細い髪を守るようにドライヤーを使うことで、育毛環境を向上できます


髪が細いからといってドライヤーを使わずに自然乾燥させると、頭皮の常在菌が蒸れて増殖します。

すると頭皮が痒くなり、皮脂が過剰分泌して脂っぽくなるなど、切れ毛や抜け毛の原因になります。

また頭皮の環境も悪化します。

しかし、細い髪は熱や摩擦などの刺激により切れやすい状態なので、ドライヤーの熱で髪が切れてしまうことも心配です。

解決策としては、ドライヤーの熱を主に頭皮にあて、頭皮を主に乾かしましょう。

また、細い髪が切れないように工夫しましょう。

ドライヤー前には十分タオルで髪の水分を吸い取らせると、熱をあてる時間が減ります。

そして、髪を守るためのオイルやスタイリング剤を付けてから、ドライヤーをすると熱の影響を減らすことができます。

さて、細い髪は切れ毛や枝毛になりやすく、せっかくドライヤーで頭皮環境を向上させても、髪自体がコシとハリがなければ育毛することが難しいです。

髪の内外からのケアで細い髪の対策も同時に行いましょう。

細い髪を守るためにドライヤー前にすること

タオルドライは優しく丁寧にしっかりと

髪の表面にあるキューティクルは濡れた状態だと開いており、傷つきやすくなっています。

傷つくと髪のツヤがなくなってしまいます。

だから吸湿性の高い清潔なタオルを使い、ゴシゴシとこすらないようにします。

髪をタオルで包んで上から優しくポンポンと叩くようにして、髪の水分をタオルに移すことで乾かします。

ロングヘアの方は、目の粗いブラシを使ってブラッシングしてから、毛先まで丁寧にタオルで水分を吸い取りましょう。

髪が絡んでいると、ドライヤーの熱をあてた時に刺激になります。

また、細い髪を守るために、タオルドライの後でオイルやミルクなどのトリートメント剤を塗ると、ドライヤーの熱が直接あたっても、細い髪を痛めずに守ることができます。

髪を守り、頭皮環境を清潔にするためのドライヤーの使い方ポイント


ドライヤーの温度は60度が目安です。

高温だと、髪が変性してしまいます。そして両手を使って乾かします。

片手はドライヤーを持ってこきざみに動かし、もう片手は手櫛で髪の乾かしたい所をとかして風があたるようにします。

このように両手を使うと一か所に熱があたり続かないので、細い髪が傷みにくくなります。

ドライヤーは最初に頭皮に熱風をあてて乾かします。

その時、ドライヤーと頭皮は20 ㎝離します。次に髪の根元から毛先に向けて熱風をあてて乾かします。

きちんとタオルドライしていると、短時間で毛先まで乾き、熱で髪が傷むのを防げます。

最後に、ドライヤーを切り替えて冷風を髪の根元から毛先に向けて送り、キューティクルを閉じさせると共に、髪に受けた熱を冷まします。

コシとハリがある髪にするための内外からのケア

細い髪の原因は、遺伝や体質など変えられないものもあります。

しかし、髪を内と外から守って大切に育てることで、コシとハリのある髪になることもできます。

外からのケアは、髪が傷んで切れないように刺激から髪を守ることです。

  • ドライヤーの熱から守るトリートメント剤
  • 紫外線から守る帽子や日傘
  • ブラッシングなどでの摩擦から守るヘアケア剤
  • これらのものを季節と場所に応じて上手に使いわけることです。

    内側からのケアに関しては以下のものが挙げられます。

  • 髪の元になる栄養を種類と量を十分に食べること
  • その栄養を頭皮に送るために、運動やマッサージで血行をアップさせること
  • 規則正しい生活リズムや質の良い睡眠で女性ホルモンのバランスが崩れないようにすること

(まとめ)髪が細い人はドライヤーを使わないほうが育毛に良いですか?

1. 細い髪を守るようにドライヤーを使うことで、育毛環境を向上できます

自然乾燥は抜け毛や切れ毛に繋がります。

しかし、細い髪は熱の刺激に弱いのでドライヤーの熱で髪が切れてしまうことも心配です。

ドライヤーでは頭皮を主に乾かしましょう。

タオルドライやオイルの使用で細い髪を守りましょう。

2. 細い髪を守るためにドライヤー前にすること

タオルドライを優しく丁寧にしっかりとしましょう。

キューティクルを守るため、吸水力のあるタオルで髪を包み上から優しく叩きます。

トリートメント剤を塗ると、ドライヤーの熱が直接あたっても、細い髪を痛めずに守ることができます。

3. 髪を守り、頭皮環境を清潔にするためのドライヤーの使い方ポイント

ドライヤーは60度が目安です。

片手はドライヤーをこきざみに動かし、もう一方の手は髪をとかし風をあてます。

風は頭皮から20 ㎝離し、髪の根元から毛先に向けてあてます。

最後に冷風をあててキューティクルを閉じさせ、髪に受けた熱を冷まします。

4. コシとハリがある髪にするための内外からのケア

トリートメント剤やヘアケア剤は熱から、帽子や日傘は紫外線や乾燥から髪を守ります。

髪の元になる栄養摂取、栄養を頭皮に届ける血行アップため運動習慣を持ちましょう。

また、規則正しい生活や良質な睡眠で女性ホルモンのバランスをとり、育毛環境を改善させましょう。