女性ホルモンが減少することで髪の毛が細くなってしまうことがあります


年齢を重ねると髪の毛が細くなりボリュームがなくなってしまい、薄毛になってしまったという人も多いのではないでしょうか。

若い頃はツヤのあるキレイな髪でも、加齢に伴ってパサつきやすくなります。

このように髪が細くなったりパサつきやすくなったりするのは、女性ホルモンが減少しまうことが大きく関係していると言われています。

髪の老化のスピードを緩めて、美髪をキープしていきましょう。

ホルモンバランスが崩れると、ヘアサイクルも乱れて抜け毛や薄毛につながります

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の成長を促す働きがあると言われており、卵巣から分泌されます。

このエストロゲンの分泌は一般的に20代後半頃がピークとなり、その後は徐々に減少していき、卵巣の機能は低下し閉経します。

閉経すると女性ホルモンの分泌量は急激に減少するため、これに伴い髪が細くなってしまうとされているのです。

女性ホルモンは心身のほんのわずかな変化でも影響されてしまうため、20代や30代でもストレスや生活習慣の乱れ、ダイエットなどによってバランスが崩れてしまうことがあります。

髪の毛は一定期間の周期で生え変わりを繰り返しており、この周期のことをヘアサイクルと言います。

女性ホルモンのバランスが崩れると、このヘアサイクルが乱れてしまい髪の毛が弱くなり、抜け毛や薄毛につながります。

通常、私たちの頭には約10万本もの髪の毛が生えており、このうち約90%が成長期にあります。

1日に50~70本ほどの髪の毛が、休止期で自然に抜け落ちるのですが、もし1日で明らかにこれ以上の髪の毛が抜けるようであれば、ヘアサイクルが乱れてしまっていることが考えられるでしょう。

髪の太さが半分になると、髪のボリュームは4分の1になると言われています


髪の毛が薄くなると聞くと、髪の毛の本数が減ることをイメージする人が多いかと思います。

実は髪が薄くなる原因は、髪の毛の本数が減ることだけではありません。

意外と見逃されがちですが、髪の毛が細くなることも大きな要因と言えます。

髪の本数自体が変わらなくても、髪の毛の細さが半分になるだけで髪全体のボリュームは4分の1まで減ってしまうのです。

また、抜け毛が増えると洗髪後などに抜け落ちたり、手に付いたり目に見えやすいため、比較的すぐに気づきます。

しかし、細毛は毎日少しずつ細くなるため、気付きにくく見逃してしまいがちです。

そのため気付くのが遅くなり、対処が遅れてしまう場合や、気付いたときにはかなり症状が進行していたということも多いです。

ストレスを溜めないように心がけ、ホルモンバランスを整えましょう

女性ホルモンのバランスを整えるには、ストレスをなくし生活習慣や食生活を見直していくことが効果的です。

ホルモンバランスの整え方についてご紹介します。

ストレスは溜めないこと

心身のストレスは女性ホルモンのバランスを崩す要因となります。

過度にストレスがかかると交感神経が優位になり、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。

また、交感神経が優位になることで血管が収縮し、髪まで栄養が行きわたりにくくなります。

できるだけ心身ともにリラックスするように心がけ、ストレスは定期的に発散するようにしましょう。

大豆を中心としたバランスの良い食事を心がける

イソフラボンには女性ホルモンと同様の効果があるとされています。

イソフラボンが含まれている大豆や大豆製品を積極的に取り入れましょう。

また、それだけを摂ればいいというものではなく、肉類などのたんぱく質や野菜などに含まれるビタミンなど、バランスの取れた食事をとることが大切です。

睡眠時間を確保する

健やかな髪をつくるのに必要となる成長ホルモンのほか、多くのホルモンは夜寝ている間につくられています。

睡眠時間を7時間は確保するようにしましょう。

また、規則正しい生活をすることで、セロトニンを増やし自律神経を整えることができると言われています。

早寝早起きを心がけ、できるだけ同じ時間に就寝・起床するようにしましょう。

(まとめ)髪が細くなるのは女性ホルモンが関係してるの?

1.女性ホルモンが減少することで髪の毛が細くなってしまうことがあります

女性ホルモンが減少すると、髪の毛は細くなりボリュームがなくなるといいます。

女性ホルモンは加齢とともに減少していきますが、無理な食事制限などでもホルモンのバランスが崩れることもあります。

髪が細くなる原因を知り、早めに対策していきましょう。

2.ホルモンバランスが崩れると、ヘアサイクルも乱れて抜け毛や薄毛につながります

ホルモンのバランスは加齢や生活習慣の乱れ、ストレスなどにより崩れます。

ホルモンのバランスが崩れるとヘアサイクルが乱れ、髪が細いまま抜け落ちやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスを崩さないよう心がけましょう。

3.髪の太さが半分になると、髪のボリュームは4分の1になると言われています

細毛は抜け毛よりも気づきにくいため、気付いたときにはかなり進行してしまっている場合も多いです。

髪の毛が半分細くなるだけで、髪全体のボリュームは4分の1まで減ってしまいます。

症状が現れる前に対策することが大切です。

4.ストレスを溜めないように心がけ、ホルモンバランスを整えましょう

女性ホルモンは些細な変化でも影響を受けて、バランスが崩れてしまいます。

できるだけストレスは溜めないようにして、発散するように心がけ、生活習慣や食生活を見直してホルモンバランスを正常化していきましょう。