遺伝も要因ですが、加齢や生活習慣なども関係しています


「生まれつき髪の毛が細い」、「体質で髪が少ない」という方がいますが、本当に髪の質や量が遺伝するのでしょうか。

そのカギとなるのが男性ホルモンの「テストステロン」です。

テストステロンとは、男性らしい体をつくり、骨や筋肉などを強化する働きがあるホルモンです。

ちなみに、テストステロンは女性にも微量に存在しています。

さて、このテストステロンは「5αリダクターゼ」という酵素の影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

このDHTは、テストステロンよりも強いパワー持ち、髪を作り出す毛母細胞にダメージを与える働きがあります。

「5αリダクターゼ」が強い人は、DHTも多くなり、髪の成長を抑制され、髪の毛が細くなります。

また、テストステロンに対する反応が弱い人は、薄毛になりにくいともいえます。

そして、この「5αリダクターゼの量や強さ」や「男性ホルモンに対してどのくらい敏感なのか」を左右しているのが、「遺伝」なのです。

しかし、髪の質や量は、遺伝だけが要因ではありません。

加齢、ホルモンバランス、生活習慣、シャンプーの方法など複数の要因がからみあって起きているのです。

とくに、暴飲暴食、睡眠不足、ストレス、無理なダイエットなど健康を害するような生活習慣は、結果として髪の健康を損ねることにつながります。

まずは、生活習慣やシャンプーの方法など身近なところから改善して髪を元気にしていきましょう。

髪の毛が細い人はシャンプーに注意して抜け毛対策しましょう

髪の毛が細い場合でも、しっかり生えている限り問題ありません。

問題は、シャンプーの方法です。

はじめに、髪の毛が細い場合をイメージしてみてください。

大きな毛穴から、新しい細くて短い毛が複数本、生えてきます。

もし、力を入れてシャンプーするとどうなるでしょうか。

髪の毛同士が擦れたり、指で引っ張られたり、髪が抜けやすくなります。

しかしその逆に、髪の毛が抜けるのを恐れて、しっかりシャンプーできないというのも悪影響を及ぼします。

シャンプーをしないでいると、頭皮に汚れがたまり、髪の毛が抜けやすくなります。

髪の毛が細い方は、太い方に比べて抜けやすい傾向にありますが、それでも、正しいシャンプーをすることが大切です。

正しいシャンプーの基本
  • 回数は1日1回程度
  • ゴシゴシ洗いは禁止
  • 指の腹ではなく、指の頭で頭皮を意識して洗う

加齢によって髪の毛が細くなることがあります


あなたは「前より髪が少なくなった」と感じることはありませんか。

中年を過ぎる頃から、髪のボリュームを気にするようになりますが、実は、髪の数は減っていません。

ほとんどの場合、毛穴の数は生まれたときと同じだからです。

髪が少ないと感じるのは、1本1本の髪の毛が細くなったためです。

これは、いわゆる「老化現象」です。

誰にも避けることができません。

髪は、毛母細胞が分裂を繰り返すことで伸びています。

しかし、加齢とともに新陳代謝が悪くなります。

そうして、細胞の活動も低下し、髪の成長を妨げるのです。

とくに女性の場合、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが関係しています。

エストロゲンは女性らしさをつくるホルモンですが、加齢とともに分泌が減ります。

すると、髪のハリやコシがなくなり、髪が少ないと感じるのです。

加齢による髪の変化は、止めることが難しいため、できるだけ生活習慣を整えるようにしましょう。

頭皮が硬い、つっぱりがある方は要注意です

「髪が少ない」「脱毛が心配」という方は、頭皮をセルフチェックしてみましょう。

まずは、頭皮の弾力を確認します。

頭頂部の真ん中から左右の頭皮に、人差し指から小指までで、頭を包み込むように両手の指先をつけます。

そして、真ん中に向かって頭皮を動かしてみましょう。

頭皮が、ある程度動き弾力がある方は問題ありません。

一方、硬い部分やツッパリ感がある場合は、要注意です。

硬い部分は、血行が悪く、紫外線や乾燥によるダメージを受けていることがあります。

次は、頭皮の色を確認します。

生え際やつむじなど、外から見えやすい頭皮は何色でしょうか。

白い色の方は問題ありません。

一方、褐色の場合は要注意です。

要注意の方は、頭皮マッサージやストレッチをして、血のめぐりを良くしましょう。

(まとめ)生まれつき髪が細い&少ないのですが遺伝によるものですか?

1. 遺伝も要因ですが、加齢や生活習慣なども関係しています

遺伝によって、髪にダメージを与える酵素や男性ホルモンに対する感度が決まります。

そのため、髪の細さや少なさは、遺伝によるものといえますが、加齢、ホルモンバランス、生活習慣、シャンプー方法など複数の要因も関係しています。

2. 髪の毛が細い人はシャンプーに注意して抜け毛対策しましょう

細い髪の毛は、指で擦れたり引っ張ったりすると抜けやすいためシャンプーは注意しましょう。

しかし、髪の毛が抜けるのを恐れて、シャンプーできないというのも悪影響を及ぼします。

シャンプーは1日1回、洗うときは指の腹ではなく、指の頭を使って、頭皮を意識して洗いましょう。

3. 加齢によって髪の毛が細くなることがあります

髪は、毛母細胞が分裂を繰り返すことで伸びています。

しかし、加齢とともに新陳代謝が悪くなり、細胞の活動も低下して髪の毛が細くなるのです。

加齢による髪の変化は止めることが難しいため、できるだけ生活習慣を整えるようにしましょう。

4. 頭皮が硬い、つっぱりがある方は要注意です

頭皮をセルフチェックして、硬い部分やツッパリ感がある場合は、要注意です。

硬い部分は、血行が悪く、紫外線や乾燥によるダメージを受けていることがあります。

頭皮をマッサージしたりストレッチで全身を動かしたり、血流を良くしましょう。