細い髪ですぐに抜けるならヘアサイクルを整えることが大切です


ヘアサイクルが乱れると髪の毛が成長しきれず細いままで抜けることにつながります。

また、そのサイクルが短くなるため、生えてくる髪の毛も弱々しいものになりがちです。

ヘアサイクルが乱れる原因の一つとして、加齢が考えられます。

加齢によりエストロゲンが減少することで、髪の成長や抜け毛にも大きく影響を与えると言われているのです。

対策のためには、ホルモンバランスを整え、規則正しい生活をし、頭皮に適切なシャンプーを使うことを心がけましょう。

ヘアサイクルが乱れている可能性が考えられます

髪が細くなるのは、ホルモンバランスの乱れやストレスによりヘアサイクルに影響が出たことが考えられます。

正常なヘアサイクルの場合、髪の毛が成長する期間は4~6年間あると言われています。

その期間の中で太く丈夫な髪の毛ができるのですが、ヘアサイクルが乱れると健康的な髪の毛が作られないと言われているのです。

そのため細い髪の毛になり、すぐ抜ける状態になると言われています。

また、髪の毛の成長で特に必要とされるのはエストロゲンという女性ホルモンと考えられています。

エストロゲンは髪の毛の成長を促進し、成長する期間などを維持すると言われています。

しかし30才半ばを過ぎるとエストロゲンの分泌量は減少すると考えられているのです。

そのため髪の毛にも影響が出て薄毛になると言われているのです。

ただ若年層でも細い髪の毛が抜ける状態の女性もいます。

この場合、不規則な生活や食生活の問題やストレスでホルモンバランスが乱れている可能性も考えられるでしょう。

また、使用しているシャンプーが自分の頭皮環境に合っていない場合も、抜け毛が増える原因の一つになるので注意が必要です。

規則正しい生活や食生活に気をつけましょう


髪が細くなり弱くならないようにするには生活習慣を見直すことが大切です。

特に影響が大きいのは睡眠不足や、偏った食生活にあるでしょう。

髪の毛や頭皮にも血液が流れており、毛髪はそこから栄養分を吸収し成長します。

しかしその栄養分が十分でなければ髪の毛の成長につながらないと考えられます。

そもそも栄養素は生命活動に必要な所へ優先的に届けられており、髪の毛にはあまり行かないと言われているのも無視できません。

そのため食生活が乱れたり、栄養バランスが偏っていたりするなら栄養不足となり血流も悪くなると言われているのです。

特に栄養不足となるのは過剰なダイエットと考えられています。

食べないダイエットは、頭皮だけではなく体にも悪影響を与えてしまうでしょう。

また睡眠不足となれば、成長ホルモンが分泌されないと言われています。

これは、ケラチンという髪の主成分となるタンパク質が、成長ホルモンによって十分に合成されなくなることが考えられるからです。

そうなれば健康的な髪の毛を作るのは難しいと言えるでしょう。

細長い髪になった時に抜けるのを止めたいなら、規則正しい生活と食生活を心がけることが大切なのはこのような理由が考えられているからです。

アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使用しましょう

規則正しい生活や食生活をしていても、ヘアケアが間違っていては十分な結果は出ないでしょう。

高級アルコールシャンプーや石油系界面活性剤が含まれたシャンプーは、汚れを落とす大きなメリットはありますが、頭皮環境に必要な成分まで取り除く可能性があるので注意しましょう。

特に頭皮が乾燥しやすい人は必要な皮脂まで洗い皮膚バリアが低下して頭皮環境の悪化を招くとも言われています。

そのためアミノ酸系や、女性ホルモンの代わりとなるイソフラボンが含まれているようなシャンプーを使用するのが無難でしょう。

アミノ酸系などは髪の毛を構成する成分ですから頭皮に優しいと言われています。

また、髪の毛に残らないようきちんとすすぎドライヤーで早めに乾かすことも大切です。

女性ホルモンが不足したように感じられたら、育毛剤を使用するのも良いでしょう。

頭皮に栄養分を届けることで、健康的な髪の成長をサポートとなります。

髪を洗う際も、育毛剤を使用する時も、指圧マッサージなどを取り入れることで血流も良くなり、丈夫な髪の毛を作る対策となるでしょう。

(まとめ)細い髪が抜ける状態を対策するには?

1.細い髪ですぐに抜けるならヘアサイクルを整えることが大切です

細い髪の毛は弱くすぐに抜けるのですが、根本原因の一つとしてヘアサイクルの乱れが考えられます。

規則正しい生活をし、頭皮環境に良いシャンプーを使いヘアケアをし、ホルモンバランスを整えましょう。

2.ヘアサイクルが乱れている可能性が考えられます

ヘアサイクルが乱れると、どうしても細い髪の毛になり抜けることも多くなります。

女性ホルモンが減少したり乱れたりすることで、ヘアサイクルが崩れると言われているのです。

その点を意識して対策をする必要があるでしょう。

3.規則正しい生活や食生活に気をつけましょう

睡眠不足や偏った食生活により、頭皮への血流も悪くなるため、細い髪の毛になりやすくなると言われています。

過剰なダイエットを控え、成長ホルモンが出るようにきちんと睡眠をすることが肝心でしょう。

4.アミノ酸系の頭皮に優しいシャンプーを使用しましょう

ヘアケアについても気を遣う必要があります。

高級アルコール系や、石油系界面活性剤が使用されたシャンプーは頭皮に必要な成分も洗い流す可能性があるので注意しましょう。

アミノ酸系シャンプーや育毛剤を使い、頭皮をいたわることが対策となります。