仕組みの基本として、毛根とは頭皮の下の部分すべてを指すということを覚えておきましょう


「髪の毛」というのは、頭から生えている黒い毛のことです。
それでは「毛根」というのは、一体どこを指す言葉なのでしょうか。

髪の毛の根本部分、髪が生えてくる大元になっている部分を「毛根」だと認識している方が多いのではないでしょうか。

もちろんこれは間違いではありません。
しかし正確には、毛根というのは女性の頭皮の下にある部分すべてを指す言葉です。

皮膚の上に出ている部分が「毛幹」、下の隠れている部分が「毛根」なのです。

女性の毛根はさらにいくつかの働きをする部位に分けることができます

皮膚の下にある、3mmほどの組織を「毛根」と呼びます。
皮膚は外側から順に、表皮・真皮・皮下組織に分けることができますが、このうち毛根の一番根本は皮下組織にあります。

毛根の外側

毛根は、外側を毛包と毛根鞘に包まれています。
髪をムリやり抜いた時についてくることがある白い部分が毛根鞘で、これは一度失われてもまた再生します。

また毛包は生まれてから死ぬまで数が変わることはなく、加齢などによって失われてしまう心配はありません。

毛根の根本

毛根のさらに根本部分は球状になっており、毛球と呼ばれています。
この毛球の中に、髪の毛が生えるための器官があります。

毛母細胞

髪の毛が生えるために非常に重要な役割を果たす部分です。
髪の毛が生えるというのは、毛母細胞が分裂していくことで起こるのです。

毛乳頭

毛母細胞の内側にある部分で、毛母細胞に対して、「分裂をしなさい」という命令を出す部分です。

つまり毛乳頭が毛母細胞への働きかけをしなくなってしまうと、髪の毛が生えなくなってしまうということです。

メラノサイト

発毛に直接関係はありませんが、毛母細胞と同じく毛乳頭の周囲にあり、髪の毛の色を黒くする役割を担っています。

白髪が増えてしまうのは、このメラノサイトがなくなってしまうためです。

毛根の内部は血管や神経と繋がっています


通常、髪を抜いて出血することはありませんが、ムリやり引き抜くと、時には頭皮から血が出ることもあります。

髪の毛自体に血液が通っているわけではありませんが、髪の栄養や酸素は血液によって運ばれているのです。

毛根と血液

毛母細胞の分裂を促す毛乳頭は、毛細血管と繋がっています。
この毛細血管から毛乳頭が栄養や酸素を受け取り、髪の発育に役立てているのです。

つまり一見、血の通っている部位ではないように思える髪の毛も、血液がなくては栄養や酸素を得られず、生えることができないのです。

毛根と神経

髪の毛を引き抜くと、痛みがあります。
一方、途中で切っても痛いとは感じません。

これは髪の毛の中に神経は通っていないものの、毛根自体は神経線維と繋がっているからです。
髪を引き抜くと、頭皮の荒れや傷に繋がります。

これは毛根が皮膚の中にあり、ムリに引き抜くことでこうした内部組織に悪影響を与えてしまうからです。

通常の生活で毛乳頭が破壊されることはありません

髪の毛は、毛根の中の「毛乳頭」や「毛母細胞」の働きによって生えてきます。
そのためこの部分に傷がついてしまうと、髪が生えなくなる恐れがあります。

永久脱毛

髪の毛以外の体毛も、毛根の仕組みに変わりはありません。
美容外科で行われる永久脱毛は、毛根をレーザー照射で破壊することによって施術を行います。

毛乳頭を破壊すると、毛母細胞を分裂させる指令を出すことができなくなるため、永久に毛が生えることがなくなるのです。

薄毛

毛乳頭は、かなり出力の高いレーザーを使って、ようやく破壊することができるものです。

通常の生活の中で起こる薄毛の問題は、毛乳頭の破壊ではなく、血行不良などによって毛乳頭が必要な栄養や酸素を得られなかったり、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって正しい指令を出せなくなったりすることによって起こります。

ケア

毛乳頭が残っていれば、ケアをすることで髪の毛が生える可能性があります。
血行促進や生活改善によって、毛根を活性化させるようにしましょう。

(まとめ)女性の毛根の仕組みはどうなっているのでしょうか?

1.仕組みの基本として、毛根とは頭皮の下の部分すべてを指すということを覚えておきましょう

人間の髪の毛のうち、皮膚の外に生えていて目で見える部分を「毛幹」と言います。

一方、皮膚の下にあって、普段は見ることのできない、髪の毛をはやす役割を担っている部分が「毛根」です。

2.女性の毛根はさらにいくつかの働きをする部位に分けることができます

毛根とは、皮膚の下にある3mmほどの組織を指す言葉です。

毛根には、毛包・毛根鞘・毛球の各部位があり、毛球には、毛乳頭や毛母細胞・メラノサイトなどが含まれます。

3.毛根の内部は血管や神経と繋がっています

髪の毛自体に血液や神経が通っているわけではありませんが、皮膚の下の毛根は、毛細血管や神経線維と繋がっています。

髪の毛も、他の体の部位と同じように血液から栄養や酸素を得て生えているのです。

4.通常の生活で毛乳頭が破壊されることはありません

毛乳頭は、医療レーザー等の強い刺激で破壊されるもので、通常の生活の中で破壊されることはありません。

毛乳頭があれば発毛の可能性はあるため、生活習慣を見直して毛根を活性化させましょう。