女性でも気になる薄毛や抜け毛。女性の薄毛の原因は、生活習慣やストレスなどさまざまです。また、妊娠や、閉経など女性のホルモンバランスが影響することも。今回は、女性ホルモンが減少する原因、薄毛の関係や、日常生活の中で行える対策について解説します。

女性ホルモンと薄毛の関係とは?

薄毛の原因に、女性ホルモンが関係する可能性があります。
女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類がありますが、このうち髪の成長に関係すると考えられているのは「エストロゲン」。
頭皮環境を良く保つことはもちろん、髪の新陳代謝を促しハリや艶のある髪の毛を保つ作用もあるとされていることから、女性らしさを作るホルモンといわれています。

ホルモンバランスが悪く女性ホルモンの量が少ないと、髪が抜け落ちやすくなると考えられます。

女性の薄毛とヘアサイクルの関係

髪の毛には、「発毛」と「脱毛」を繰り返す一定のヘアサイクルがあります。
ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期に分かれ、この3つの期間を繰り返しながら、新しい髪が生え替わっているのです。

しかし、女性は加齢に伴いヘアサイクルに変化が生じ、成長期の髪の割合が減り、休止期の髪の割合が増えます。
この影響を受けて抜け毛が増え、薄毛に繋がってしまうのです。

また個人差はあるものの、髪が細くなったり髪の量が減ったりするのは、加齢だけでなく、遺伝やホルモンバランスの影響も考えられます。

女性ホルモンが減少する原因

女性ホルモンが減少する原因としては、以下の3つが考えられます。

・加齢
・生活習慣の乱れ
・産後のホルモンバランスの乱れ
加齢

女性ホルモンの分泌量は20~30代が最も安定する成熟期で、閉経前後の更年期には、女性ホルモンが急激に低下します。
この変動に伴い、女性ホルモンの分泌量が低下し、ホットフラッシュや精神バランスを崩すなどさまざまな不調が現れます。毛髪サイクルの成長期を遅らせるのも、それらの症状の中の一つです。

生活習慣の乱れ

加齢だけでなく、普段の生活習慣が原因で女性ホルモンの分泌が悪くなることがあります。
バランスの悪い食生活や、睡眠不足は女性ホルモンに悪影響を及ぼすことも。

意外かもしれませんが、ホルモンの分泌は脳の働きによって行われます。
睡眠不足の状態では脳の視床下部や下垂体の働きが悪くなってしまうため、脳の働きも悪くなり、女性ホルモンの分泌も悪くなってしまうのです。

また精神的なストレスも、自律神経の乱れを生じさせ、女性ホルモンの分泌に影響するといわれています。

産後のホルモンバランスの乱れ

妊娠、出産に伴い、女性ホルモンのバランスは大きく変わります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるため、毛髪は退行期・休止期に入らず脱毛しにくい状態を維持します。
しかし出産後、女性ホルモンは減少し普段のホルモンバランスの状態に戻るため、妊娠期間中に抜けずに残っていた髪が一気に抜けてしまいます。
そのため出産後は髪が多く抜け、薄毛になると考えられているのです。

抜けたあとは髪の成長が退行期・休止期に入り、また通常のヘアサイクルに戻ります。産後の抜け毛は一時的なもので、一定の期間が過ぎると解消されるケースがほとんどです。

≫産後の抜け毛について
詳しく知りたい方はこちら≪

【薄毛対策】女性ホルモンを整える方法

女性ホルモンを整えるために、以下の5つの方法で対策しましょう。

・サプリメント
・バランスの良い食事
・良質な睡眠
・適度な運動
・ストレス解消
サプリメント

女性ホルモン減少によるトラブルをサポートする成分が含まれているサプリメントなどの利用もおすすめです。

女性ホルモンと似た働きをする成分として有名な「エクオール」は、摂取した大豆イソフラボンが腸内細菌により変換されることで作られます。大豆イソフラボンのままよりも、エクオールに変換された方が、さらに女性ホルモンに似た働きをすると考えられています。
女性ホルモン自体を増やすことはできませんが、似た働きの成分を摂ることで髪はもちろん、体への影響が和らぐと嬉しいですよね。

