妊娠初期に髪のパサつきを感じることがあります


妊娠してから、今までに感じたことのない髪のパサつきが気になりだすのは、妊娠初期に起こりがちなホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。

妊娠初期は、2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量が多くなります。

妊娠していないときは、両方のホルモンが同時に増え続けることはなく、一方のホルモンが増えれば、もう一方が減少していたりして全体の周期としてバランスをとっていました。

しかし、妊娠すると、どちらのホルモンも増えるのでバランスが崩れやすいのです。

髪の成長を促進し、髪質を整える役割がある女性ホルモンのバランスが崩れると、パサつきやうねりといった毛髪トラブルにつながります。

ホルモンの影響以外にも髪質が変化する理由があります

妊娠初期は、ホルモンバランス以外にも髪質が変わりやすい要因があります。

つわりによる栄養不足、不眠、疲れ、ストレス

つわりがきつい妊娠初期は、まともな食事がとれない、食べられるものが限定されるといったことから、栄養が不足しがちになります。

また、つわりのせいで、よく眠れない、疲れがとれないといったストレスにさらされることも。

その影響で、肌や髪のコンディションが悪くなることがあります。

血行不良

妊娠初期は、運動を控える、つわりで外出できないといったことが重なり、血行不良になりやすい時期です。

すると、頭皮へ栄養が行き渡らず、髪の毛のツヤがなくなったり、切れ毛が増えたりすることがあるのです。

不十分なヘアケア

つわりなどで疲れが溜まっていると、ついつい自分のケアは後回しになりがち。

ヘアケアも十分にできないので、髪のダメージが進行し、パサつきを悪化させます。

規則正しい生活とストレス対策を心がけて


妊娠初期は、ただでさえホルモンバランスが不安定な状態です。

そのため、体の負担を減らすためにも、規則正しい生活をすることが大切です。

しっかり休養をとり、疲れを癒やしてください。

また、つわりがおさまってきたら、徐々に食生活を整えていきましょう。

赤ちゃんの成長にたくさんの栄養が必要になるので、栄養が足りていないと、徐々に、肌や髪に回るはずの栄養は不足してしまいます。

もちろん食べ過ぎは避けなければなりませんが、栄養バランスを考えた食生活に、緩やかに切り替えていきましょう。

そして、もう1つ大切なのは、ストレスをなるべく減らすということです。

妊娠すると、髪質だけでなく、さまざまな体の変化に戸惑い、さらにお産に対する不安もあることでしょう。

そんな不安な状態は、体にストレスという形で負担をかけてしまいます。

ストレスは髪の毛にも影響を与えてしまうので、できるだけ減らすのが理想的です。

自分なりのストレス発散方法を見つけ、自分の体を労るようにしてください。

ムリはしない! 今できるヘアケアで乗り越えましょう

髪のパサつきは、安定期に入れば徐々に落ち着いてくることが多いのであまり心配しすぎる必要はありません。

とはいえ、パサパサの髪では外出するのも億劫になってしまいますので、今できる対策で乗り越えましょう。

ここで大切なのは、ムリしないことです。

妊娠初期は、肌質も変化して敏感になっています。

過度なヘアケアは、かえって頭皮環境を悪化させてしまいかねません。

そこでオススメなのが、トリートメントです。

アウトバストリートメントであれば、つけるのは髪の毛先のみですし、頭皮に直接触れにくいので、敏感になった頭皮に負担をかけません。

ただし、臭いに敏感になっている場合もありますので、香りのきついものは避けたほうがよいでしょう。

そして、普段のヘアケアは、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使い、保湿力の高いシャンプーを選ぶのがオススメです。

また、お風呂で使うトリートメントも、頭皮にもつけられるタイプのものを選べば、頭皮と髪の保湿両方を一度にできます。

体に負担をかけないように気をつけながら、ヘアケアをしてみてください。

そして、少しでも楽しい妊婦生活を送ってくださいね。

(まとめ)妊娠すると髪のパサつきがひどくなるの?

1. 妊娠初期に髪のパサつきを感じることがあります

妊娠すると、女性ホルモンの分泌量が増加し、これまでのホルモンバランスとは違うものに変わります。

そのため、特に妊娠初期はホルモンの乱れが生じる可能性があるため、髪のパサつきやうねりなどの毛髪トラブルが起こることがあるのです。

2. ホルモンの影響以外にも髪質が変化する理由があります

妊娠初期に髪質が変わってしまう要因は、ホルモンバランスの変化だけではありません。

つわりによる栄養不足や不眠、疲れ、ストレス、血行不良や不十分なヘアケアなどが原因となり髪がパサつきやすくなってしまうのです。

3. 規則正しい生活とストレス対策を心がけて

体に負担をかけないように、規則正しい生活を意識するようにしましょう。

つわりが落ち着いたら、食生活にも気を配ると効果的です。

また、不安やストレスを溜めないようにすることも、ホルモンバランスを整えるのに効果が期待できます。

4. ムリはしない! 今できるヘアケアで乗り越えましょう

妊娠による髪のパサつきは、一時的なことも多いので、気にしすぎないようにしましょう。

パサつきが気になる場合は、トリートメントを使用するなど、ヘアケアを工夫することが大切です。

体に負担にならないように気をつけながら、できる範囲でヘアケアしましょう。