細い髪の毛にならないためには規則正しい生活と適切なヘアケアが対策です


ヘアサイクルが乱れると細い髪の毛になりやすいです。

特に女性の場合は女性ホルモンの減少により、ヘアサイクルの乱れにつながりやすいと考えられています。

そのためヘアサイクルが乱れないよう規則正しい生活を送ることが肝心です。

たとえば、ストレスや栄養不足はもちろんホルモン分泌に悪影響ができない生活を心がけることが重要でしょう。

また、アミノ酸系シャンプーなどを使用し、適切なヘアケアをすることも対策になります。

ヘアサイクルが乱れないように心がけましょう

髪が細い人はどんな対策をすれば良いのでしょうか。

一般的に髪の太さは普通の人で0.08~0.10ミリと考えられており、太い髪になると0.11~0.25ミリほどだと言われています。

一方、細い髪と言われるようになるのは0.05~0.09ミリほどだと言います。

男性の髪の毛は比較的太い場合が多く、女性は普通の太さの方が多いというのが一般的です。

そんな髪の毛は、1日平均で100本ほど抜けていると考えられているのですが、通常は新しく生えて来るので毛量が極端に減るということはほとんどないと言われています。

しかし、髪の毛だけでなく頭皮にまでトラブルが生じれば段々と細く薄くなると考えられているのです。

では、どのようなトラブルによって髪の毛は細くなり弱くなってしまうのでしょうか。

原因の一つとして考えられているのがヘアサイクルの乱れです。

ヘアサイクルを乱す原因には複数のものが考えられますが、その筆頭とも言えるのが加齢によるものでしょう。

特に女性は年齢が高くなると女性ホルモンの分泌が急激に減少することが知られています。

その影響がヘアサイクルの乱れに関連すると考えられているのです。

ただ、ホルモン関係だけではなくストレスや栄養不足などもヘアサイクルに悪影響を与えると言われています。

成長サイクルが乱れると十分成長しないまま髪の毛が抜け落ちることにもつながります。

そのような状態が続くことで徐々に髪の毛全体が細くなるというわけです。

規則正しい生活が健康的な髪や頭皮環境を維持します


髪が細くて悩んでいるなら、ホルモンの分泌に悪影響が出るようなことは止めた方が良いでしょう。

基本的なことは規則正しい生活です。

食生活や睡眠もすべて含めて気をつける必要があるでしょう。

特に注意したいのは、睡眠不足や食生活の乱れと言われています。

まず睡眠不足と成長ホルモンの関係が髪の毛にとっても重要だからです。

成長ホルモンは髪の毛以外にも身体の回復に必要とされるホルモンと考えられています。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されると考えられているため、睡眠不足となれば分泌量が少なくなると言われているのです。

また睡眠不足となればストレスにもつながるため自律神経に悪影響をもたらす可能性は否定できません。

食生活についても脂の多い食べ物ばかり食べるといった暴飲暴食を続けていると、皮脂の過剰分泌が起きて薄毛につながると言われています。

そもそも偏った栄養バランスでは、髪の毛を作ったり成長させたりする栄養分が不足するので細長い髪の毛となる原因の一つになると言われているのです。

健康的でしなやかな髪の毛を作るためにも、規則正しい生活を心がけましょう。

刺激の少ないシャンプーで頭皮を洗いましょう

細長い髪の毛が多くなっていても挽回のチャンスはあります。

規則正しい生活を心がけるのは基本ですがほかにもヘアケアに配慮をする必要があるでしょう。

髪の毛を太くするには、頭皮の健康状態を良好に保つ必要があります。

たとえば、シャンプーだと、頭皮への刺激が少なくて適度に皮脂を洗い流すことができるアミノ酸系がおすすめです。

皮脂はフケなどのトラブルにもつながる常在菌が増加しまう原因の一つにもなり、衛生面という観点からも問題があると言えるでしょう。

しかし少なすぎると、うるおいが足りなくなり頭皮環境の悪化をもたらします。

そのため刺激の弱いシャンプーを使用し、皮脂を洗い流しすぎないような頭皮の洗い方が大切になるのです。

しかしアミノ酸系シャンプーを使用しても、激しく洗ったりお湯の温度が40度以上になると皮脂を洗い流しすぎたり頭皮を傷つける可能性が出て来ます。

そのことも踏まえ、長期間、適切なケアを粘り強く続けていきましょう。

そうすることで良好な頭皮環境を保つことにつながるのです。

(まとめ)弱くて細い髪の毛にならないための対策はあるの?

1.細い髪の毛にならないためには規則正しい生活と適切なヘアケアが対策です

髪の毛が細くなるのは、女性ホルモンの減少や乱れが大きく関係します。

そのため女性ホルモンに悪影響が出ないような、規則正しい生活などが対策になるでしょう。

また、適切に頭皮のケアをすることも大切です。

2.ヘアサイクルが乱れないように心がけましょう

細い髪の毛になる原因の一つはヘアサイクルの乱れと考えられます。

しかしその乱れを引き起こすのが女性ホルモンの減少などです。

またストレスや頭皮への栄養不足も頭皮に悪影響を与えます。

3.規則正しい生活が健康的な髪や頭皮環境を維持します

女性ホルモンの分泌が乱れないような生活を心がけることで対策となります。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌も不足し、ストレスも溜まるでしょう。

栄養バランスも悪ければ髪の毛に大きな悪影響を与えるのです。

4.刺激の少ないシャンプーで頭皮を洗いましょう

毎日のヘアケアについても注意しましょう。

特に洗浄力が強すぎるシャンプーを使用するのではなく、アミノ酸系のシャンプーを使用するのがポイントです。

粘り強くケアをすることで改善が期待できるでしょう。