょう。

ただ、湯シャンをスタートさせたばかりの頃はどうしても髪のべたつきが気になるかもしれません。

そんな時は、2、3日に1度ぐらいはシャンプーを使ってもよいでしょう。

それから徐々に、頭皮を湯シャンに慣らしていくのです。

他に注意したいこととして湯シャンはすべての人によいというわけではありません。

頭皮環境によっては合わない人も居ますから、湯シャンで頭皮湿疹が悪化した人はすぐに止めて皮膚科などに相談しましょう。

(まとめ)湯シャンが頭皮湿疹の対策になるって本当?

1.頭皮の湿疹が皮脂分泌により引き起こされているなら湯シャンによる対策が期待できます

頭皮環境の合っていないシャンプーの場合、皮脂分泌の乱れを生じさせることがあります。

皮脂の分泌で頭皮環境が乱れると、湿疹が生じる場合があるのです。

その皮脂分泌の乱れを湯シャンによって安定させることができると言われています。

2.湯シャンは皮脂分泌の乱れ対策になるからです

湯シャンはお湯だけで髪を洗う方法です。

頭皮湿疹ができる原因の一つに、シャンプーによる頭皮環境の乱れが挙げられます。

とくに皮脂に関してですが、湯シャンはその皮脂分泌の安定の助けになると考えられているのです。

3.湯シャンは正しいやり方でなければ効果が期待できません

湯シャンをするにしても、適切に行わなければなりません。

お湯の温度は40度以下にしなければならず、それ以上だと頭皮に負担がかかるからです。

また、湯シャンは継続的に行う必要があります。

4.下準備もしっかり行いましょう

湯シャンをする前には髪をブラッシングしましょう。

また、ぬるま湯で優しくマッサージを行うことが大切です。

ただ、髪のべたつきが気になるなら、慣れるまで2,3日に1度ぐらいはシャンプーを使ってもよいでしょう。