細い髪には性ホルモンが影響している可能性があります


髪が細くなる原因のひとつとして、髪の成長が上手くいっていないことが考えられます。

髪の毛が生えて抜けるまでの周期をヘアサイクルと呼びますが、女性の場合は通常4~6年とされています。

このヘアサイクルを乱す原因にはさまざまなものがありますが、その中のひとつとして性ホルモンが挙げられます。

性ホルモンには、女性ホルモンと男性ホルモンがあり、女性も男性もその両方を持っています。

性ホルモンはそれぞれに髪への影響があるといわれ、女性ホルモンは髪の成長を助ける働きが、男性ホルモンには髪の成長を妨げる働きがあるといわれています。

性ホルモンの分泌が乱れる理由として、女性の場合には加齢が大きく影響しますが、それに加えて生活習慣も関係しています。

つまり、生活習慣の見直しによって性ホルモンの分泌を整え、細毛を改善できる可能性があるということができます。

細い髪はヘアサイクルの乱れが原因のひとつです

近頃、細い毛が増えたような気がするという方は、注意が必要かもしれません。

髪が細くなるのは、髪の健康的な成長に何か問題があると教えてくれていると考えてよいでしょう。

女性の場合、髪の生まれ変わりのサイクル(ヘアサイクル)は4~6年といわれています。

ヘアサイクルは、成長期と退行期、休止期の3つに分かれます。

成長期は、髪が生え始めてから伸びる間、退行期は髪の成長が止まり抜けるまで、休止期は髪が抜けてから次の髪が生えるまでの準備期間をさします。

このヘアサイクルが何らかの原因で乱れると髪の成長が妨げられ、細くてハリやツヤ、コシのない髪になってしまいます。

そして、ヘアサイクルが乱れる原因のひとつとして性ホルモンが影響しているといわれています。

女性ホルモンには髪の成長を促す働きがあります


性ホルモンには、女性ホルモンと男性ホルモンがあり、両性が両方とも持っています。

違いはその分泌量です。

女性には、もちろん女性ホルモンが分泌されますが、男性ホルモンも分泌されていることも覚えておきましょう。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、エストロゲンは女性らしい体作りを、プロゲステロンは妊娠の維持継続を支える働きがあります。

髪への働きがあるのはエストロゲンで、髪の成長を促す、髪の成長期間を維持するなどしています。

女性の場合、女性ホルモンの分泌量は20~40歳ごろが高く、20~30代でピークを迎えます。

40代半ばごろから生理周期が不定期になってくると、閉経に向けて分泌量が急速に減少していきます。

男性ホルモンには髪の成長を妨げる働きがあります

男性ホルモンの中でもテストステロンが変化したジヒドロテストステロンには、髪の成長を妨げる働きがあり、AGA(男性型脱毛症)の原因と考えられています。

女性には関係がないようですが、女性にも男性ホルモンが分泌されていることから、FAGA(女性男性型脱毛症)を引き起こす可能性があるとされています。

女性ホルモンの分泌量が減少する40代以降で発症するケースが多いといわれていますので、注意が必要です。

加齢によるホルモン分泌量の変化には抗えませんが、ホルモンバランスを整えることはできます。

そのためには生活習慣を整えましょう。

食生活や睡眠、運動、ストレス、飲酒、喫煙などを見直し、規則正しい生活を送るようにすることで、改善を期待することができます。

(まとめ)髪が細いのは女性ホルモンや男性ホルモンが関係しているの?

1. 細い髪には性ホルモンが影響している可能性があります

細い髪が生まれる原因のひとつに、髪の毛が生えて抜けるヘアサイクルの乱れが挙げられます。

性ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンがあり、それぞれ髪への働きがありますが、それがヘアサイクルを乱す原因のひとつと考えられています。

2. 細い髪はヘアサイクルの乱れが原因のひとつです

ヘアサイクルは、成長期と退行期、休止期の3つに分かれます。

女性の場合、4~6年が1周期で、このサイクルの乱れが細い髪を生む原因のひとつとされています。

性ホルモンがヘアサイクルの乱れに影響するといわれています。

3. 女性ホルモンには髪の成長を促す働きがあります

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を促す働きがあります。

女性の場合、女性ホルモン分泌量のピークは20~30代です。

エストロゲンの減少が、細くてハリやツヤ、コシのない髪を生む原因のひとつとされています。

4. 男性ホルモンには髪の成長を妨げる働きがあります

男性ホルモンの中でも、ジヒドロテストステロンには髪の成長を妨げる働きがあり、AGA(男性型脱毛症)の原因と考えられています。

女性ホルモンの分泌量が減少する40代は注意が必要です。生活習慣を見直しましょう。