ブリーチは、どんな髪質の場合にもダメージがあります


髪のおしゃれを楽しみたい、雰囲気を変えてみたいという時に効果的なのが、ブリーチ(脱色)です。

でも、同時に、髪へのダメージも気になるはず。

もともと細い髪質の人は、特にブリーチのダメージが大きいのでは、と不安に感じるのではないでしょうか。

ブリーチに用いられる薬剤はアルカリ性のものが主流とされています。

アルカリ成分が、髪の表面のキューティクルを開かせて、内部のメラニン色素を分解していきます。

髪質に関係なく髪は傷みやすくなりますが、中でも細い髪の人の場合は、見た目にも実際にも、より深刻なダメージを受ける可能性もあります。

薬剤は髪の奥深くまで浸透して内部の成分を奪うため、髪が細く痩せて見えるようになる場合があるからです。

また、髪だけでなく、頭皮にも薬剤が浸透してしまった場合、炎症が起こったり、ターンオーバーのリズムが崩れたりする恐れもあります。

頭皮環境が悪化すると、今ある髪だけでなく、今後の髪の健康にも悪影響を及ぼしかねません。

これらのことを考えるとぜひ美容院で、プロの美容師に施術してもらい、少しでも髪のダメージを減らしたいものです。

また、ブリーチ後の自宅でのヘアケアも、入念におこなうようにしましょう。

ブリーチによって髪が痩せて見えるかもしれません

ブリーチの薬剤成分は、アンモニアやモノエタノールアミンなどのアルカリ剤と、酸化剤の過酸化水素です。

このアルカリ剤と過酸化水素の働きにより、髪内部のメラニン色素が分解され、髪が漂白されていきます。

ブリーチによってタンパク質・水分・油分が奪われるので、髪の毛が痩せて見えるようです。

髪の内部が壊されるわけですから、もともと髪の細い人にとっては、よりハリやコシがなくなって、深刻なダメージにつながりかねません。

最近では、髪へのダメージがやや少ない、酸性のブリーチ剤も登場しているようです。

ブリーチを考える際には、髪への負担はどれくらいか、イメージチェンジできる他の方法はないかなどを検討して、おこなうようにしましょう。

ブリーチ後の頭皮への影響も考慮しましょう


髪への影響と同時に、気になるのは、頭皮へのダメージです。

自分でブリーチをしようとすると、どうしても髪以外の頭皮や肌に、薬剤がつきそうになりませんか。

誤って薬剤が頭皮に浸透してしまうと、かゆみやヒリヒリを感じる炎症が起こる場合があります。

人間の皮膚は弱酸性を維持しているのが健康な状態ですから、仮に、アルカリ性の薬剤が浸透してしまうと、かなりのダメージを受けてしまうことになります。

一過性の炎症だけで済まず、健康な頭皮のターンオーバーのリズムが崩れると、抜け毛や薄毛を誘発してしまう恐れがあります。

ブリーチをおこなう際は、美容院でプロの美容師に施術してもらい、髪や頭皮へのダメージを極力、減らすようにしましょう。

ブリーチやカラーリングの後のヘアケアを入念に

ブリーチ、カラーリングやパーマなどを施術した際は、髪や頭皮に負担がかかっています。

ブリーチをおこなった髪は、水分や油分が奪われている状態なので、洗髪の際や普段の生活でも特に保湿を心がけることが重要です。

シャンプーには、頭皮や髪に優しい弱酸性のアミノ酸系を選ぶとよいでしょう。

洗髪後は髪が傷みやすく頭皮も水分が奪われやすくなるので、濡れた状態を長く放置せず、タオルドライとドライヤーを併用して、すばやく乾かすことも大切です。

また、保湿力を高めるヘアミルクやオイルなどのアウトバストリートメントを使用したり、ヘアパックを定期的におこなったりするなど、ブリーチ後のダメージを軽減する工夫をしていきましょう。

(まとめ)細い髪だと、ブリーチはダメージが大きい?

1. ブリーチは、どんな髪質の場合にもダメージがあります

ブリーチによって髪質に関係なく髪は傷みやすくなりますが、中でも細い髪の人の場合は、見た目にも実際にも、より深刻なダメージを受ける可能性もあります。

また、髪だけでなく頭皮にも薬剤が浸透してしまった場合、炎症が起こったり、ターンオーバーのリズムが崩れたりする恐れもあります。

2. ブリーチによって髪が痩せて見えるかもしれません

ブリーチによってタンパク質・水分・油分が奪われるので、髪の毛が痩せて見えるようです。

髪の内部が壊されるわけですから、もともと髪の細い人にとっては、よりハリやコシがなくなって、深刻なダメージにつながりかねません。

3. ブリーチ後の頭皮への影響も考慮しましょう

誤って薬剤が頭皮に浸透してしまうと、かゆみやヒリヒリ感のある炎症が起こる場合があります。

一過性の炎症だけでなく、健康な頭皮のターンオーバーのリズムが崩れると、抜け毛や薄毛を誘発してしまう恐れがあります。

4. ブリーチやカラーリングの後のヘアケアを入念に

ブリーチをおこなった髪は、頭皮や髪に優しい弱酸性のアミノ酸系シャンプーを選ぶとよいでしょう。

洗髪後は、髪が傷みやすいため、タオルドライとドライヤーを併用してすばやく乾かし、アウトバストリートメントやヘアパックを活用しましょう。