抜け毛は、女性ホルモンやピルが影響する場合もあります


治療や避妊のためにピルを服用している人で、髪の量が気になり始めている方もいるようです。

女性の抜け毛は、女性ホルモンの分泌量の変化が関わっている場合もあります。

女性ホルモンを含む薬であるピルを服用することで、治療や避妊の効果を得ることができると同時に、髪の毛にも何らかの影響が出ることがあるのです。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、髪の健康を維持するとされています。

ピルを服用することで、このエストロゲンが髪にも作用し、女性の抜け毛や薄毛が一時的に改善されることもあるようです。

しかし、ピルの服用をやめると、体内のエストロゲンが減少するため、逆に抜け毛や薄毛の症状が出る、という仕組みです。

ピルの服用をやめてから、3ヶ月~半年で髪への影響はおさまるようです。

その間、食生活の工夫やヘアケアで、髪への影響を軽減できる可能性もあります。

ピルの、髪や体への影響を知り、自分にとって好ましくない影響を極力減らせるようにしたいものです。

ピルにより女性ホルモンの量が変化します

ピルは、避妊やPMS(月経前症候群)の緩和治療などの目的で、処方されている方が多いと思います。

ピルには、女性の卵巣で作られるエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。

この2つのホルモンが脳下垂体に働きかけて、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えて排卵をストップさせたり、ホルモンバランスを整えて重いPMSを軽減させたりするわけです。

服用中は妊娠中の体に近い、ホルモンの多い状態となります。

このような状態の時は、体内のエストロゲンが髪にも作用して、髪の量が増えたり、抜け毛や薄毛の症状が一時的に改善されたりすることがあるようです。

しかし、ピルの服用を中止すると、体内の2つの女性ホルモンが相対的に減少するので、逆に急に抜け毛が増えたりすることがあります。

ピルをやめると抜け毛の症状が出ることも


妊娠・出産時には、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が多くなり、妊娠を維持します。

出産後、体がもとの状態に戻ろうとして、エストロゲンの分泌量が急激に減る時期があります。

この時期に抜け毛が増える症状を「分娩後脱毛症」と呼びます。

ピルを服用する場合も、女性ホルモンの増加と減少が、妊娠から出産後の体のサイクルと同じような仕組みで起こるため、抜け毛が起こるのです。

ピルの服用をやめてから、3ヶ月~半年で髪への影響はおさまるようです。

「髪への影響が怖くてやめられない」あるいは、「髪のためにピルがよい」といった思いを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、避妊やPMS治療の目的で処方された場合は、その処方に従って、正しく服用するのがよいでしょう。

ピルの髪への影響を知って対策を

ピルの服用を中止する場合は、その髪への作用を知った上で、食生活の工夫やヘアケア対策をおこない、影響を少なくしていきましょう。

ピルの服用・中止に限らず、女性ホルモンのバランスを整えてくれる栄養素として、ビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類があげられます。

無理なダイエットや偏食は、さまざまな食材から大切な栄養素を摂取する機会を失うことになるので避けましょう。

これらのビタミン・ミネラルと合わせて、タンパク質を十分摂取することも、ホルモンバランスには重要といわれています。

特に大豆製品には、女性ホルモンに似た働きをするといわれるイソフラボンが含まれているので、積極的に摂取しましょう。

また、女性に特化した、豆乳発酵エキス配合のヘアケア剤や、サプリメントも登場しています。

ピルの中止に合わせて活用するなど、試してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)女性の抜け毛、女性ホルモンやピルと関係がある?

1. 抜け毛は、女性ホルモンやピルが影響する場合もあります

女性の抜け毛は、女性ホルモンの分泌量の変化が関わっている場合もあります。

女性ホルモンを含む薬であるピルを服用することで、治療や避妊の効果を得ることができると同時に、髪の毛にも何らかの影響が出ることがあるのです。

食生活の工夫やヘアケアで、髪への影響を軽減できる可能性もあります。

2. ピルにより女性ホルモンの量が変化します

ピルには、女性の卵巣で作られるエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。

服用中は妊娠中の体に近い、ホルモンの多い状態となります。

しかし、ピルの服用を中止すると、体内の2つの女性ホルモンが相対的に減少するので、逆に急に抜け毛が増えたりすることがあります。

3. ピルをやめると抜け毛の症状が出ることも

ピルを服用する場合、女性ホルモンの増加と減少が、妊娠から出産後の体のサイクルと同じような仕組みで起こるため、やめると抜け毛が起きることもあります。

ピルの服用をやめてから、3ヶ月~半年で髪への影響はおさまるようです。

4. ピルの髪への影響を知って対策を

ピルの服用・中止に限らず、女性ホルモンのバランスを整えてくれる栄養素として、ビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類があげられます。

合わせて、タンパク質を十分摂取することも、ホルモンバランスには重要といわれています。

特に大豆製品には、女性ホルモンに似た働きをするといわれるイソフラボンが含まれているので、積極的に摂取しましょう。