髪質は遺伝だけで決まるわけではないようです


髪が細い、ハリ・コシがないことで悩む女性は多いようです。

遺伝だから仕方ない、とあきらめている人もいるのではないでしょうか。

中でも、若い時から髪の毛の細さを気にしていた人は、年齢を重ねるごとに、ハリやボリューム感がなくなっていくのではないかと心配する人もいるかもしれません。

しかし、髪質には遺伝的な要因だけでなく、後天的な要因も大きく影響しているといわれています。

髪の毛の細さが気になっている場合、ヘアサイクルの乱れによって成長した毛髪が抜けやすい状況になっているのかもしれません。

また、髪の毛の生成に必要なタンパク質やミネラルが、十分に体内に補給されていない可能性もあります。

髪の毛の健康には女性ホルモンの働きも欠かせないといわれています。

女性のニーズに応えてくれるヘアケア剤も登場しているので、試してみるのもよいでしょう。

バランスのとれた食生活を心がけ、ヘアケア方法を工夫すること、睡眠の質を上げ、ストレスを軽減することなどが大切です。

今ある髪の毛はもちろん、将来にわたって健康で豊かな髪を維持できるよう、生活習慣を改善していきましょう。

ハリのある健康な髪のためにミネラルを摂取しましょう

髪の毛が太い・細い、クセがある・ないなどの髪質は、遺伝的な要因はもちろんありますが、食生活の要因も大きく関わっているといわれています。

髪の毛は、アミノ酸が集まったケラチンというタンパク質で形成されています。

ケラチンが十分に生成されることで、髪の毛の成長期・退行期・休止期というサイクルが順調に継続していきます。

このケラチンの形成にはミネラルが欠かせないといわれています。

日常的に摂取する栄養バランスが崩れると、必要なミネラルが不足する恐れもあります。

中でも、亜鉛、鉄、ビタミン(特にビタミンB6、B2、C)が、髪の生成に特に必要なミネラルといわれています。

バランスのよい食生活を前提に、このような栄養素を意識的に摂取するよう心がけましょう。

ホルモンバランスを整えるヘアケアを実践しましょう


髪の毛は成長ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンの影響を受けているといわれています。

髪の毛が細い・薄いなどの悩みを持つ人は、男性ホルモンが過剰に働き、ヘアサイクルが乱れている可能性もあるようです。

ホルモンバランスを整えたり、ホルモンの分泌を促したりする生活を意識してみるのもよさそうです。

女性ホルモンを助ける働きをする成分が配合されたシャンプー・コンディショナーやローションも登場しています。

女性ホルモンを補って頭皮や髪の健康を維持することをねらいとしたサプリメントなども開発されています。

年齢を重ねるとともに、ホルモンバランスの維持は女性の重要なテーマともなります。

末長く健康な髪を維持するために、試してみてはいかがでしょうか。

ストレスをなくし、睡眠の質を上げましょう

順調なヘアサイクルに、ストレスは大敵といわれています。

ストレスは体や頭皮の血流を停滞させたり、髪の健康に欠かせないといわれる亜鉛を大量消費したりすることにつながります。

ストレスを完全になくすことは難しいですが、スポーツや趣味を活用しながら、軽減を目指しましょう。

喫煙も同様に、喫煙により生じた活性酸素を分解する際に亜鉛が消費されるので、髪には悪影響といえます。

また、頭皮への栄養を十分に行き届かせ、成長ホルモン分泌を促すには、質のよい睡眠を心がけることも大切です。

できるだけ夜12時までには就寝するようにし、人にもよりますが7時間程度の睡眠を確保できる生活を目指しましょう。

(まとめ)髪が細いのは遺伝だから仕方ない?

1. 髪質は遺伝だけで決まるわけではないようです

髪質には遺伝的な要因だけでなく、後天的な要因も大きく影響しているといわれています。

髪の毛の細さが気になっている場合、ヘアサイクルの乱れによって成長した毛髪が抜けやすい状況になっているのかもしれません。

また、髪の毛の生成に必要なタンパク質やミネラルが、十分に体内に補給されていない可能性もあります。

2. ハリのある健康な髪のためにミネラルを摂取しましょう

髪の毛は、アミノ酸が集まったケラチンというタンパク質で形成されています。

このケラチンの形成にはミネラルが欠かせないといわれています。

中でも、亜鉛、鉄、ビタミン(特にビタミンB6、B2、C)が、髪の生成に特に必要なミネラルといわれています。

3. ホルモンバランスを整えるヘアケアを実践しましょう

髪の毛は成長ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンの影響をうけているといわれています。

ホルモンバランスを整えたり、ホルモンの分泌を促したりする生活を意識してみるのもよさそうです。

女性ホルモンを助ける働きをする成分が配合されたシャンプー・コンディショナーやローションも登場しています。

4. ストレスをなくし、睡眠の質を上げましょう

過剰なストレスや喫煙により、髪の健康に欠かせないといわれる亜鉛を大量に消費してしまう恐れがあります。

また、頭皮への栄養を十分に行き届かせ、成長ホルモン分泌を促すには、質のよい睡眠を心がけることも大切です。