女性の毛根は毛細血管から栄養を得ています


毛細血管は、人間の体のありとあらゆるところに張り巡らされています。

この細い血管を通って、栄養や酸素が運ばれていくのです。

髪の毛は切っても血が出ることはありません。

しかし、髪の毛の根元部分がある皮下組織には同じように血管が走り、毛母細胞に栄養を送っています。

つまり、女性の毛根は毛細血管から栄養を得て髪の毛を生やしているということなのです。

毛根に栄養を届けるためには血液が重要です

毛根に栄養を届けるのは、血液です。

そのため、毛根の栄養状態を改善させるためには、血液のケアが大切になります。

血行不良

血行が悪いと、栄養がすみずみまで届けられなくなってしまいます。

頭皮の血行を改善させるためには、マッサージやビタミンEを多く含む食事が効果的です。

また、首や肩なども頭皮と近い部分ですから、肩こりや首のコリ、眼精疲労などがある人も血行促進を心掛ける必要があります。

貧血

貧血というのは、血液中のヘモグロビンが減少して、血液が薄くなってしまっている状態を指します。

ヘモグロビンが運ぶのは血液の中の栄養ではなく酸素ですから、直接的に貧血が栄養不足を招くわけではありません。

しかし、酸素が足りないと栄養をうまく生かすことができなくなってしまうため、結局は栄養不足と同じ状況に陥ってしまう可能性があります。

そもそも貧血は「鉄分」という栄養の不足から起こりますから、貧血の方は鉄分を補うようにしましょう。

髪の毛に栄養を与えるためには栄養を摂取する必要があります


髪の毛に栄養を十分に届けるためには、そもそも、体の中に栄養を取り込む必要があります。

栄養のある食事をしなければ、頭皮に栄養を届けられるはずがないのです。

髪の毛というのは、生命維持にそれほど重要なものではありません。

つまり、体が栄養不足になってしまった場合、頭皮へ回す栄養は後回しにされてしまう可能性が高いと言えます。

すると、自然と抜け毛が進んでしまうことになりかねません。

ところが、「栄養満点の食事」といったときに思い浮かべるものは人によって異なるでしょう。

野菜たっぷりの食事は、ビタミンやミネラルを摂るのに適していますが、タンパク質が足りません。

反対に、肉類にはタンパク質が豊富に含まれていますが、やはりそれだけでは栄養不足です。

また、主食であるごはんやパンといった炭水化物は、体が動くためのエネルギー源として重要です。

「栄養」と一言でいっても、様々なものがあるのです。

偏った食事ではなく、満遍なくいろいろな食べ物を食べることが、栄養不足解消に役立ちます。

栄養を効果的に使えるようにしましょう

摂取した栄養を毛根がしっかり利用して、髪の毛を育てていける環境づくりをしましょう。

睡眠を摂る

人の体は、眠っている間に作られます。

睡眠時間を削ってしまうと、それだけで髪の毛の成長を阻害してしまうことになるのです。

十分な睡眠を摂るためには、睡眠時間の確保も大切ですが、眠る前の習慣も大切です。

スマートフォンやパソコン、テレビの画面を眠る直前まで見ていると、頭が覚醒してしまってスムーズに入眠することができません。

眠る前は、ストレッチをしたりリラックスできる音楽を聴いたりして、ゆっくりとした時間を過ごしましょう。

喫煙や飲酒を控える

喫煙は、せっかく摂取した栄養を壊してしまう行為です。

喫煙習慣がある人は、少しずつでも減らしていくようにしてください。

また、アルコールも栄養を効率よく使うためにはよくありません。

アルコールは栄養の吸収を阻害するだけでなく、アルコールの分解に栄養を使ったり、栄養素を排出させてしまったりするのです。

ストレス発散

ストレスによって下痢が起こったり、自律神経の働きが乱れたりすると、栄養を効率よく使えなくなってしまうことがあります。

ストレスは不眠や過食・拒食の原因にもなりますから、ストレス発散を心掛けましょう。

(まとめ)女性の毛根にはどうやって栄養が送られているの?

1.女性の毛根は毛細血管から栄養を得ています

人間の体には、ありとあらゆるところに毛細血管が張り巡らされています。

もちろん髪の毛に血液が流れているわけではありませんが、髪の根元の毛母細胞は、毛細血管から栄養を得ているのです。

2.毛根に栄養を届けるためには血液が重要です

毛根に栄養を行き届かせるためには、血行不良の改善が大切です。

首や肩のコリも頭皮の血行不良につながるため、ケアをするようにしましょう。

また、直接の原因になるものではないものの、貧血の改善も効果的です。

3.髪の毛に栄養を与えるためには栄養を摂取する必要があります

毛根が栄養をたっぷり得るためには、まず、体自体が栄養を摂取しなければいけません。

栄養というのは、ビタミンやミネラルだけではありません。

タンパク質や炭水化物も大切なものですから、いろいろなものをバランスよく食べましょう。

4.栄養を効果的に使えるようにしましょう

体に摂り入れた栄養を効果的に使えるよう、睡眠やストレス解消を心掛けましょう。

また、喫煙や飲酒は栄養を壊したり、吸収を阻害したりする原因となりますから、控えるようにしてください。