亜鉛の補給は細い髪の健康維持にも効果があるといえます


細い髪やハリ・コシのない髪に悩む女性は多いと思います。

髪質を完全に変えてしまうことは難しくても、髪の健康をアップさせて、しっかりハリのある髪質にしていくことはできるかもしれません。

女性の健康には欠かせないとされる亜鉛は、美しい髪をつくるためにも必要な栄養素とされています。

亜鉛は髪の毛の細胞分裂を促進させ、発毛・育毛を促す働きをします。

髪の毛をつくるケラチンというタンパク質や、キューティクルを保護するコラーゲンを生成する働きを持っているのが亜鉛です。

その他にも、亜鉛はホルモンの生成にも関わっているといわれています。

髪の健康には女性ホルモンや成長ホルモンの働きも大きいとされており、亜鉛の効果には期待できそうです。

亜鉛は、魚介類・肉類・ナッツなどに特に豊富に含まれています。

普段の食生活から、意識して食材に選ぶようにするとよいでしょう。

また、アルコールの過剰摂取や喫煙、ストレスなどは、体内での亜鉛の消費量を増加させるといわれているので、注意しましょう。

亜鉛は髪の生成や保護に必要な栄養素の1つです

亜鉛は、細胞分裂に関わって成長を促したり、皮膚の代謝を順調におこなったりする際に欠かせない、重要な栄養素といわれています。

その亜鉛は、髪の生成や保護にも大切な役割を果たしています。

髪はケラチンというタンパク質を中心成分としてできていますが、亜鉛にはこのケラチンを生成する働きがあります。

亜鉛が不足すると髪の毛はタンパク質の合成ができなくなるため、抜け毛が増えたり髪質が悪くなったりします。

髪を守るキューティクルは、剥がれにくいようにコラーゲンで保護されていますが、亜鉛にはこのコラーゲンを生成する働きもあります。

また、亜鉛はさまざまなホルモンの分泌にも関わっています。

女性の髪はホルモンバランスの影響を受けやすいといわれていることから、積極的な亜鉛の摂取は髪の健康にも効果がありそうです。

普段の食生活の中で亜鉛を摂取しましょう


亜鉛は微量なミネラルですから、どのような食品に含まれているのかを知り、意識して摂取するように心がけるとよいでしょう。

亜鉛が含まれている食品は、主に魚介類や海藻類、肉・卵、豆類、ナッツ類などです。

魚介類・海藻類

 牡蠣・煮干し・するめ・うなぎ・海苔・わかめ など

肉・卵類 

  豚レバー・牛肉・卵黄 など

豆・ナッツ類

松の実・ゴマ・大豆・カシューナッツ など

一般的には、植物性の食品よりも動物性の食品に多いようですが、野菜の中ではカボチャやマイタケなどに比較的多く含まれています。

厚生労働省が示す亜鉛の1日分の摂取推奨量は、成人男性で10 mg、成人女性で8 mgとなっています。

一例ですが、牡蠣なら3~4粒で、推奨摂取量の8~10 mgをクリアできるようです。

亜鉛を大量に消費してしまう生活習慣に注意が必要です

不足すると皮膚の健康や味覚にも影響を及ぼすといわれる亜鉛ですが、陥りがちな生活習慣の中に、体内の亜鉛を減らしてしまう危険も潜んでいるようです。

ストレス

過剰なストレスを趣味や気分転換で解消できないままにすると、脳内で亜鉛が多く使われるといわれています。

アルコールの過剰摂取

体内のアルコールを分解する際には亜鉛が使われるため、飲み過ぎの機会が増えると亜鉛不足に陥る恐れがあります。

喫煙

喫煙により体内にできる活性酸素を分解する過程で、亜鉛が働くため、喫煙は亜鉛の不足をもたらす恐れがあります。

添加物の過剰摂取

加工食品に使用されている添加物の多くは、亜鉛の吸収を妨げる働きをするといわれています。

これらすべてを解消するのは難しいことですが、1つでも要素を減らし、また日常的に亜鉛を摂取する意識を持つことで、健康な心身と髪を維持できそうです。

(まとめ)髪が細いのは亜鉛不足ですか?

1. 亜鉛の補給は細い髪の健康維持にも効果があるといえます

女性の健康には欠かせないとされる亜鉛は、美しい髪をつくるためにも必要な栄養素とされています。

亜鉛は髪の毛の細胞分裂を促進させ、発毛・育毛を促す働きをします。

髪の健康には女性ホルモンや成長ホルモンの働きも大きいとされており、この面を考えても亜鉛の効果には期待できそうです。

2. 亜鉛は髪の生成や保護に必要な栄養素の1つです

亜鉛には髪の成分であるケラチンを生成する働きがあります。

亜鉛が不足すると髪の毛はタンパク質の合成ができなくるため、抜け毛が増えたり髪質が悪くなったりします。

髪を守るキューティクルを保護するコラーゲンを生成する働きもあります。

3. 普段の食生活の中で亜鉛を摂取しましょう

亜鉛が含まれている食品は、主に魚介類や海藻類、肉・卵、豆類、ナッツ類などです。

厚生労働省が示す亜鉛の1日分の摂取推奨量は、成人男性で10 mg、成人女性で8 mgとなっています。

一例ですが、牡蠣なら3~4粒で、推奨摂取量の8~10 mgをクリアできるようです。

4. 亜鉛を大量に消費してしまう生活習慣に注意が必要です

ストレス・アルコールの過剰摂取や喫煙により、体内の亜鉛を使用するため、亜鉛不足に陥る恐れがあります。

また、加工食品に使用されている添加物の多くは、亜鉛の吸収を妨げる働きをするといわれています。

1つでも要素を減らし、また日常的に亜鉛を摂取する意識を持つことで、健康な心身と髪を維持できそうです。