女性の髪はホルモン量の変化に影響を受けることがあります


年齢を重ねるにつれて起こる、髪質の変化が気になる女性は多いと思います。

「10代の頃はもっと髪も太くて多かったのに」とか、「出産後、髪が薄く細くなった気がする」と感じている人もいるでしょう。

女性の髪は、ライフステージの変化による女性ホルモンの増減に影響を受けるといわれています。

髪の健康を維持する役割を担っているのは、主にエストロゲンという女性ホルモンです。

その分泌量は20代がピークとされ、30代を境に減少し、45歳を過ぎる頃から体の不調があらわれたり、髪質の変化や薄毛が進行したりするといわれています。

また、妊娠・出産時のホルモンの増減も、髪に影響することがあります。

髪が細くなってきた、薄毛が気になり始めた、というような場合は、体の変化とも向き合いながら、女性ホルモンの働きを補うような食生活・ヘアケアを心がけていくとよいでしょう。

女性ホルモンに似た働きをしてくれるのが、大豆製品などに含まれるイソフラボンです。

また、ホルモンバランスを整えてくれる栄養素であるビタミンやミネラル類を意識して摂るようにするとよさそうです。

女性ホルモンの働きを活発にしてくれるサプリメントや、ヘアケア剤も登場しているので、ライフスタイルに応じて活用してみましょう。

女性ホルモンの量は変化しています

主な女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

エストロゲンの分泌量が急激に減少するといわれる45~55歳くらいの時に、急に抜け毛が増えた、髪が少なくなった、と感じる女性は多いようです。

しかし、エストロゲンの分泌量は30代で早くも減少に転じるとされています。

目立った体の変化は感じられなくても、実はその頃から髪が細くなる・薄毛が始まる、といった兆候があるのかもしれません。

他にも、妊娠・出産、過度なダイエット、仕事や人間関係のストレスなどからホルモンバランスが崩れ、髪に影響を及ぼすこともあります。

女性の髪にはホルモンバランスが重要な役割を担っていることを知り、生活習慣の工夫に役立てましょう。

ホルモンバランスを整える生活習慣を目指しましょう


女性ホルモンの働きを活発にしたり、バランスを整えたりする工夫は、髪はもちろん体にとっても大きなプラスとなるでしょう。

女性ホルモンに似た働きをするといわれるのが、大豆製品などに含まれるイソフラボンです。

そこで、イソフラボンが体内で働けるように活性化された「エクオール」を主成分とする、女性に嬉しいカルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントも登場しています。

ビタミンB類、E、ミネラル類(鉄・亜鉛など)を意識して摂取すると、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

また、三陰交(さんいんこう・内くるぶしの上から指4本上あたり)や太谿(たいけい・内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ)といった足のツボは、女性ホルモンの分泌やバランス調整に効果があるとされています。

女性ホルモンを活発にするヘアケアもできます

髪が細くなったと感じたタイミングと、ライフステージの変化とに思いあたる人は、年齢や変化に合ったヘアケア剤を試してみてはいかがでしょうか。

女性に特化したシャンプーやコンディショナーや、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

また、百会(ひゃくえ・頭のてっぺん、両耳を結ぶ線と顔の中心が交わるところ)というツボは、頭皮の血行をよくして毛髪の健康を維持し、イライラや不安をやわらげる効果があるといわれています。

手のひらで頭を包み、左右の中指を重ねるように置いて、3秒ほど押さえて離す、を繰り返します。

シャンプー後などに、ちょっとした習慣を続けることで、健康な髪や頭皮が維持できる可能性があります。

(まとめ)コシがなく細い髪は、女性ホルモンの減少と関係がある?

1. 女性の髪はホルモン量の変化に影響を受けることがあります

女性の髪は、ライフステージの変化による女性ホルモンの増減に影響を受けるといわれています。

髪が細くなってきた、薄毛が気になり始めた、というような場合は、体の変化とも向き合いながら、女性ホルモンの働きを補うような食生活・ヘアケアを心がけていくとよいでしょう。

2. 女性ホルモンの量は変化しています

主な女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがありますが、髪の健康を維持する役割を担っているのは、エストロゲンです。

エストロゲンの分泌量は30代で減少に転じるとされています。

他にも、妊娠・出産、過度なダイエット、仕事や人間関係のストレスなどからホルモンバランスが崩れ、髪に影響を及ぼすこともあります。

3. ホルモンバランスを整える生活習慣を目指しましょう

女性ホルモンに似た働きをするといわれるのが、大豆製品などに含まれるイソフラボンです。

ビタミンB類、E、ミネラル類(鉄・亜鉛など)を意識して摂取すると、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

また、三陰交や太谿といった足のツボは、女性ホルモンの分泌やバランス調整に効果があるとされています。

4. 女性ホルモンを活発にするヘアケアもできます

女性に特化したシャンプー、コンディショナーや、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

また、百会というツボは、頭皮の血行をよくして毛髪の健康を維持し、イライラや不安をやわらげる効果があるといわれています。