女性の髪の量は女性ホルモンの影響を受けることがあります


年齢を重ねることによるライフステージの変化の中で、薄毛や抜け毛など、髪の量が気になり始める女性も多いと思います。

女性の心身に大きく関わっているとされる女性ホルモンは、髪の量にも影響を与えることがあります。

女性ホルモンの分泌量の急激な変化が、抜け毛や薄毛につながることがあるのです。

女性の髪は、主にエストロゲンという女性ホルモンに助けられて、健康を維持しているといわれています。

妊娠・出産でホルモンバランスが変わることで、一時的な抜け毛が起こることがあります。

また、年齢を重ねると、エストロゲンの分泌量が減少し、更年期障害などの症状が出やすくなります。

その時、抜け毛や薄毛の現象が起きることもあります。

これらの変化は本来、体の自然な営みですが、女性ホルモンの急激な変化に備えたヘアケアや、食生活の工夫をすることで、髪を将来にわたって大切にする助けとなるでしょう。

髪の毛は女性ホルモンに助けられています

女性の心や体は、女性ホルモンに大きく影響を受けることがあるとされています。

月経の周期による体調の変化や心の不調も、女性ホルモンが原因です。

月経のように短期的なホルモン量の変化だけでなく、女性はその長い人生の中で女性ホルモンに助けられています。

主な女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

その分泌量は20代がピークで、30代を境に減少し、45~55歳くらいで急激に減少するといわれています。

また、妊娠・出産時には女性ホルモンの量やバランスが急激に変化することがあります。

こういったホルモン量の変化が、髪に影響することがあるのです。

女性ホルモン量の変化は薄毛や抜け毛につながることも


エストロゲンの分泌量が急激に減少するといわれる45~55歳くらいの時に、急に抜け毛が増えた、髪が少なくなったような気がする、といった悩みを持つ女性も少なくないようです。

また、妊娠・出産時のホルモンの増減も、抜け毛につながることがあります。

妊娠中はエストロゲンが増加し、毛髪の成長期・休止期というサイクルが変化して成長期が延長され、抜け毛が減る時期といわれています。

出産後、体がもとに戻ろうとする過程で、エストロゲンは急激に減少するため、成長期が保持されていた毛髪も一斉に休止期に入り、抜け毛が急に増える、というのがその仕組みのようです。

この他にも、過度なダイエット、仕事や人間関係のストレス、生活習慣の乱れなどからホルモンバランスが崩れ、髪に影響を及ぼすことがあります。

ヘアケアと栄養バランスで健康な髪に

女性ホルモンの急激な変化に備えたヘアケアや、食生活の工夫をして、将来にわたって健康な髪を維持しましょう。

抜け毛や薄毛が気になり始めると、髪を洗うのが怖くなったり、抜け落ちた毛を気にしすぎたりするかもしれません。

しかし、抜け毛や薄毛が気になり始めた時こそ、適切なヘアケアで頭皮を健康に保ち、髪が育つ環境を整えていくことが大切です。

女性に特化した、スカルプケアのシャンプーやコンディショナーを選んでみるのも、効果的です。

減少する女性ホルモンの働きを補充してくれる成分が配合されたヘアケア剤やサプリメントも登場しています。

食生活の中でも、無理なダイエットや偏食は避け、さまざまな食材を活用して、ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取できるように心がけましょう。

中でもイソフラボンを含む大豆製品は、女性ホルモンの働きを補ってくれる食材として、女性の強い味方となるでしょう。

(まとめ)女性ホルモンと髪の量は関係あるの?

1. 女性の髪の量は女性ホルモンの影響を受けることがあります

女性ホルモンは、髪の量にも影響を与えることがあります。

女性ホルモン分泌量の急激な変化が、抜け毛や薄毛につながることがあるのです。

女性の髪は、主にエストロゲンという女性ホルモンに助けられて、健康を維持しているといわれています。

妊娠・出産や加齢によりホルモンバランスが変わることで、抜け毛や薄毛の現象が起きることがあります。

2. 髪の毛は女性ホルモンに助けられています

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

その分泌量は20代がピークで、30代を境に減少し、45~55歳くらいで急激に減少するといわれています。

また、妊娠・出産時には女性ホルモンの量やバランスが急激に変化することがあります。

3. 女性ホルモン量の変化は薄毛や抜け毛につながることも

エストロゲンの分泌量が急激に減少するといわれる45~55歳くらいの時に、急に抜け毛が増え、髪が少なくなったような気がすることがあります。

また、妊娠中に増加したエストロゲンが、出産後、体がもとに戻ろうとする過程で急激に減少し、毛髪が一斉に休止期に入り、抜け毛が急に増えることがあるようです。

4. ヘアケアと栄養バランスで健康な髪に

スカルプケアなど適切なヘアケアで頭皮を健康に保ち、髪が育つ環境を整えていくことが大切です。

食生活の中でも、無理なダイエットや偏食は避け、さまざまな食材を活用してビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取できるように心がけましょう。

中でもイソフラボンを含む大豆製品は、女性ホルモンの働きを補ってくれる食材として、女性の強い味方となるでしょう。