髪が細くなる原因のひとつに、血行不良があげられます


髪が細くなる原因は「遺伝」、「加齢」、「栄養不足」などの様々な要因が考えられますが、「血行不良」も原因のひとつとしてあげられます。

血行が良くなることで、髪のトラブルが改善されるケースが多いのも事実。

では、なぜそれほど髪と血液の関係は深いのでしょうか。

髪や頭皮が必要としている栄養は、血液で運ばれます。

そのため、栄養が充分足りていたとしても、頭皮まで運ばれなければ意味がありません。

体の末端である頭皮まで新鮮な血液がしっかりと行き届いていることで、健康な髪の毛を作り出すことができるのです。

髪の毛が細いことで悩んでいる方は、ぜひ血流改善を試みてください。

血流と髪の毛の成長には、深い関係があります

健康な髪の毛を育てるためにはタンパク質やミネラル、ビタミンなどの栄養が必要になります。

そのため、髪が薄くなったり細くなったりする一番の原因は栄養不足であることに間違いありません。

しかし、もしも体内で栄養が足りていたとしても、その栄養を運ぶための血液の流れが悪かったらどうなるでしょうか。

頭皮にはたくさんの毛細血管があり、血液を通じて髪を育てるために必要な成分を受け取っています。

しかし、血行が悪くなってしまうと髪を育てる毛母細胞まで必要な栄養素が行き渡らなくなるために、健康な髪の毛を作り出すことができなってしまうのです。

その結果、細い髪の毛になってしまったり、丈夫に育つ前に抜け落ちてしまったりする可能性が高くなってしまいます。

血流の悪い頭皮は、硬くなって動かなくなってしまいます。

10本の指を広げて頭皮を掴んで、円を描くように指を動かしてみてください。

頭皮と指が、一緒に動かないようであれば、血流が悪くなっている証拠です。

血行不良の原因は、ストレスや運動不足が多いようです


頭皮に限らず、血行が悪いと体のあちこちでサインが現れます。

手足が冷える、体温が低い、肩こり、頭痛、腰痛などが症状として出ている方は、血行不良になっている可能性が高いです。

血行が悪くなってしまう大きな原因は、自律神経の乱れかもしれません。

内臓の働きや代謝、体温などをコントロールしている自律神経は、普段は交感神経と副交感神経が自動的に切り替わることで上手にバランスを保って働いています。

しかし、強いストレスを受け続けていたり、過度の疲労が蓄積していたりすると、自律神経のバランスが乱れて、一方が優位になってしまうのです。

自律神経のバランスが崩れると血管が収縮して、血流が悪くなる原因になります。

また、運動不足も血行不良の原因のひとつ。

血液を全身に巡らせるためには筋力が必要になります。

しかし、運動を日常的にしていないと筋肉量が少なくなってしまい、すると、血液を送る力が不足してしまうために血行不良になってしまうのです。

血行不良を改善するには、生活習慣を変えていきましょう

ストレスの軽減や運動不足の解消をすることで、血流をよくすることは大切です。

とはいえ、なかなかすぐに改善されにくい部分ではありますよね。

日頃からちょっとしたセルフケアを行うだけでも改善されていきますので、意識して生活をしてみましょう。

ストレッチなどの軽い運動

座りっぱなしなど、ずっと同じ姿勢でいることはよくありません。

仕事の間などに、軽くストレッチなどをすることで血流が良くなります。

ウォーキングや水泳などの運動もオススメです。

頭皮マッサージ

頭皮には毛細血管が張り巡らされています。

しかし、頭皮が硬くなってしまっていると、うまく血液を運ぶことができません。

そのため、頭皮を柔らかくしてあげることが大切。

マッサージオイルなどを使って、入浴前に毎日頭皮を揉みほぐしてあげましょう。

食生活を改善する

髪の毛を作るには、良質なタンパク質、ミネラル、ビタミンが重要です。

もちろんこれらは髪を健康にするために必要ですが、血行不良が気になっている場合は「にんじん、わかめ、ゴマ、ひじき、納豆」など血流改善に良いとされている食材も意識的に取り入れてみると良いです。

(まとめ)髪が細いのは血行不良が原因なの?

1. 髪が細くなる原因のひとつに、血行不良があげられます

髪が細くなる原因に遺伝、加齢、栄養不足などがありますが、血行不良もそのうちのひとつです。

髪を作るために必要な栄養は血液によって運ばれます。

そのため、血行不良になると栄養が足りず、髪が細くなってしまうのです。

2. 血流と髪の毛の成長には、深い関係があります

健康な髪の毛を育てるためには、タンパク質、ミネラル、ビタミン類などが必要です。

これらは血液を通じて運ばれるため、血流が悪くなると行き届かなくなります。

頭皮が硬く動きにくい人は、血行不良になっている可能性が高いです。

3. 血行不良の原因は、ストレスや運動不足が多いようです

血行が悪いと、体のあちこちでサインが現れます。冷え性、肩こり、頭痛などもそのうちのひとつです。

過度のストレスで自律神経が乱れてしまった時や、運動不足で筋肉量が低下しているなどの理由が血行不良の原因になります。

4. 血行不良を改善するには、生活習慣を変えていきましょう

血行不良が気になるからといって、突然ストレスの軽減や筋肉量アップは難しいかもしれません。

しかし、日頃からちょっとしたセルフケアを行うだけでも血流が改善されていきますので、意識して生活をしてみましょう。