ただ、エクオールに変換できる腸内細菌を持つ日本人は、残念ながら半数程度しかいません。そのため、自分の体内で作れない人は「エクオール」をサプリメントから摂取することも検討するとよいでしょう。

このように、自分の身体に合ったサプリメントを見つけて、生活に取り入れてみましょう。

バランスの良い食事

ホルモンバランスを整えるために、代表的な食材といえば大豆製品です。
イソフラボンが多く含まれているため、女性ホルモンのサポートを期待することができますよ。
豆腐や納豆、味噌など、和食メニューではお馴染みで、摂取しやすいですね。
あまり豆腐などを食べる習慣がない場合は、豆乳を飲むのも手軽でおすすめです。

また、女性ホルモンのサポートをするビタミンEであるナッツ類やアボガドなども積極的に摂取すると良いでしょう。
ただし、こればかりになってしまうと他の栄養素が不足してしまいます。
何か一つの栄養素に偏るのではなく、必ずバランスの良い食事をとるように心掛けましょう。

≫女性ホルモンを整える!おすすめの食べ物とは?≪

良質な睡眠

寝不足を改善させることで、ホルモンバランスを整えることができます。
質の良い睡眠を心掛け、十分な睡眠時間を確保しましょう。
つい夜更かししてしまいがちですが、出来れば12時前には寝るようにし、7時間程度の睡眠時間を確保できると理想的です。

また、質の良い睡眠のためには、寝る前の行動も重要。
お風呂のお湯が熱過ぎると、眠りに入りづらくなります。お湯の温度は適温にし、スマホやパソコンなどの使用は避けましょう。
寝室の照明も、眠りに入りやすい暗めのものにすることや、寝る時間の2時間前までに食事は済ませておくこともおすすめです。寝るための環境を整えましょう。

適度な運動

体を動かすこともストレス解消につながります。
普段から運動する習慣があればよいのですが、仕事や家事に追われ運動する時間が取れないという女性も多いのではないでしょうか。

これまで車で移動していた場合でも、歩ける距離であれば徒歩移動に変えるなど、無理のない範囲でなるべく運動するようにしましょう。
また、ストレッチやヨガ、ピラティスなどは深い呼吸を行いながら行うため、運動不足を解消するだけでなく、体の緊張をほぐす効果もあります。
ちょっとしたスキマ時間に行うだけでも、体が違ってきますよ。
生活の中にうまく運動を取り入れてみましょう。

ストレス解消

心を落ち着かせるためにも、深呼吸をしたり、就寝前にストレッチをして身体をほぐしたりすることでリラックス効果が生まれます。
自分の好きなアロマの香りを嗅いでみたり、悩みに合わせてブレンドされたハーブティーを飲んでみたり、自然と触れたりすることでもストレス解消に繋がるでしょう。
何か趣味を見つけるのもよいですね。没頭できる時間を作ることでストレスを小まめに発散することができますよ。
自分に合ったストレス解消法を見つけて、なるべく疲れをため込まないようにしましょう。

また、定期的な頭皮ケアでリフレッシュするのもおすすめ。
頭皮環境を整えつつ、リラックス効果も得られるので一石二鳥ですね。

≫女性の頭皮環境を整える
ケア用品はこちら≪

女性ホルモンは日頃の生活習慣が大切。適切な薄毛対策を心掛けましょう

薄毛の原因には、女性ホルモンが関係している可能性があります。
ホルモンバランスが乱れる原因はさまざまですが、その中でも加齢は、避けて通れない道です。
しかし、食生活の改善や、適度な運動、良質な睡眠をとるようにするなど、普段の生活習慣を見直すことで、女性ホルモンの減少を少しでも穏やかに保つことができますよ。

日頃から規則的な生活を送ることを心掛け、自分がどのような原因で薄毛となっているのか見極め、それに合った対策をとるようにしましょう。

また、頭皮環境を整えるために、ヘアケア商品を見直すこともおすすめです。

≫ヘアケア商品を見直して
頭皮環境を整えるのもおすすめ≪