女性ホルモンが減少したりすると新陳代謝に影響が出て、肌や髪の毛の薄さにつながります


更年期になり女性ホルモンのエストロゲンが減少をすると、肌のたるみや乾燥が起きると考えられています。

女性ホルモンが減少すると血行不良が起きたり、新陳代謝が低下したりすると考えられるからです。

女性ホルモンの減少はさまざまな脱毛症につながると言われています。

さらに、肌の潤いを保つコラーゲンのような成分にも悪影響が出るので、肌トラブルにもつながると言われているのです。

女性ホルモンのエストロゲンを増やすには、適度な運動をすると良いと考えられています。

十分な睡眠も重要と言えるでしょう。

女性ホルモンの減少が髪や肌の新陳代謝に悪影響を与えます

薄毛や肌が荒れる原因のひとつに、女性ホルモンが関係していると考えられています。

特に、女性ホルモンであるエストロゲンがポイントになると言われているのです。

エストロゲンは初潮が起きる思春期に分泌が始まり、20代後半から40代前半ぐらいが一般的にピークとなります。

しかしピークを過ぎると、あとは降下する一方となり、特に40代の後半~50代になると卵巣の機能が低下するため、女性ホルモンの分泌量が減少すると言われているのです。

女性ホルモンが減少することで血行不良や、新陳代謝の低下などが起きると考えられています。

更年期になって女性の薄毛や肌のたるみ、乾燥が増えるのは、このメカニズムが一因にあると考えられるのです。

もちろん女性ホルモンの減少が、すべての原因と言えないのですが、一因として考えられているので意識する必要はあるでしょう。

ただ、女性ホルモンの減少は、自分でコントロールするのは難しいと言われています。

そのため、女性ホルモンの減少による薄毛や肌対策をしたいなら、似たような栄養素や必要な栄養素を補うことが対策のひとつとなりえるでしょう。

女性型脱毛症や出産後脱毛症、肌の保湿力の低下なども招きます


女性ホルモンの減少が、女性型脱毛症などさまざまな脱毛症につながる原因のひとつと考えられています。

女性型脱毛症は頭頂部の広い範囲で薄くなるのが特徴のひとつです。

他の脱毛症で、女性ホルモンが大きく関係しているものとして出産後脱毛症にも気をつけてください。

妊娠中はたくさん女性ホルモンが分泌されると言われています
しかし産後、ホルモンの分泌量が元に戻るため、出産脱毛症のようなトラブルが起きやすいと考えられるのです。

妊娠すると女性ホルモンの影響で、ヘアサイクルに変化が起き、成長期が続きます。

しかし出産が終わると、女性ホルモンの分泌が元に戻って休止期に入るため、一気に髪の毛が抜けると言われているのです。

女性ホルモンの減少は、肌にも影響が出て来ます。

肌の一番表層には角層があり、エストロゲンによって水分を保持しているからです。

そのため肌の潤いを保てるのですが、エストロゲンが減れば肌に影響が出ても不思議ではないでしょう。

他にも、コラーゲンやエラスチンと呼ばれる成分は、肌のキメやハリを保つとも言われているので、シワやたるみを予防できると考えられています。

しかしエストロゲンが減少すると、コラーゲンの合成などに悪影響が出ますから、シワやたるみなどが生じると考えられるのです。

このように、女性ホルモンは髪の毛や肌に大きな影響を持っています。

女性ホルモンを増やすには適度な運動や睡眠が大切と考えられています

女性ホルモンであるエストロゲンを増やす方法のひとつに、適度な運動が良いと言われています。

運動でも、無酸素運動ではなくウォーキングや水泳と言った有酸素運動が良いと考えられているのです。

また、良質な睡眠も重要となると言われています。

理由のひとつに、脳の視床下部や下垂体と呼ばれている部分への影響があると考えられているからです。

ホルモンの分泌量はこの視床下部や下垂体が命令を出していると言われています。

しかし、睡眠不足などが生じるとこの部分が機能低下を起こすので、自律神経にも影響が出ることが考えられるのです。

そのため、女性ホルモンの分泌量に影響が出て、薄毛や、肌荒れ、たるみなどにつながると言われています。

不足した女性ホルモンを補うことも対策のひとつとして挙げられます。

例えば、女性ホルモンと似た働きを持つとされている大豆イソフラボンを摂取することなどは効果的でしょう。

他にも、ヘアケアや肌ケア用品の中には女性ホルモンが配合された物があるので、予防策のひとつとして利用してみてください。

(まとめ)女性ホルモンが肌や髪に影響するって本当なの?

1.女性ホルモンが減少したりすると新陳代謝に影響が出て、肌や髪の毛の薄さにつながります

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、血行不良が起きたり、新陳代謝が低下してしまったりするため髪の毛に悪影響が出ると考えられています。

また、肌トラブルにもつながるといいます。

エストロゲンを増やすなら、適度な運動や睡眠が重要です。

2.女性ホルモンの減少が髪や肌の新陳代謝に悪影響を与えます

女性ホルモンは更年期になるとその分泌量が減少すると考えられています。

そのため、更年期時期になると薄毛や肌のたるみや乾燥が出て来ると言われているのです。

女性ホルモンの減少で血行不良や新陳代謝が低下することが理由として考えられています。

3.女性型脱毛症や出産後脱毛症、肌の保湿力の低下なども招きます

女性ホルモンの減少はさまざまな脱毛症につながる原因のひとつとして考えられています。

エストロゲンは肌の潤いを保つ成分でもあります。

減ればコラーゲンの合成などにも影響が出て、肌のたるみにつながると考えられるのです。

4.女性ホルモンを増やすには適度な運動や睡眠が大切と考えられています

女性ホルモンであるエストロゲンを増やすには、適度な運動が良いと考えられています。

また、ホルモンの分泌が睡眠時に起きることから、良質な睡眠をとることも大切です。

大豆イソフラボンなどを摂取して、女性ホルモンを補うことも効果的とされています。