女性ホルモンが髪の成長期を維持して増やすとされます


女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに髪を増やす作用があるといわれています。

エストロゲンは、髪の成長する期間を長く維持する作用があるといわれています。

髪は成長期のあと退行期に入り抜けてしまうため、成長期が保たれることで成長した髪が維持されることになるのです。

反対にエストロゲンが少ないと髪が抜けてしまいやすくなると考えられます。

これが、女性ホルモンが髪を増やすといわれている理由です。

女性ホルモンの分泌が増える妊娠時期に髪が増えることがあります

妊娠時期に髪が増えることがありますが、これも女性ホルモンの影響と考えられます。

妊娠すると体内で赤ちゃんを育てていくために、女性ホルモンのバランスが変化し活発に分泌されるようになります。

すると、エストロゲンの分泌量も増え、それが髪の成長に影響を与える可能性があるのです。

髪には一定の成長サイクルがあり、成長期を終えると髪は成長しなくなりやがて抜け落ちます。

エストロゲンには髪の成長期を長く保つ作用があるとされており、成長期が長く維持されることで太い髪の毛になりやすく、抜ける毛の量も減ると考えられています。

そのため妊娠期間中は髪が増えることがあるのです。

出産すると今度は抜け毛が増え、薄毛になることがあります。

これも女性ホルモンのバランスが変化することが影響しています。

妊娠期間中に増えていたエストロゲンの量が減少することで、髪は休止期に入り、一度に抜ける髪の量が増えてしまうと考えられます。

妊娠による髪の増加や、出産による抜け毛は個人差があり必ずなるわけではありません。

しかしながら妊娠を気に髪が増えることがあるということは、女性ホルモンが髪の成長に関係しているということがうかがい知れるのではないでしょうか。

女性ホルモンはハリや艶のある髪を生やすことにも影響します


女性ホルモンにはハリや艶のある髪を増やすのにも、影響するといわれています。

健康な髪を生やすのには、女性ホルモンエストロゲンが正常に分泌されている必要があると考えられています。

年齢とともに髪が細くなったりパサついたりすることがありますが、これには女性ホルモンの減少が関係していると考えられています。

女性ホルモンの分泌量がピークとなる20代後半から30第前半は、髪のハリや艶を維持しやすくなります。

ところが女性ホルモンの減少が目立ち始める30代後半になると、髪が痩せてきやすくハリや艶もなくなってくる傾向にあります。

髪はしっかりと成長期を維持することで、しっかりと太く成長しやすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンには髪の成長期を維持する作用があるので、分泌量が減ることで髪がしっかりと成長できなくなってしまう可能性もあるでしょう。

女性ホルモンが減少する年齢で髪がやせ細りハリ艶がなくなることからも、女性ホルモンのエストロゲンが髪の健康に大切なことが分かります。

女性ホルモンは髪が抜けにくい状態を作ります

女性らしさを作るといわれている女性ホルモンのエストロゲンは、肌や頭皮にも影響を与えるといわれており、健康な頭皮環境を作る作用があるとされています。

しっかりとした髪を増やすためには、頭皮が健康であることも大切です。

髪が生えてくる頭皮が健康な状態でなければ、髪の成長にも良くない影響を与え、健康な髪が生えてこなかったり、抜け毛が増えたりする可能性があります。

女性ホルモンの働きで健康な頭皮状態を保つことができれば、髪も健康に育ちやすく抜けにくくなるといえるでしょう。

また、女性ホルモンが減ると男性ホルモンの影響を受けやすくなります。

女性の体のなかでも男性ホルモンが作られているというのはご存知でしたでしょうか。

男性ホルモンは男性型脱毛症の要因とされています。

女性の場合、女性ホルモンの分泌が悪くなると男性ホルモンの影響を受けやすくなり、女性でも男性型脱毛症になることがあります。

つまり、女性ホルモンの分泌を正常に保つことは、男性型脱毛症を予防することでも髪が抜けにくい状態を作ると考えられているのです。

(まとめ)女性ホルモンの働きが髪を増やすって本当?

1.女性ホルモンが髪の成長期を維持して増やすとされます

2種類ある女性ホルモンのうち、エストロゲンが髪を増やすことに関係していると考えられています。

エストロゲンにはしっかりと髪の成長を維持する効果があるとされているからです。

2.女性ホルモンの分泌が増える妊娠時期に髪が増えることがあります

女性ホルモンは髪の成長期を維持する作用があります。

そのため女性ホルモンの分泌が活発になる妊娠時期に髪が増えることがあり、出産によって抜け毛が増えることがあります。

3.女性ホルモンはハリや艶のある髪を生やすことにも影響します

女性ホルモンが減少し始める年齢になると、髪のハリ艶がなくなりやせ細ってくる傾向にあります。

ハリ艶や太さのある髪を生やすは、髪の成長期をきちんと維持できることが大切です。

4.女性ホルモンは髪が抜けにくい状態を作ります

健康な髪の成長や抜け毛の予防には、頭皮が健康であることも大切です。

女性ホルモンは頭皮を健康に維持することにも働くため、髪が抜けにくい状態を作る作用があるといえます。

男性型脱毛症にならないためにも、女性ホルモンは欠かせないでしょう。