必要な栄養素が不足していると、細い髪の毛になりがちです


髪の毛の太さや硬さなどは生まれつきの特徴です。

そのため、生まれつき髪の毛が細いという人もいます。

しかし、「気がついたら前よりも髪の毛が細くなっている」、「突然、髪の毛が細くなったような気がする」といった場合は、栄養不足が原因になっているかもしれません。

髪の毛は毛根の細胞分裂によって作られていますので、必要な栄養が不足していると成長に大きな影響を及ぼします。

その結果、丈夫な毛が生えてこなかったり、髪の毛がしっかり成長する前に抜け落ちてしまったりしてしまうのです。

ハリのある太い髪の毛にするために、タンパク質、ビタミン類、ミネラルなどを意識的に摂取し、バランスのよい食事を心がけましょう。

髪の90%以上はタンパク質で作られています

髪の毛の90%以上は「ケラチン」というタンパク質で作られています。

タンパク質は筋肉や肌はもちろん、内臓や血液など、様々な体の部位を作るために必要です。

しかし、人の体は生命の維持に必要な優先順位が高い順番に栄養素が使われていくため、全体量が不足していると髪の毛のように優先度が低い部分には行き渡らなくなってしまうことがあります。

その結果、髪の毛が急に細くなったように感じたり、全体的にボリュームがなくなってきたと感じたりするようになってしまうことがあるのです。

髪の毛が急に細くなったように感じる方は、一度食事の内容を見直してみるとよいでしょう。

毎日食事をしっかり食べているつもりでも、必要な栄養素が不足している可能性があります。

特に女性はダイエットを意識した時に片寄った食事をすることが多く、栄養のバランスが悪くなってしまうことが多いようです。

ただし、髪の毛に栄養が行き渡るようになったからといって突然髪の毛が太くなるというものではありません。

通常は4~6年かけて成長していく髪の毛が順調なヘアサイクルに戻るためには、最低でも3ヶ月は必要だとされています。

健康な髪を取り戻すためには、長期的な意識での見直しが大切です。

髪によいといわれる栄養素を積極的に摂りましょう


髪の毛を作る上で必要だといわれている栄養素は、タンパク質、亜鉛、ビタミン類、オメガ3脂肪酸などです。

タンパク質

髪の90%以上はケラチンというタンパク質で作られています。

体内で生成ができませんので、日々の食事からしっかり摂取しましょう。

特に卵はタンパク質が豊富なだけでなく、ケラチンを作る上で重要な亜鉛やビタミンなどもたっぷり含まれているのでお薦めです。

亜鉛

食事で体内に取り込まれたタンパク質は一度アミノ酸に分解され、再合成されてケラチンを作り出します。

その時に必要になる栄養素が亜鉛です。

亜鉛には抜け毛の原因となる酵素を抑制する働きもあるので、健康的な髪の育成には重要な栄養素になります。

ストレスや疲労で失われやすい栄養素なので、意識的に摂取するとよいです。

ビタミン類

食事から摂取したタンパク質を無駄なく利用し、必要な栄養として運んでいくためにはビタミンが欠かせません。

ビタミンB群には細胞の生成を活性化し、寿命を延ばす働きがあります。

特にビタミンB6はケラチンを作る上で重要な亜鉛の働きをサポートする重要な栄養素です。

また、ビタミンA、C、Eも健康な髪の毛を作り出すために必要な栄養素なので積極的に摂取しましょう。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は髪の毛を作る上で必須な栄養素ではありませんが、血液をサラサラにして血流をよくする効果があります。

そのため、頭皮に必要な栄養素を運ぶ上で重要な役割を果たします。

頭皮の血行不良も栄養不足の原因になります

体内に必要な栄養素が取り込まれても、実際に必要な場所まで運ぶことができなければ意味がありません。

体内で栄養素を運ぶのは血液の仕事。

そのため、冷えなどから血行不良になってしまうと、頭皮まで栄養が届かなくなり不足してしまうことがあります。

頭皮マッサージをする、体を温めるなどして血行改善をすることも重要です。

また、慢性的な運動不足、水分の過剰摂取または不足、過度のストレスによる自律神経の乱れ、喫煙や過剰なアルコールの摂取、睡眠不足なども血行不良やヘアサイクルを乱れさせる原因になります。

食事だけでなく、普段の生活スタイルも併せて見直しをしてみるとよいかもしれませんね。

(まとめ)髪が細い原因は、栄養が不足しているせい?

1. 必要な栄養素が不足していると、細い髪の毛になりがちです

髪の太さや硬さは生まれつきの特徴です。

しかし、急激に細くなったり、ボリュームがなくなったりしたように感じる場合は、栄養が不足しているかもしれません。

良質なタンパク質を中心に、バランスのよい食事を心がけましょう。

2. 髪の90%以上はタンパク質で作られています

髪の毛はケラチンというタンパク質で作られています。

そのため、体内のタンパク質量が不足すると、健康的な髪の毛を作り出すことができません。

ダイエットなどで栄養バランスが崩れると、毛髪に影響が出やすいので気をつけましょう。

3. 髪によいといわれる栄養素を積極的に摂りましょう

髪を作る上で一番重要な栄養素は、良質なタンパク質です。

また、タンパク質をケラチンに作り変える時に、亜鉛やビタミン群のサポートが必要になってきます。

これらの必要な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

4. 頭皮の血行不良も栄養不足の原因になります

体内の栄養が足りていても、それを頭皮まで運ぶ血液がスムーズに働いていないと意味がありません。

血行不良は栄養不足の大きな原因となりますので、意識して血流を促すようにしましょう。

頭皮マッサージがお薦めです。