女性ホルモンで起こる髪のうねりはエストロゲンの減少が原因のひとつとして考えられています


女性ホルモンが減少することが、髪のうねりを起こす原因のひとつとして考えられています。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしさを保つために重要なホルモンだからです。

更年期に差し掛かると、女性ホルモンの分泌が減り、結果エストロゲンも不足することで、髪質に影響が出て来ると考えられています。

さらに頭部の筋力が落ちることも、うねりを起こす原因のひとつとされているのです。

そのため、髪のうねりを予防したい時には、頭皮への保湿や栄養補給が効果的だと言われています。

また、女性ホルモンの分泌量は睡眠不足やストレス、自律神経の乱れなども関係するので、生活習慣にも注意が必要でしょう。

女性ホルモンの減少が髪のうねりを起こす原因のひとつと言われています

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは、女性らしさを保つ役割を持っているホルモンです。

妊娠や出産にも大きく影響を与えると考えられているのですが、30代を過ぎる頃からその分泌量を減らしていくと言われています。

そして、40代後半、いわゆる更年期に差し掛かると急激にその分泌量が減っていくと考えられているのです。

その結果、髪のうねりを引き起こすことにつながるとされているのです。

女性らしさを保つエストロゲンが減少する訳ですから、髪質にも大きく影響が出て来るのもしかたないと言えるでしょう。

特に年齢を重ねていくうち、髪にうねりが出て来たような女性は、このエストロゲンの減少が大きく関わっている可能性を考えてみてください。

他にも、頭部の筋力が衰えることも、うねりを引き起こす原因のひとつと言われています。

頭部の筋力が衰えると、円形だった毛穴の形に変化が起きると考えられており、結果、髪の毛がうねると考えられるのです。

頭部の筋力が衰えることは、髪質以外に顔のたるみにもつながると言われています。

他の原因として、髪へのダメージは無視できません。

髪にダメージがあると、水分の吸収量が増加することでうねりが引き起こされると考えられているからです。

例えば、ドライヤーの熱、カラーや、パーマ、紫外線が髪へのダメージリスクが高いので注意しましょう。

頭皮への栄養補給が予防法となると考えられます


髪のうねりに対しては、頭皮への保湿や栄養補給が予防法のひとつと考えられています。

髪に良い栄養分が含まれた育毛剤やシャンプーを使用するのも対策となるでしょう。

例えば、女性ホルモンに似たイソフラボンは、頭皮や髪の毛に良いと言われています。

イソフラボンなどは食べ物からも摂取できる栄養素ですし、日々の食事に取り入れることで、髪のうねりの予防が期待できます。

他に、頭皮に栄養を十分に行き届かせるために、ニンジンエキスが含まれているような育毛剤も良いでしょう。

ニンジンエキスの中には、健康的な血流をサポートすると言われているサポニンが含まれています。

また、ブラッシングについても、目が詰まっているブラシを使うと、強い摩擦が生じてしまうので髪へのダメージが大きくなると言われています。

ドライヤーの温度も注意が必要です。

温風は髪の毛にダメージを与えますから、できるだけ冷風を使うようにしましょう。

リンスやコンディショナー、トリートメントも、髪への過剰な負担予防が期待できます。

睡眠不足やストレスや栄養不足も悪影響を与えると言われています

女性ホルモンは睡眠不足によっても、悪影響を受けると考えられています。

そのためしっかりと睡眠を取ることが大切です。

睡眠をきちんと取らなければ、女性ホルモンの分泌が減少すると考えられているからです。

これは、髪のうねりだけではなく、全般的な健康のことを考えても大切なことでしょう。

また、睡眠不足によりストレスが生じることも考えなければなりません。

ストレスがあれば、自律神経が乱れることにつながり、女性ホルモンの分泌に悪影響を与えるという負の連鎖に陥る可能性も否定できないからです。

さらに、しっかりとした食事をすることも大切です。

例えば過度な食事制限によるダイエットをすることで、髪の毛に必要な栄養分が不足すると言われています。

そうなると、髪のうねりだけではなく、抜け毛も起きる可能性が高くなると考えられるのです。

髪の毛に良いと言われているシャンプーやリンス、コンディショナーを使うのと同時に、このような髪の毛と女性ホルモンの分泌に悪い生活習慣を調整していくことも意識しましょう。

そうすることで、髪の毛のうねりだけではなく、体全体の健康も期待できると言えます。

(まとめ)女性ホルモンの影響で髪にうねりが起きることはあるの?

1.女性ホルモンで起こる髪のうねりはエストロゲンの減少が原因のひとつとして考えられています

髪のうねりの原因のひとつに女性ホルモンの減少が考えられています。

頭部の筋力の低下もうねりにつながると言われているのです。

髪のうねりを予防したいなら、頭皮への栄養補給がポイントのひとつでしょう。

睡眠不足やストレスも関係するので注意が必要です。

2.女性ホルモンの減少が髪のうねりを起こす原因のひとつと言われています

女性ホルモンの減少が髪のうねりを引き起こす原因のひとつと考えられています。

更年期になると、女性らしさを保つエストロゲンが減少するからです。

頭部の筋力が衰えると、毛穴の形も変わるので、髪質が変化するからとも考えられています。

3.頭皮への栄養補給が予防法となると考えられます

髪のうねりを予防したいなら、頭皮への保湿や栄養補給が必要と言われています。

例えば、髪に良い栄養分が含まれた育毛剤やシャンプーを使用するのもひとつの方法でしょう。

イソフラボンなどが配合されたものが良いと言われています。

4.睡眠不足やストレスや栄養不足も悪影響を与えると言われています

女性ホルモンは、睡眠不足も悪影響を与えると考えられています。

睡眠不足で女性ホルモンの分泌が減少するからです。

また、ストレスも女性ホルモンに影響すると言われているため、普段の生活習慣にも注意が必要でしょう。