「最近髪にハリやコシがなくなってきた…」とお悩みの方も多いのでは。ハリやコシがなくなってしまうのには、主に生活習慣に原因があります。今回は髪のハリやコシがなくなる原因や、その改善方法、ハリコシに良い食べ物やシャンプーについて紹介します。

髪にハリやコシがない原因

髪のハリやコシが失われる原因には、以下のようなものが考えられます。

・女性ホルモンの減少
・食生活
・ストレスや睡眠不足、喫煙などの生活習慣
女性ホルモンの減少

髪は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの影響を大きく受けています。エストロゲンは女性らしい身体づくりに関わるホルモンで、減少することで髪のハリやコシがなくなってしまいます。

年齢を重ね、40代に差し掛かると女性ホルモンの分泌量が減少すると言われていますが、加齢だけでなく、無理なダイエットによる栄養不足も女性ホルモンの減少や、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

≫女性ホルモンは
薄毛にも影響があった…?≪

食生活

偏った食生活による栄養不足も、ハリコシが失われる大きな原因です。髪の成長や、ハリコシを保つためには、十分な栄養が不可欠なのです。

脂っこい物や偏った食生活は皮脂を大量に分泌させる原因となり、結果的に、頭皮環境が悪化。健康的な髪の毛が育たなくなってしまいます。

さらに、アルコールを分解するために、髪の健康に必要な栄養素であるアミノ酸の一種が使われてしまうことから、過度の飲酒にも注意が必要です。

睡眠不足やストレス、喫煙などの生活習慣

健康な髪を保つためには、頭皮の血行が大きなカギ。頭皮に必要な栄養分を運んでくれるのは、血液です。この血液の流れが悪くなることで、髪のハリやコシがなくなってしまいます。

主にストレスや睡眠不足、喫煙が血行を悪化させてしまう原因です。このような生活習慣は、自律神経のバランスを崩したり筋肉の緊張を引き起こしたりすることで、血流を悪くしますから注意しましょう。

ハリやコシを保つ!市販のシャンプー・トリートメント・ヘアケア用品

髪のハリやコシを保つためには、頭皮環境を清潔に保ち、かつ髪に必要な栄養を与えることが必要です。ここでは、髪のハリやコシを保つのに効果的なシャンプーやトリートメント、ヘアケア用品について紹介いたします。

スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム[医薬部外品]

頭皮と髪をケアしながら、ボリュームを出してくれるタイプのシャンプーです。アミノ酸系活性剤を使用し、肌のうるおいを守りながら、しっかりと頭皮の皮脂や汚れを取り除きます。
また、女性の頭皮に合わせたうるおい成分であるソイセラム、カッコンエキスやコラーゲンを配合。頭皮の環境が整うことで、ハリコシのしっかりした髪を育てることが期待できますね!

スカルプD ボーテ 薬用トリートメントパック ボリューム[医薬部外品]

髪だけでなく、頭皮もケアするトリートメント。

一般的にトリートメントというと、髪にアプローチするものですが、このトリートメントは違います。頭皮に揉み込みマッサージすることで血行を促進。さらに保湿ベールで頭皮のうるおいを閉じ込め、しっとりとした頭皮に導きます。

ボリュームタイプは天然植物オイルが配合されていますから、頭皮と髪の両方にうるおいを与えます。髪のハリコシが気になる場合は、頭皮ケアもできるこのトリートメントを使用するのがおすすめです。

スカルプD ボーテ 薬用スパエッセンス[医薬部外品]

炭酸スプレーで簡単に育毛ケアができるスパエッセンス。
グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール、タマサキツヅラフジアルカロイドの3種類の育毛有効成分で、抜け毛予防はもちろん、発毛も促し、ハリコシのある髪を育みます。

