女性ホルモンは髪の毛を美しく保つことには関係していますが、伸びるスピードとは相関関係はないとされています


女性ホルモンの中には、エストロゲンと呼ばれるものとプロゲステロンと呼ばれるものがあり、この2つは髪の毛の成長を促したり維持したりといった働きがあります。

女性ホルモンが多いと、髪の毛は早く伸びそうなイメージを抱かれるかもしれませんが、そういうわけでもありません。

女性ホルモンは健やかな美しい髪の毛を保つ働きがありますが、髪の伸びるスピードには相関関係はないと言われています。

髪が伸びるスピードは1ヶ月に1cmほどで、個人差は多少あってもほとんど変わりはありません。

髪の伸びるスピードは1ヶ月に1㎝程度だと言われています

人の髪の毛の伸びるスピードは、多少の違いはあるもののそれほど大きな違いはないと言われています。

髪の毛の伸びるスピードは1ヶ月に1cmほどとされています。

髪の毛が伸びるスピードは、髪の毛の長さや量などによっても印象は大きく変わってきます。

髪の毛の長さが短い人は髪の伸びるスピードが速く感じやすく、髪が長い人はあまり気付きにくい傾向にあります。

髪の量が多い人や太い人は少し伸びただけでも、全体のボリュームが増して伸びた、量が増えたと感じやすいです。

一方髪の量が少ない人はこのように感じることは少ないでしょう。

このように髪の伸びるスピードは髪の毛の長さや量、質などによっても印象が異なります。

髪の毛にはヘアサイクルがあり、一定の周期で生え変わっています


髪の毛は生えたらずっと伸び続けるわけではありません。

一定の期間が経てば髪の毛は抜け落ち、やがてまた新しい髪の毛が生えてきます。

この1本の髪の毛が生えて成長し、抜け落ちるまでの周期のことを「ヘアサイクル」と言うのです。

ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間があります。

成長期は、文字通り髪の毛が成長する期間のことで、このとき毛母細胞は分裂を繰り返します。

退行期では髪の成長が遅くなり毛根が衰えていき、その後休止期になって、髪の毛が抜け落ちるのです。

ヘアサイクルの期間は平均で3~8年ほどで、髪の毛が抜け落ちるとまた再び同じヘアサイクルを繰り返していきます。

ヘアサイクルのうち髪の毛が成長するのは成長期で、ヘアサイクルの大部分を占めています。

女性ホルモンが減少したり、バランスが崩れたりしてしまうと、このヘアサイクルが乱れやすくなります。

ヘアサイクルが乱れると髪が十分に成長できず、細く抜けやすくなったり、うねりやパサつきが目立つようになったりしてしまうのです。

髪の毛の伸びるスピードを速める方法は、科学的には実証されていません

髪の毛の伸びるスピードを速める方法というのは、科学的には実証されていませんが、髪の毛を早く伸ばすのに効果的とされている方法はいくつかあります。

髪の毛を早く伸ばすために効果的と言われている対策法についてご紹介します。

バランスの取れた食事をとる

大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同様の効果があるとされており、積極的に摂りたい食品のひとつです。

ダイエットのためにたんぱく質を制限している人もいるかもしれませんが、髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質でできているため、積極的にたんぱく質を摂るようにしましょう。

また、女性ホルモンの分泌や育毛を促進させるためには、イソフラボンやたんぱく質だけではありません。

その合成に必要となるビタミンやミネラルなども、バランスよく摂るようにしましょう。

バランスの取れた食生活を送ることで、女性ホルモンの代謝を促すことができると言われています。

睡眠時間を6時間以上は確保する

髪の毛の成長やホルモンの多くは夜寝ている間に分泌されるため、夜更かしや不規則な生活は悪影響を及ぼします。

できるだけ6時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。

育毛剤を使用する

育毛剤には、育毛を促進させてくれる成分や髪に必要となる成分などが含まれています。

育毛剤を使うことで、比較的早い髪の伸びが期待できます。

同時にシャンプーなども育毛シャンプーに変えるとより効果的です。

(まとめ)女性ホルモンが多いと髪は早く伸びるの?

1.女性ホルモンは髪の毛を美しく保つことには関係していますが、伸びるスピードとは相関関係はないとされています

エストロゲン、プロゲステロンなど女性ホルモンには髪の成長を促したり維持したりといった働きがありますが、髪の伸びるスピードとは相関関係はないとされています。

髪の伸びるスピードは髪の長さや量、太さなどによっても印象が大きく変わって見えます。

2.髪の伸びるスピードは1ヶ月に1㎝程度だと言われています

髪の毛が伸びる速さはひと月に1cmほどとされていますが、髪の毛の長さや量、太さなどによっても、髪の伸びる速さの印象は変わってきます。

女性ホルモンは髪の伸びる速さにはそれほど影響しませんが、髪のハリやコシなどに影響します。

3.髪の毛にはヘアサイクルがあり、一定の周期で生え変わっています

髪の毛はずっと伸び続けるわけではなく、一定期間で生え変わりを繰り返しています。

この周期のことをヘアサイクルと言い、1サイクルは平均で3~8年ほどです。

髪の毛の伸びる速さは気候や体調、ストレスなどによっても左右されると言われています。

4.髪の毛の伸びるスピードを速める方法は、科学的には実証されていません

髪の成長は女性ホルモンや食事、睡眠、生活習慣など環境的要因に起因することが多いです。

そのためバランスの取れた食事や規則正しい生活を心がけることが大切です。

また、育毛剤を使うことでより早く育毛を促すことができるでしょう。