つむじだけでなく、毛髪全体への対策を考えることです


つむじの髪が細くなり、地肌が目立ってしまう時、細くなっているのはつむじの髪だけではありません。
実は、全体的に毛髪が細くなっているのです。

つむじは自分からは見えにくいです。

家族や仲の良い友人が気づいていても、気を使って教えてくれないかもしれません。

したがって自分からつむじを定期的にチェックしないと、意外なタイミングでつむじの髪の細さを知ることになるかもしれません。

実は、女性の毛髪が全体的に量が減る状態を、びまん性脱毛症といいます。

つむじや毛髪の分け目から地肌が見える量が多くなって、びまん性脱毛症が発見される頃には薄毛対策や抜け毛対策が必要です。

これらの対策は、つむじだけにピンポイント的に行うのではありません。

つむじや頭全体に生える毛髪をより太くし、量を増やすために、体と心全体に働きかける対策を行います。

それは、睡眠の質を改善することや、毛髪に良い栄養をたくさん食べること、ヘアケアをより低刺激なものに変えることなどです。

加えてストレスや喫煙や過度のダイエットを止めることも対策になります。

つむじ周りの毛髪の様子は自分では分かりにくい

つむじ周りを自分で定期的にチェックすると、髪の様子が違うことを早期発見できます。

チェックするタイミングを決めると、髪や頭皮の変化に気づきやすくなります。

そして、複数の鏡で映してみたり、協力者にスマホでの撮影を頼んだりするという方法を使いましょう。

チェックポイントは毛髪の量に毛髪の細さや長さ、そして地肌の色と乾燥具合やフケや皮脂の多少になります。

地肌のチェックをするのは、髪の細さの原因は髪にではなく、その土台である地肌にあるかもしれないからです。

普段と違う場合は、状態に応じてヘアケア方法の変更が必要ですし、もしかしたら食生活や睡眠など、生活習慣全体の見直しが必要になるかもしれません。

生活習慣の乱れがつむじの毛髪に現れています


女性の場合、つむじ周りの毛髪だけが細くなるのではなく、頭全体の毛髪が細くなったり、一定の長さまで成長する前に抜けてしまったりするびまん性脱毛症が多いです。

これは頭の中でつむじだけに現れるのでなく、毛髪全体が細くなる、あるいは本数が減ることにより現れます。

そしてその原因は様々な要素が絡み合っています。

ホルモンバランスの乱れが原因ならば、その要素としては加齢や多忙による睡眠不足、毎日の疲れを次の日まで持ち越してしまうことなどがあります。

また、過度なダイエットによる栄養不良もびまん性脱毛症を起こす原因のひとつです。

他にもパーマやカラーのし過ぎや、洗浄力が強すぎるシャンプーやブローのし過ぎも毛髪を痩せさせてしまいます。

この中のひとつでなく、複数がびまん性脱毛症の原因なので、対策としては生活習慣全体を見直すことになるのです。

ストレスは美髪の大敵!

びまん性脱毛症の複数ある原因の中でも、ストレスは大きなものです。

加齢によりホルモンバランスが変化する年代は、仕事や子育て、介護などにより多くのストレスが生じやすい時期と重なります。

また、加齢による体と心の変化自体がストレスに感じる方もいるでしょう。

しかし、ストレスは発毛に必要なホルモンバランスを崩し、血管収縮により頭皮の血行を悪化させ、自律神経のバランスも乱します。

またストレス解消のために飲酒や喫煙、ジャンクフードを食べることは薄毛の原因につながります。

その上、抜け毛や薄毛を過度に気にすることもストレスを引き起こします。

したがって、つむじ周りの髪が細くなったと気にする女性にとって、趣味やスポーツなどのストレス解消策やリラックス方法を持つことは、薄毛対策につながるのです。

(まとめ)つむじの髪が細い時の原因と対策はどんなものですか?

1. つむじだけでなく、毛髪全体への対策を考えることです

つむじの髪は普段から定期的にチェックする習慣を持たないと、変化に気づいた時には頭の毛髪全体が細くなるびまん性脱毛症という状態かもしれません。

頭の毛髪全体に生活習慣の改善による対策が必要です。

2. つむじ周りの毛髪の様子は自分では分かりにくい

協力者を見つけること、スマホや鏡をうまく使うことでチェックできます。

毛髪だけでなく地肌の色や乾燥具合、フケや皮脂もチェックしましょう。

すると毛髪の現在の状況とその原因、必要な対策が分かってきます。

3. 生活習慣の乱れがつむじの毛髪に現れています

女性に多いびまん性脱毛症の原因は様々な要素が絡み合っています。

加齢や多忙による疲れや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れは大きな原因です。

過度なダイエットによる栄養不良、パーマやカラーのし過ぎやシャンプーやブローのし過ぎも毛髪を痩せさせてしまいます。

4. ストレスは美髪の大敵!

ストレスは発毛に必要なホルモンバランスを崩し、血管収縮により頭皮の血行を悪化させ、自律神経のバランスも乱します。

またストレス解消のための飲酒や喫煙などは発毛を邪魔します。

趣味やスポーツなどのストレス解消策やリラックス方法は薄毛対策になるのです。