女性ホルモンが減り髪が細くなることが癖が出る理由とされます


髪の癖が出る原因は、遺伝によるとこが大きいですが、髪がやせ細ることで癖が出やすくなる可能性があります。

ハリ艶のある髪の状態だと出にくかった癖が、髪が傷んだり、細くなったり、密度が減少したりすることで出やすくなると考えられるからです。

健康な髪を維持することが癖の出にくい髪を維持することに繋がるといえるでしょう。

髪がやせたり、頭皮がたるんだりすると癖が出やすくなります

遺伝などで元々髪の毛に癖があるという人は少なくないですが、若い頃はあまり癖の出なかった髪が年齢を重ねるうちに強くなるということもあると言います。

これは髪が痩せたり、頭皮がたるんだりした影響だと言われており、女性ホルモンの減少が関係しているとされています。

女性ホルモンは髪の成長に作用するとされていて、正しく女性ホルモンが分泌されていれば、健康的なハリ艶のある髪が生えるようになるとされています。

つまり、女性ホルモンが少なくなると、髪の成長がうまくいかなくなり、密度の少ない細い髪ばかりになってしまうとされているのです。

密度がありしっかりとハリのある髪と比べると、密度が少ないやせ細った髪の方が、癖が出やすくなるといわれています。

ほかにも髪のパサつきや切れ毛なども出やすくなってしまいます。

また、癖は髪そのものだけでなく頭皮の状態も影響すると考えられます。

頭皮がたるむと毛穴が楕円状になってしまい、髪の断面の形状も歪み、それにより癖が出やすくなるといわれています。

髪の纏まりが悪くなったり、うねったりしてくる可能性があります。

女性ホルモンには頭皮を健康的に保つ作用もあるとされます。

女性ホルモンの減少によって頭皮環境が悪くなることが、髪の癖に繋がっているといえるでしょう。

女性ホルモンは健康な髪の成長に影響します


髪は成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返しています。

成長期はだいたい4年から6年です。

退行期に入ると髪の成長が止まり、休止期に入ります。

次の成長期に入ると新しい髪に押し出されて抜け落ち、また新しい髪が成長していきます。

この成長期が長いと、しっかりと髪が成長して太くなるのです。

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長期を長く延ばす作用があるとされます。

そのためきちんと女性ホルモンが分泌されていると、しっかりとした髪の毛が生えると考えられます。

また、健康な髪が成長するためには頭皮環境も大切です。

頭皮が乾燥したり荒れていたりすると、髪がしっかりと根付くことができなくなって抜け落ちやすくなります。

美肌作りなどにも作用するといわれているエストロゲンには、頭皮環境を良くする作用もあるといわれています。

女性ホルモンの作用で健康的な頭皮を維持することが、しっかりとした髪を作ることに繋がり、結果として癖の出にくい髪を保ってくれるといえるでしょう。

女性ホルモンを減らさない生活習慣が大切です

女性ホルモンが減ってしまうと、髪がやせ細ることなどに繋がり癖が出やすくなります。

一般的に、女性ホルモンを増やすという表現が使われますが、女性ホルモンの分泌を正常に保ち、減らさないようにするという表現の方が正しいとされます。

そのため、髪の癖が出ないようにするには女性ホルモンを増やすより減らさないように気を付けることが大切といえるでしょう。

女性ホルモンが減ってしまう要因として、まずは加齢が挙げられます。

個人差はありますが、30代後半になると女性ホルモンが急に減ってしまう可能性があります。

年齢による減少は仕方のないところですが、減ってしまった女性ホルモンの働きを補えるといわれているのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするといわれています。

そのため女性の美容や健康の維持に摂取されることが多く、髪の成長にも役に立つと考えられています。

また、普段の生活習慣で、女性ホルモンのバランスが乱れないようにするのも大切です。

しっかりとした睡眠やバランスの良い食生活、適度な運動などが良いといわれています。

ストレスが掛かるとホルモンの分泌に影響するので、ストレスを溜め込まないようにするのも大切です。

過度なダイエットによる栄養不足によって、若いうちから女性ホルモンの分泌が悪くなることがあるので注意しましょう。

(まとめ)女性ホルモンの影響で髪に癖が出る?

1.女性ホルモンが減り髪が細くなることが癖が出る理由とされます

髪の癖は遺伝によるところが大きいです。

しかし髪がやせ細ることなどで、癖が出やすくなると考えられます。

女性ホルモンが減少すると髪がやせ細りやすくなるので、癖が強くなる可能性があります。

2.髪がやせたり、頭皮がたるんだりすると癖が出やすくなります

髪や頭皮のハリが失われると、髪の癖が出やすくなる可能性があります。

女性ホルモンは健康な頭皮や髪の成長に作用するとされます。

そのため女性ホルモンが減ってしまうと、髪の癖が強くなる可能性があります。

3.女性ホルモンは健康な髪の成長に影響します

女性ホルモンエストロゲンは髪の成長期を長く延ばす作用があるといわれています。

成長期を維持することでしっかりとした髪が作られ、癖が出やすくなるのを防げるといえるでしょう。

4.女性ホルモンを減らさない生活習慣が大切です

女性ホルモンは減らさないようにするのが大切です。

規則正しい生活習慣や食生活、睡眠をきちんととることなどを意識すると良いでしょう。

ストレスも悪影響になるので注意しましょう。