女性の育毛に役立つ食事のためにはまず3食きちんと食べることが大切です


育毛のためには、栄養を十分に摂ることが大切です。毎日の生活のリズムを整えるためにも、まずは3食きちんと食事を摂ることを心がけましょう。

朝ごはんを食べないという人や、夜、残業で遅くなってしまった日は食事を抜いてしまうという人は、栄養不足になったり、女性ホルモンのバランスが崩れたりしやすい状況にあると考えられます。

1日3度の規則正しい食事は生活の基本です。なるべく同じ時間に3食を食べることが大切です。

育毛のためにならない食事は、高カロリーで低栄養の食事です

育毛のためになる食事を知る前に、まず、どのような食事を避けるべきなのかを知っておきましょう。

良くない食事のモデルケースには次のようなパターンが挙げられます。

朝・カフェオレ
昼・カルボナーラスパゲッティ・スープ・ミニデザート
夜・ハンバーグ・キャロットグラッセ・ブロッコリー・ライス

この食事の問題点は、朝ごはんがカフェオレのみで少なすぎるということと、脂質が高く栄養価が足りて居ないということです。

カップラーメンやハンバーガーを食べたり、お菓子で食事を済ませてしまったりはしていませんが、それでも野菜類や海藻、きのこなどが全く摂れていません。

この食事を育毛のためになる食事に変えるためには、いくつかのメニューをプラス、又、変更する必要があります。

朝・アボカドトースト・豆乳バナナジュース
昼・きのことほうれん草のスパゲティ・サラダ・スープ
夜・白身魚のソテー・蒸し野菜サラダ・ミックスビーンズ・ライス

いくつかの食べ物をチェンジして、少し量をプラスするだけで、ぐっと栄養価が高まります。

さらに気を付けるなら、大皿料理であるパスタは避ける、和食を中心にメニューを組み立てるといったことを意識するとよいでしょう。

育毛のためになる食事を簡単に摂るなら和食がおすすめです


育毛のためになる食事を簡単に実現させたいのであれば、昔ながらの和食を意識するようにしましょう。一汁三菜を意識することで、自然とバランスのよい食事がとれるようになります。

ただし、「一汁」に関しては、必ず3食食べる必要はありません。具だくさんのお味噌汁は健康的な飲み物ですが、毎食必ず食べているとどうしても塩分過多になりがちです。

汁物の代わりにソイラテを飲んだり、フルーツを食べたりするようにしましょう。

メインは焼き魚などの他、鶏ささみのシソ巻きや、豚肉の塩麹焼き、和風ローストビーフなど、肉類であっても構いません。その代わり、副菜でしっかり野菜を補うようにしましょう。

また焼き魚、高野豆腐・しらす・豆腐の味噌汁といった、あまりにもシンプルな一汁三菜だと、品目数が足りない場合もあります。そういう時は、海苔を足したり、豆腐にきのこあんをかけたりするなど、いろいろな食材を食べられる工夫をするとよいでしょう。

食事の仕方のコツも掴んでおくようにしましょう

食事は通常毎日3回するものですから、1週間で21回、1か月で約90回の食事を摂ります。90回の食事に1回30分かけたとすると、その時間は45時間にも及びます。

この時間をどのように過ごすかも、育毛のためには見逃せないポイントとなってきます。

慌てて食べない

早食いをすると、胃腸に負担がかかってしまいます。その上、満腹中枢が働くのに時間がかかってしまい、食べ過ぎにも繋がります。

朝、時間がなくて忙しい時であっても、慌てて食事を飲み込むのではなく、10分早起きをして余裕を持った食事時間を過ごせるようにしましょう。

よく噛んで食べる

30回噛んで食べなさい、というのは、顎の成長や消化を助けるために言われている合理的な言葉です。

ゆっくり噛みしめて食事を摂ることで、満足感を得やすくなりますし、栄養の吸収率も上がります。30回を厳密に数える必要はありませんが、なるべくよく噛んで食べるようにしましょう。

(まとめ)女性の育毛に役立つ食事を摂るための方法とは?

1.女性の育毛に役立つ食事のためにはまず3食きちんと食べることが大切です

必要な栄養をきちんと確保し、生活リズムを整えるためにも、毎日3度の食事を摂ることが大切です。

朝ごはんや夜ごはんを抜きがちな人は、まずは3食きちんと食事を摂ることを意識しましょう。

2.育毛のためにならない食事は、高カロリーで低栄養の食事です

一見それほど問題がなさそうに見える食事メニューであても、実は育毛によくない食事である場合があります。

なるべく品目数を多く食べるように心掛け、脂質を摂りすぎないように意識しましょう。

3.育毛のためになる食事を簡単に摂るなら和食がおすすめです

栄養バランスを意識して、育毛のためになる献立を考えるのは大変なことです。

簡単に行いたい場合は、昔ながらの和食を意識した食事がおすすめです。ただし、塩分の摂りすぎに注意して、品目数にも気を配るようにしてください。

4.食事の仕方のコツも掴んでおくようにしましょう

慌てて食べると、胃腸に負担がかかる原因となってしまいますし、満腹中枢も働きづらくなります。

忙しい時でも、きちんと時間を取って、よく噛んで食べるように心がけましょう。