ご紹介した上記シャンプー、トリートメントと併用することで、スムーズにこれらの有効成分が頭皮に浸透するため、大きな効果が期待できますよ。

髪のハリやコシを保つのに効果的な食べ物

髪のハリやコシには、毎日摂取する栄養素が大きく影響しています。髪に重要な栄養素の、代表的なものは下記3つが挙げられます。それぞれ詳しくみていきましょう。

タンパク質
亜鉛
ビタミンB群
タンパク質

髪に必要な栄養素の代表的なものがタンパク質です。

髪の毛の主な成分はケラチンという物質でできています。このケラチンは髪の毛だけではなく、爪や角質を作っている成分です。実はこのケラチン、アミノ酸結合で作られているたんぱく質なのです。

そのため、健康的な髪の毛を作るには良質なたんぱく質を摂取することが大切です。

タンパク質を含む食材

・大豆製品 
・牛乳やチーズなどの乳製品
・白身魚
・鶏肉
・卵
亜鉛

亜鉛にはケラチンを合成する機能があります。亜鉛が不足すると毛髪が育たなくなってしまうだけでなく、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

ただし、亜鉛は摂り過ぎも注意が必要です。不足していると思い、サプリメントで大量にとることは避け、適切な量を心がけましょう。

亜鉛を含む食材

・牡蠣
・牛のもも肉
・レバー
・アーモンド・ピーナッツなどのナッツ類
・うなぎ
ビタミンB群

ビタミンB群は育毛効果を持っている栄養素です。

頭皮の血行を良くし、発毛のカギとなる毛母細胞の働きを活性化、さらに毛細血管を太くする役割などがあります。

ビタミンB群を含む食材

・レバー(牛・豚・鶏)
・牛乳
・卵
・海苔
・ワカメ
・納豆
Point
女性ホルモンを整える観点で言うと、大豆食品も効果的です。エストロゲンとよく似た働きをする成分に「エクオール」というものがあります。
「エクオール」は大豆食品に含まれる大豆イソフラボンの一種が、腸内細菌の力で変化することでつくられます。

納豆や湯豆腐、冷奴など、大豆食品は和食ではお馴染みですよね。
また、味噌も大豆食品。お味噌汁に豆腐を入れるとたくさん摂れるので、毎晩の食卓に加えてみてはいかがでしょう。

髪のハリやコシを取り戻す頭皮ケア

ヘアケア方法を改善することで、ハリコシを取り戻すことができます。

ヘアケア商品の選び方

必要な皮脂まで落としてしまう洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に悪い影響を与えてしまい、ハリコシのある髪を育てにくくなってしまいます。

髪に刺激の少ない、アミノ酸系シャンプーやコンディショナーを使用するのがおすすめ。
また、毛根に栄養を補給して活性化させる育毛剤を使用することや、育毛外来で治療を受けることも効果的でしょう。

洗髪時のケア

まずは、予洗いをしっかり行います。
シャンプーは十分にすすぎ、生え際など洗い残しのないよう気を付けましょう。
洗髪後はタオルドライし、すぐにドライヤーで乾かします。
髪を乾かさず放置するのはNGです。
キューティクルは熱に弱いので、ドライヤーは髪から20cm以上離し、1箇所に長時間あてないようにしましょう。

頭皮マッサージ
1.指は人差し指・中指・薬指の3本を使い、指の腹を使って刺激するようにします。
2.側頭部から頭頂部を、頭皮を動かすようにマッサージします。
3.頭のてっぺんにあるツボ「百会(ひゃくえ)」を、中指で押しましょう。
4.おでこの生え際に指をあて、上下に動かし、生え際に沿って耳の手前までマッサージします。
5.最後に頭皮全体を指先で叩くように刺激します。

マッサージを始める前に、指を擦り合わせて少し温めておくとよいでしょう。
間違った方法で行うと、頭皮を傷つけしまう恐れがあります。必ず正しい方法で行うようにしましょう。

髪のハリやコシは食生活やヘアケアで改善できる!

今回は髪のハリやコシがない原因や、改善するための食べ物、ヘアケアについて紹介しました。

髪のハリやコシがない原因には、女性ホルモンの減少の他に、食生活や睡眠不足などの生活習慣があります。食生活や生活習慣は改善しやすいので、意識することで髪のハリやコシを取り戻すことができますよ。

また、日々できる頭皮ケアで改善を図ることも可能です。今回紹介したものは気軽にできるものが多くあります。ぜひ実践してみましょう!