女性ホルモンが減少するとツヤやハリを保てなくなり、ストレートから髪質が変わることがあるのです


女性ホルモンの影響で、ストレートだった髪質が変化することがあります。

女性ホルモンは、髪のツヤやハリに影響を与えているもののひとつです。

そのため、中高年になり女性ホルモンが少なくなると、髪質が変わりくせ毛に変わることがあるのです。

こういった髪質の変化は、女性ホルモンの減少が大きく関わっていると言えるのですが、ホルモンバランスの乱れもくせ毛を引き起こすと考えられています。

予防法のひとつとして、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンが配合されたヘアケア用品などを使用することが挙げられるでしょう。

他にも女性ホルモンのバランスが乱れないようにストレスがかからない生活を心がけることが大切です。

女性ホルモンが減少すると髪質が変わることがあります

ストレートだった髪質が変化してしまうということがあるのですが、これは女性ホルモンの減少が原因のひとつだと考えられています。

女性ホルモンは髪のツヤやハリに影響を与えていると言われており、分泌量が減少すると、ハリやツヤを維持することが難しくなるとされているのです。

その結果、髪のうねりや1本1本の髪の毛が細くなると考えられています。

「若い頃はストレートだったのに、中高年になってくせ毛に変わってしまった」という話も、年齢を重ねたことによる女性ホルモンの減少が関係していると言われています。

しかし、女性ホルモンの減少だけが原因ではないとも言われています。

ホルモンバランスの乱れも髪質に影響を与えると考えられるからです。

ホルモンバランスが乱れると、くせ毛だけではなく、薄毛や抜け毛が多くなると言われています。

他に考えられる原因として、過剰なダイエットにより栄養が不足すること、ドライヤーを使用しすぎたことによる髪へのダメージなどが考えられるでしょう。

今まで髪質がストレートだったのに、いつのまにかくせ毛になった人は、年齢や、ホルモンバランスが乱れるような生活をしていないかチェックしてみてください。

ドライヤーの温風で髪の毛にダメージを与えていないか、日々の食事が栄養不足になっていないか意識してみる必要があるでしょう。

ヘアケアに注意して対策をしてみましょう


くせ毛になったら女性ホルモンや栄養が不足している可能性があります。

その予防法のひとつとして、ヘアケアを注意することが挙げられるでしょう。

例えば、市販のシャンプーやリンス、コンディショナーだけではなく、育毛専門のヘアケア用品にも意識を向けてみてください。

女性ホルモンに似た働きをする、大豆イソフラボンが配合されたヘアケア用品などはおすすめです。

しかし、髪の毛や頭皮に良い成分が含まれていても、適切な使い方をしなければ良い効果は期待できません。

例えば、髪質が衰えて来たと言って、ついついシャンプーを何回もして頭皮を清潔にしすぎる人もいます。

ですが、過剰な洗髪は必要な皮脂まで落とすことにつながるため、結果、薄毛になるリスクが高まると言われているのです。

他にも、髪を洗う際の、お湯の温度にも注意してください。

基本的には温かいお湯が良いと言われていますが、熱すぎると頭皮や髪の毛に悪影響が出て来るのです。

温度は40度ぐらいが目安と言われています。

ストレス対策や食生活を改善することなども効果的です

髪質がストレートからくせ毛に変化する原因のひとつとして、女性ホルモンの乱れがあります。

ではこの女性ホルモンの乱れを予防するには、何が必要なのでしょうか?
ポイントはストレスの対策です。

ストレスはホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こす大きな原因のひとつになると言われており、ホルモンバランスや自律神経が乱れると頭皮の血流にも悪影響を与えると考えられています。

そのため、必要な栄養分が髪の毛に届かなくなり、ストレートからまた別の髪質に変わるリスクが高まると考えられるのです。

また、食生活にも注意をしてみてください。

基本的に髪の毛に良いと考えられているのが、大豆イソフラボンが含まれた食べ物です。

大豆類はもちろん、味噌にも含まれているため、生活の中で摂取しやすい栄養と言えるでしょう。

ただ、そればかり食べるというのは、寧ろ逆効果になってしまうこともあります。

髪の毛や頭皮に良いからと言って、ある一定の食べ物ばかり食べていれば、他に必要な栄養が不足する可能性もあるからです。

規則正しい食生活を心がけましょう。

過剰なダイエットをしている方も、同じような状態になることがあります。

暴飲暴食をしてコレステロールの多い食事をすると、血流が悪くなり、頭部の血流が悪化するとも言われています。

髪質をつややかなストレートに保ちたいなら、ホルモンバランスの乱れや、食事のバランスなどにも意識を向けてみてください。

(まとめ)女性ホルモンでストレートから髪質が変わるって本当?

1.女性ホルモンが減少するとツヤやハリを保てなくなり、ストレートから髪質が変わることがあるのです

加齢でストレートだった髪質が変化することもあります。

これは、女性ホルモンが減少することが理由として考えられています。

予防法としては、大豆イソフラボンが含まれたヘア毛用品を使う、ストレスがかからないよう注意することなどが挙げられます。

2.女性ホルモンが減少すると髪質が変わることがあります

女性ホルモンの影響でくせ毛になることもあります。

これは女性ホルモンが減少することが原因のひとつとして考えられているのです。

また、ホルモンバランスの乱れも日々の生活習慣などにも原因がある可能性があります。

3.ヘアケアに注意して対策をしてみましょう

女性ホルモンが関連したくせ毛の予防法として、ひとつに適切なヘアケアがあります。

育毛専門のヘアケア用品の中でも、大豆イソフラボンが配合された物が良いと言われています。

しかし適切に使わなければ思わぬトラブルを引き起こす可能性があるのです。

4.ストレス対策や食生活を改善することなども効果的です

女性ホルモンの乱れを予防するには、ストレスに注意が必要です。

ストレスによってホルモンバランスが崩れると、頭皮への血流にも悪影響を与えます。

日常の生活習慣や食生活などに気を配り、健康的な日々を送ることが髪の毛にも効果的でしょう。