女性ホルモンの作用で健康な髪が生えると考えられます


女性ホルモンのエストロゲンは、髪の成長期を長く持続させる作用があるといわれています。

実際に女性ホルモンの分泌が活発になる妊娠中は髪が増え、出産とともに抜け毛が増えてしまうこともあるのです。

髪の新陳代謝を促すことで、健康でハリ艶のある髪が生えることにも影響するとされます。

また、女性ホルモンは頭皮環境を良くすることにも作用するため、女性ホルモンの分泌が正常だと、しっかりと髪が生えると考えられます。

女性ホルモンにより髪が健康になります

女性ホルモンのエストロゲンには、頭皮の若さや健康を維持する作用があります。

健康な髪が生えるためには、健康な頭皮環境を維持することが大切です。

髪の毛が生える頭皮が不健康な状態では、髪がうまく成長しなかったり抜け落ちやすくなったりする可能性があるからです。

髪は成長期・退行期・休止期というサイクルを持っています。

成長期に髪が伸び、退行期に入ると成長が止まりしばらく休止期を経て、次の成長期に入ると古い髪は新しい髪に押し出されて抜け落ちます。

成長期は4年から6年といわれますが、この期間がしっかりと維持されると抜け毛が少なくなるといえるでしょう。

成長期が長いほど髪が太くなる傾向にあるともいわれています。

年齢とともに髪がやせ細ったり抜け毛が増えたりするのは、加齢による女性ホルモンの減少が影響しているともいわれています。

このようなことから女性ホルモンのエストロゲンには健康な髪が生えるのに大切な作用があることが分かります。

女性ホルモンは基本的に増えることはありません


女性ホルモンを増やすという表現をすることがありますが、注射や薬などの医学的行為が行われない限り、女性ホルモンが必要以上に増えることはないとされます。

自然状態では正常でなら一定に保たれ、月経の周期に合わせて分泌量が変化します。

「女性ホルモンが多い人」はいないとされていますが、何らかの原因で「少ない人」はいると考えられます。

女性ホルモンは増やすのではなく、減らさないことが大切になります。

女性ホルモンが減る原因はいくつか考えられます。

まずは加齢によるものです。

加齢による変化には個人差がありますが、どうしても避けられないところです。

大体20代後半がピークで減少を始め、早ければ30代後半になると急激に減り始めるといわれています。

30代後半や40代になると更年期障害や閉経が起こるのは、この加齢による女性ホルモンの減少によるものと考えられます。

また加齢以外にも、ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足、急激なダイエットなどが原因で女性ホルモンの分泌が悪く少なくなってしまう可能性があります。

急激なダイエットにより月経周期が乱れたり、無月経となったりしてしまうのもこのためだといえるでしょう。

女性ホルモンを減らさないためには、規則正しい生活習慣やきちんとした食生活を心がけると良いでしょう。

妊娠期間中は女性ホルモンが増え、髪にも影響を与えることがあります

個人差はあり、必ずとは言えませんが妊娠期間中に髪が増えることがあります。

これは妊娠したことで体内のホルモンバランスが変化し、その分泌量が増えることが理由と考えられます。

女性ホルモンのエストロゲンには成長期を長く持続させる作用があるといわれているので、普段よりも髪がしっかりと成長して抜けにくくなります。

新しい髪がたくさん生えるというよりは、現在生えている髪の寿命が長くなるといえるでしょう。

抜け落ちるはずの髪が抜けなくなることによって、髪が増えるということにつながります。

髪だけではなく、普段生えていない場所に体毛が生えることもあるようです。

また出産を終えると、女性ホルモンの分泌量が低下します。

その影響で妊娠時期に多くの髪が休止期に入ってしまい、抜け毛が増える可能性があります。

高齢出産の場合は、十分に元には戻らない可能性もありますが、出産による抜け毛や薄毛は一時的なものであり、やがて抜け毛や薄毛は改善して髪が生えるでしょう。

このように女性ホルモンの分泌バランスが変わる妊娠時期は、髪にも影響が出ることがあります。

そのことからも、女性ホルモンが髪に影響を与えていることが分かります。

(まとめ)女性ホルモンの働きで髪が生える?

1.女性ホルモンの作用で健康な髪が生えると考えられます

女性ホルモンには髪を健康に保つのに必要な作用があるとされています。

髪の成長を維持したり、頭皮を健康に保ったりするエストロゲンの作用により、健康な髪が生えると考えられます。

2.女性ホルモンにより髪が健康になります

女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長期を維持する作用があるとされます。

また頭皮環境を健康に保つ働きもあり、女性ホルモンは健康な髪が生えるためには重要だと考えられます。

3.女性ホルモンは基本的に増えることはありません

女性ホルモンは医学的な行為がなければ、増えることは基本的にはありません。

女性ホルモンは増やすのではなく、分泌量を正常に保ち、減らさないようにすることが大切になります。

4.妊娠期間中は女性ホルモンが増え、髪にも影響を与えることがあります

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増えるとされています。

個人差がありますが、妊娠時期はその影響で髪が増えることがあります。

これは女性ホルモンが髪の成長期に作用するからです。