女性ホルモンの減少がサラサラの髪質を変える原因のひとつとして考えられています


女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、髪の毛も衰えていくと考えられています。

エストロゲンは髪の毛や皮膚をつややかな状態に保つ成分だからです。

そのため、エストロゲンが不足するとサラサラの髪質にも影響が出ると言われています。

つまり、髪の毛をサラサラに保つためには、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌やホルモンバランスを保つ必要があるのです。

そのためには、大豆イソフラボンなど、不足した女性ホルモンを補う栄養素を摂取することが、予防のひとつとして考えられます。

女性ホルモンが減少するとサラサラだった髪の毛が衰えると言われています

サラサラだった髪の毛が衰える原因のひとつとして、女性ホルモンのエストロゲンの減少があると言われています。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛や皮膚をつややかな状態に保つ働きがあると考えられているホルモンです。

そのため女性ホルモンが不足をすると、サラサラの髪の毛にも悪影響が出ると考えられます。

女性ホルモンは、一般的に40代頃から減少すると言われることが多いです。

しかし中には例外もあり、30代後半から急激に低下する人も居ます。

30代後半から急激にくせ毛などになった人は、エストロゲンの影響の可能性が考えられるのです。

女性ホルモンが減少すると、髪にもうねりが出てくることや、乾燥が出てくることが多くなると言われています。

サラサラ感も薄れるだけではなく、髪の毛が細くなり、ボリュームが少なくなることが多くなるのです。

ハリも弱々しくなり、髪の毛が切れることが増えると言われています。

ただ、残念ながら、加齢による女性ホルモンの減少を食い止めるのは難しいと言えるでしょう。

そのため年齢が高くなっても髪の毛をサラサラな状態に保つには、女性ホルモンを補うなどの対策をした方が良いと言えます。

そうすることで髪の毛への悪影響を最小限に食い止められる可能性が高まるからです。

しかし女性ホルモンの減少を補うだけでは足りないでしょう。

もう一方、ホルモンバランスの影響も考えなければならないからです。

生活習慣の影響でホルモンバランスが崩れることも、サラサラだった髪の毛を悪くしてしまう原因のひとつなので注意してください。

女性ホルモンに良い栄養素がサラサラな髪を保つ鍵になります


髪の毛をサラサラな状態に保つ方法のひとつとして、女性ホルモンの分泌量やバランスを正常に維持することがあります。

では、どうすれば女性ホルモン不足にならないのでしょうか?

例えば、食生活で女性ホルモンを補うという方法があります。

髪に良い摂取したい栄養素の中でも、代表的なのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た化学構造を持っており、働きが似ていると言われています。

抗酸化作用もあると言われており、活性酸素の働きを抑える期待ができるのです。

活性酸素は、髪の毛の成長に悪影響を与えると言われるものです。

そのため健康な髪の毛を保つためには、大豆イソフラボンは有効と考えられています。

大豆イソフラボンが含まれる代表的な食材としては、大豆類や味噌が挙げられるでしょう。

また、ほかにも女性ホルモンのために摂取したい髪の毛に良いと言われる栄養分があります。

それがたんぱく質や良質な脂質です。

たんぱく質や良質な脂質は髪の毛の材料と考えられています。

肉や魚類、卵などに含まれているため、意識して取りいれてみてください。

食生活への高い意識がサラサラな髪の毛を保つ助けのひとつとなります。

ホルモンバランスの乱れも髪に悪影響を与えます

ホルモンバランスの乱れもサラサラの髪の毛が衰える原因のひとつと考えられています。

ホルモンバランスは、些細なことで簡単に乱れたり、崩れたりしてしまいますし、なおかつ、分泌量が非常に少ないと言われているのです。

一説には一生でティースプーン1杯分しか分泌されないという話もあります。

そんなホルモンバランスですが、ストレスなどが原因で簡単に崩れてしまうと言われています。

そのため、サラサラなストレートヘアーを保ちたいなら、ストレスがかからない生活習慣を心がける必要があるでしょう。

ただ、ストレスのない生活を送るのは、至難のわざです。

そのため、自分なりにストレスを発散する方法を見つけたり、リラックスできる時間を確保したりすることが大切となります。

また、睡眠不足にも注意してください。

さまざまなホルモンが分泌されるのは、睡眠中と考えられているからです。

睡眠不足になれば、ホルモンの分泌が妨げられるだけでなく、ストレスも生じてしまうため、髪の毛にも悪影響を与えると考えられます。

このようなことに気をつけることで、髪の毛をサラサラな状態に保てる可能性が高まるのです。

(まとめ)女性ホルモンでサラサラな髪質も変わるって本当なの?

1.女性ホルモンの減少がサラサラの髪質を変える原因のひとつとして考えられています

女性ホルモンであるエストロゲンの減少やホルモンバランスの乱れは、髪の毛が衰える原因のひとつと考えられています。

髪の毛をサラサラに保ちたいなら、不足した女性ホルモンを補う栄養素の摂取が予防のひとつにつながると言えるでしょう。

2.女性ホルモンが減少するとサラサラだった髪の毛が衰えると言われています

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、サラサラだった髪質が変わると考えられています。

エストロゲンが髪の毛や皮膚をつややかな状態に保つ成分だからです。

そのため女性ホルモンが不足をすると、サラサラの髪の毛にも影響が出て来ると考えられます。

3.女性ホルモンに良い栄養素がサラサラな髪を保つ鍵になります

髪の毛をサラサラに保ちたいなら、女性ホルモンの分泌量や、バランスの維持が対策のひとつとして挙げられます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと働きが似ているので髪の毛に良いと考えられるからです。

髪の材料であるたんぱく質も良いと言われています。

4.ホルモンバランスの乱れも髪に悪影響を与えます

ホルモンバランスの乱れも、サラサラの髪の毛が衰える原因のひとつと言われています。

女性ホルモンはストレスなど少しの変化で影響が出ると考えられます。

そのため、正しい生活習慣とストレスを溜めないことが大切と言えるのです。