女性ホルモンのエストロゲンは、髪の成長と大きな関係があります


女性ホルモンには大きくわけてエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、このエストロゲンには髪の成長を促すなどの働きがあります。

女性ホルモンは20代後半にピークを迎え、その後は徐々に減少していき、更年期になるとその分泌量はごくわずかになってしまうと言われています。

また、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスによってもホルモンバランスが崩れてしまうことがあるため、普段から気を付けていく必要があるでしょう。

女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因だと言われています

40~50代になると薄毛に悩む女性が増えてくると言いますが、これは女性ホルモンの減少が大きく関係していると考えられています。

女性ホルモンであるエストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、閉経するとごくわずかしか分泌されなくなります。

このエストロゲンにはお肌や髪を健康に保つ働きがあるため、閉経とともに女性ホルモンが急激に減少することで薄毛や抜け毛につながります。

女性の薄毛のパターン

女性の薄毛は男性の薄毛とは違います。

女性の薄毛の症状パターンについてご紹介します。

次のような症状が現れたら危険信号です。

  • 髪のボリュームがなくなった
  • 髪が細くなった
  • 分け目やつむじの地肌が目立つようになった

このような症状には、エストロゲンの減少が大きく関係していると考えられます。

本来ひとつの毛穴から3本程度髪の毛が生えていると言われています。

このひとつの毛穴から生えている髪の毛の本数が、1~2本になることで髪の毛のボリュームが減ってしまいます。

女性の薄毛は男性のように完全に抜けてしまうわけではなく、静かに進行するためはじめは見逃してしまうことも多いです。

症状を感じる前に、早めの対策を行っていきましょう。

女性ホルモンが減少しないように対策を行うことが大切です


女性ホルモンは非常にデリケートで、ストレスなど心身のわずかな変化でも分泌量は左右されます。

女性ホルモンが乱れる原因

女性ホルモンの乱れと深い関係があると言われているのは、生活習慣や食生活、ストレスなどです。

無理なダイエットなどを続ければ栄養は不足してしまい、ホルモンバランスが崩れる原因となってしまいます。

また、ダイエットを行っていなくても、栄養バランスが偏っていたり不足したりしてしまっても、ホルモンバランスが崩れる引き金となってしまいます。

そのほか不規則な生活やストレスも女性ホルモンの乱れにつながります。

あまり知られていませんが、体の冷えは卵巣などの機能の低下につながり、女性ホルモンの分泌を妨げる要因となります。

女性ホルモンの乱れの対策法

女性ホルモンの乱れや減少を対策するには、次の方法が効果的です。

適度な運動

特に下半身を鍛えることで、体の代謝を上げることができると言われています。

筋トレなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。

1日30分程度を目安にし、行う際は背筋を伸ばして体幹を意識しましょう。

冷え対策

「おしゃれを楽しみたい」という女性は多いと思いますが、おしゃれをしたいからといって薄着をしていると体が冷えてしまいます。

それでも薄着でおしゃれを楽しみたいという場合は、腰回りにカイロを貼ると血行もよくなり足先まで温かくすることができます。

また、湯船に浸かることで体も温まり、自律神経が整いやすくなります。

体内から温める

臓器の機能が弱まったり、代謝が落ちたりしているときは、ホルモンの分泌が鈍くなってしまいます。

お白湯や温かいお茶などを飲むことで内臓から温まり、静脈や毛細血管が広がって血行促進効果が期待できます。

更年期だけでなく、産後に薄毛になることもあります

更年期に薄毛に悩まされる女性は多いですが、女性の薄毛は更年期だけに起こるわけではありません。

妊娠・出産によりホルモンバランスは大きく崩れるため、産後に抜け毛が増えることが多いです。

この抜け毛は出産後3ヶ月くらい経ったときから、目立ち始めるという人が多いようです。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類がありますが、妊娠するとこの2つのホルモンの分泌量が増加し出産に備えます。

そして、出産が終わるとこの大量の女性ホルモンは必要なくなるため、急激に減少し元の量に戻ろうとします。

女性ホルモンは髪の成長や育毛を維持する働きがあるため、この急激な変化により抜け毛が増えてしまうのです。

しかし、通常一定期間を過ぎればホルモンバランスは正常に戻り、抜け毛は解消されていきます。

(まとめ)女性ホルモンは髪の成長と関係があるの?

1.女性ホルモンのエストロゲンは、髪の成長と大きな関係があります

女性ホルモンのエストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、美髪を保つのに欠かせないものです。

女性ホルモンは加齢や生活習慣・食生活の乱れ、ストレスなどにより乱れてしまいます。

ホルモンバランスを乱さないような生活・食生活を心がけましょう。

2.女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因だと言われています

40~50代になると薄毛になってしまう女性が増えますが、これは閉経とともに髪の健康を保つ働きをしている女性ホルモンが急激に減少したことが原因だと考えられます。

症状に気付いてからではなく、早めに対策することが大切です。

3.女性ホルモンが減少しないように対策を行うことが大切です

女性ホルモンは心身のわずかな変化でバランスが崩れてしまいます。

特に食生活や生活習慣、ストレス、体の冷えなどにより乱れてしまうことが多いため、日頃から規則正しい生活習慣やバランスの取れた食事を心がけましょう。

4.更年期だけでなく、産後に薄毛になることもあります

更年期以外でも女性の薄毛や抜け毛が起こる場合があり、出産により急激にホルモンバランスが崩れることで抜け毛が増えるということもあるのです。

ただ、これは一時的なもので、しばらくすると抜け毛は解消され元に戻っていきます。