生まれつき髪が細い人がいますが、ほとんどは遺伝が原因です


加齢で髪のボリュームがなくなるというのはよく聞く話です。

しかし、生まれつき髪の毛にボリュームがなく困っているという方もいますよね。

髪の毛にボリュームがなくペタンとしていると老けて見えるため、女性は特に気になる方が多いのではないかと思います。

生まれつき髪の毛が細い、原因の多くは遺伝です。

おそらくご両親のどちらかが細い髪質ではないかと思います。

生まれつきの髪を太くするのは難しいのですが、髪のボリュームをアップさせて多く見えるようにすることは可能です。

髪が細いためにボリュームがなくて困っている方は、髪の成長を助けるケアをしたり、ボリュームアップさせるシャンプーを使ってみたりすると良いかもしれません。

生まれつき髪が細いのは、男性ホルモンの働きが原因です

生まれつき髪が細い人は、なぜ細くなってしまうのでしょうか。

それは、男性ホルモンである「テストステロン」の働きが原因となっています。

この男性ホルモンは、少量ですが女性も体内で分泌しています。

テストステロンは5αリダクターゼという還元酵素の働きによって、より強力な作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換されるのです。

このDHTは髪を作り出す毛乳頭を萎縮させて毛母細胞の成長を抑制してしまう働きがあり、本来のヘアサイクルよりも短いスパンで退行期や休止期へ移行してしまいます。

その結果、髪の毛が太くなる前に成長が止まって細いまま抜け落ちるといった現象がおきるのです。

両親からの遺伝で、還元酵素がどの程度活発に働くかが変わる


テストステロンの分泌量は、ほとんど個人差がありません。

しかし、テストステロンをDHTに変化させる還元酵素5αリダクターゼが、どこに存在していて、どれくらい活発に働くのかを決めるのは遺伝だといわれています。

5αリダクターゼが活発に活動する人ほど、体内でDHTが増えやすいということ。

つまり、髪が生まれつき細い原因は、遺伝が大きく関係してくるということです。

5αリダクターゼの活性を決める遺伝子は「優性遺伝」です。

優性遺伝とは対立した遺伝子が存在していたとしても、優位な遺伝子の性質が受け継がれるというもの。

5αリダクターゼの活性が高い遺伝子は、優性に属します。

そのため、両親のどちらかに5αリダクターゼの活性が高い遺伝子を持っていれば、自然と子どもにも引き継がれるということになるのです。

ただし、5αリダクターゼの優性遺伝子を持っていたからといって、必ずしもハゲてしまうというわけではありません。

特に女性の場合は、元々男性ホルモンの量が少ないために影響は少ないといわれています。

髪の毛のケアを変えて、ボリュームアップをするのがベストです

生まれつき細い髪質の人が、突然太くなるということはなかなか難しいと思います。

しかし、少しヘアケアを変えてみるだけで、ボリュームがアップして見た目が変わるかもしれません。

髪型を変えてみる

長い髪の毛の場合、どうしても重さで下へ引っ張られて分け目が目立ってしまったり、ボリュームがなくペタンとしてしまったりしがち。

そのため、短い髪型のほうがボリュームを出しやすい傾向があります。

分け目をあえて作らない、パーマをかけてボリュームを出すなども良いでしょう。

また、ドライヤーをかける時に上から風を当てると根元が寝てしまいがちなので、しっかりと立たせることを意識して髪の内側からドライヤーの風を当てるようにしてみてください。

髪全体に空気が入ると、ふんわりとしたボリューム感がでます。

ボリュームアップタイプのシャンプーを使う

シャンプーは洗髪のために使用するものですが、選び方によっては髪を健康にしたり、ボリュームをアップしたりすることが可能です。

髪のしなやかさやコシを生み出すのは、髪の内部にあるコルテックスという組織。

コルテックスはタンパク質で作られていますので食事でタンパク質を補うことも大切ですが、シャンプーでケアをしましょう。

タンパク質の補修に役立つ「ポリペプチド」という成分が配合されているものは、傷ついた髪を補修してタンパク質の流出を防いでくれるので効果的です。

(まとめ)昔から髪が細いのが悩みです。何が原因でしょうか?

1. 生まれつき髪が細い人がいますが、ほとんどは遺伝が原因です

髪にボリュームがないと老けて見えるため、特に女性は悩む方が多いようです。

生まれつき髪が細い原因は遺伝のため、急に髪を太くすることは難しいでしょう。

しかし、髪型やヘアケアでボリューム感を出すことは可能です。

2. 生まれつき髪が細いのは、男性ホルモンの働きが原因です

女性にも少量ですが存在しているテストステロンという男性ホルモンは、還元酵素と結びつくと、より強力なDHTという男性ホルモンに変化します。

DHTは毛母細胞の成長が抑制するため、髪が太くなる前に成長が止まってしまうのです。

3. 両親からの遺伝で、還元酵素がどの程度活発に働くか、変わる

テストステロンと結びつく還元酵素は5αリダクターゼといい、どの程度活発に活動するのかは遺伝で決まります。

そのため、両親のどちらかに5αリダクターゼの活性が高い遺伝子が存在していると、子どもに引き継がれます。

4. 髪の毛のケアを変えて、ボリュームアップをするのがベストです

生まれつき髪の毛が細い人が、突然髪を太くすることは難しいと思います。

しかし、髪型やドライヤーの使い方を意識したり、ボリュームアップタイプのシャンプーを使用したりすることで、髪のボリューム感を増すことができます。