髪のボリュームが減るのは女性ホルモンの減少や崩れるのが原因です。


髪の毛のボリュームが減る原因の一つとしては、女性ホルモンの減少などが関係していると言われています。

特に更年期となれば女性ホルモンが減るため、男性ホルモンが優位になることも考えられます。

男性ホルモンの影響が強くなることで、髪の毛にも悪影響が出てしまうのです。

女性ホルモンの乱れは、不規則な生活や食生活、ストレスなどでも引き起こされるので若い人でも注意が必要でしょう。

女性ホルモンの減少が大きく関係しています

女性の場合、髪の毛のボリュームが少なくなる原因の一つに女性ホルモンの減少が考えられています。

女性ホルモンの分泌が減ることでホルモンバランスが崩れ、薄毛や抜け毛につながり髪の毛のボリュームが減ると考えられているのです。

また、女性ホルモンは毛根細胞の発毛促進シグナルを増加させると言われていますが、分泌が減ることで大きな影響を受けます。

さらに、女性にも男性ホルモンが分泌されているという部分も無視できません。

更年期などに入り女性ホルモンが減ると、相対的に男性ホルモンが多い状態になります。

若い頃は女性ホルモンがたくさん分泌されているのでそこまで大きな影響はないかもしれませんが、加齢で女性ホルモンと男性ホルモンバランスが崩れると話が変わります。

男性ホルモンの影響が強くなり毛量が減ると考えられているのです。

毛量については個人差があると言っても、極端にホルモンバランスの乱れによる影響が出れば、髪のボリュームが一気に減ることにつながるでしょう。

注意しないといけないのは若い人でもホルモンバランスは乱れるということです。

加齢だけではなく年齢が若くてもさまざまな原因で、ホルモンバランスは崩れるので油断しないようにしましょう。

過剰なダイエットや血流の悪さがホルモンバランスの乱れにつながります


加齢によるホルモンバランスの乱れの影響をなるべく少なくするためには意識しなければならないことがいくつかあります。

たとえば、年齢が若くてもホルモンバランスが崩れる原因の一つになるのが、ダイエットと言われています。

特に絶食のような過剰なダイエットは、ホルモンバランスを崩す原因の一つとして考えられているのです。

また、頭皮を正常な状態に保つためにはスムーズな血流も必要です。

長期間の絶食やある一定の栄養分しか摂取しない偏った状態だと、栄養バランスが崩れることにつながります。

その結果、頭皮に影響が出てヘアサイクルが乱れたり、髪の毛が成長するだけの十分な栄養が届かなかったりすることにもつながるので、気をつけましょう。

ほかには喫煙も女性ホルモンの代謝を阻害されると言われています。

このように髪のボリュームを減らす女性ホルモンの乱れにつながる原因は複数あるので意識して対策をしなければならないでしょう。

牽引性脱毛症などにも注意しましょう

ホルモンバランスの乱れ以外にも、髪の毛のボリュームが減る原因はたくさんあります。

たとえば、牽引性脱毛症という症状には注意が必要です。

長期間、髪の毛をポニーテールにして一本にきつく結んだり、まったく同じ分け目を繰り返したりすることで髪の毛への負担が大きくなり、結果的に薄毛や抜け毛につながると考えられています。

また、シャンプーでのヘアケアについても注意が必要でしょう。

必要な皮脂まで洗い流すような洗浄力の強いシャンプーは頭皮が乾燥する要因の一つになるからです。

髪を乾かそうとしてドライヤーをずっと当て続けると、乾燥だけではなく、髪の毛を傷める原因の一つにもなります。

長期間、エクステをすることで頭皮への負担が大きくなることも考えられるでしょう。

また、女性のおしゃれではパーマやヘアカラーも一般的ですが、頭皮の健康という観点から見ると良くないと言われています。

このように、髪の毛が細く薄くなる原因は複数のものが考えられるのです。

対策として、薄くなったと感じたら女性ホルモンと働きが似ていると考えられているイソフラボンが含まれた育毛剤を利用するのも一つの方法でしょう。

しかしホルモンバランスだけ気をつけるのではなく、規則正しい生活や栄養バランスの取れた食生活を心がけ、総合的なヘアケアをすることが髪のボリュームを保つコツと言えるでしょう。

(まとめ)髪のボリュームが減る原因とは?

1.髪のボリュームが減るのは女性ホルモンの減少や崩れることが原因です。

髪のボリュームが減るのは、女性ホルモンが減ることが考えられているのです。

女性ホルモンは人間の発毛システムに大きな影響を与えます。

それが減るのですから、影響を受けて毛量が少なくなるのも必然と言えるでしょう。

2.女性ホルモンの減少が大きく関係しています

女性ホルモンは毛根細胞に働きかけて、発毛を促すと考えられています。

しかし更年期などに入れば女性ホルモンが減少することで、毛量にも大きな悪影響を与えるのです。

ただ、若年層でもホルモンバランスが乱れることもあるので注意が必要でしょう。

3.過剰なダイエットや血流の悪さがホルモンバランスの乱れにつながります

ホルモンバランスを整えるには、過度なダイエットは控えるようにしましょう。

頭皮にスムーズな血流を送るため、十分な栄養を確保することが大切です。

また、タバコも女性ホルモンの代謝を邪魔するので、禁煙も意識しましょう。

4.牽引性脱毛症などにも注意しましょう

ホルモンバランスの乱れ以外にも、牽引性脱毛症によるものや間違ったヘアケアが原因という場合もあります。

このような症状に注意して、育毛剤などを利用し頭皮に栄養を与えるのも大切と言えるでしょう。

また規則正しい生活も心がける必要があります。