髪が細い人には血行を促すケアがおすすめです


髪の細い太いは生来の髪質であることも多いのですが、今までより細くなってきたという人は、髪が脆くなっている危険があります。

髪が細くなる原因として、血行不良があげられます。

髪に必要な栄養は、頭皮の血管を通って運ばれていくのですが、血行が悪いと十分な栄養が運ばれません。

そうなると、健康な髪が育ちにくくなり、細く脆くなってしまうというわけです。

以前に比べて髪が細くなったという人は、血行不良になっていないか顧みてみましょう。

冷え性の人は全身の血行が良くないため、頭皮も血行不良になりがちです。

手先、足先といった体の末端が冷たいという人は、要注意です。

また、肩や首が凝るという人も、血行が良くありません。

心あたりがある場合は、血行を促す工夫をしてみましょう。

適度な運動は、血行を促す効果があります。

血行が悪い人は運動不足の場合が多いので、ストレッチやウォーキングなど無理なくできるものを実践してみましょう。

また、頭皮をマッサージすることで血行を促すこともできます。

自宅でできるセルフマッサージもありますので、とり入れてみてはいかがでしょうか。

頭皮のマッサージをするなら洗髪の後が効果的です

頭皮の血行を促すマッサージ法とは

頭皮に栄養を十分に行き届かせるためには血行を促すことが大切ですが、それには頭皮マッサージが効果的です。

頭皮を指の腹で優しく押さえながらほぐしていくのですが、生え際から頭頂部に向かって頭皮全体をマッサージします。

とくに、血行が良くなっている洗髪後に行うのがおすすめです。

マッサージの際には力を入れすぎたり、こすったりした場合、頭皮を傷つけてしまい逆効果になるので注意をしましょう。

サロンで受けるヘッドスパもおすすめ

ヘッドスパも頭皮の血行を促す効果があります。

ヘッドスパはサロンで専門のスタッフが施してくれるのですが、血行の促進につながるだけでなく、頭皮や毛穴の汚れもしっかり落としてくれます。

ヘッドスパで頭皮環境を整えれば、髪に栄養が届きやすくなり、細く脆い髪の改善が期待できるでしょう。

髪の健康に不安がある人は、ヘッドスパを試してみてはいかがでしょうか。

細い髪は傷みやすいので注意をしましょう

細くなった髪は脆く傷みやすくなっていますので、日頃のケアには注意が必要です。

ブラッシングは優しく行うようにしましょう。

絡まった髪にブラシが引っかかったとしたら、強引にとかしては切れ毛や枝毛を引きおこしてしまいます。

一度ブラシを外して、指でほどいてからブラッシングを再開し、髪を傷めないようにしましょう。

ドライヤーの使用時にも注意

ドライヤーの使用時にも、熱風で髪を傷めてしまう危険があるので注意が必要です。

ドライヤーで髪を乾かす場合には、頭部から15 cm以上離して使うようにしましょう。

また、同じ場所に熱風をあて続けるのも、髪が傷む原因になります。

ドライヤーを常に動かしながら、ヘアドライを行ってください。

同様に、頭皮も熱風をあてすぎると傷ついてしまいます。

頭皮が傷つくと健康な髪が育ちにくくなりますので、十分注意をしましょう。

髪の健康には生活習慣も大切です

生活習慣の乱れが髪の健康を損ねる

生活習慣が乱れていると、血行不良を招きますので、髪にも影響がでてきます。

すでに述べた運動不足のほか、睡眠不足やストレスも血行不良の原因となります。

ですから、睡眠はしっかりとって、ストレスを上手に発散する工夫をしたいものです。

喫煙や過度な飲酒も悪影響を及ぼしますので、髪の健康が気になる人は控えると良いでしょう。

バランス良い食事で髪を健康に

偏った食生活も、血行不良につながってしまいます。

インスタント食品や脂っこい肉料理などを好んで食べるという人は、要注意です。

血行を良くしたいのであれば、青魚や野菜、海藻、大豆食品などをバランス良く摂取することが大切です。

外食のほか、テイクアウトの惣菜やコンビニ弁当などは、栄養が偏った食事になりがちで脂分も多いですから、なるべく自宅で手作りの料理を食べるようにしましょう。

(まとめ)髪が細い人はどのようなケアをしたら良いですか?

1. 髪が細い人には血行を促すケアがおすすめです

髪が細くなる原因は、血行不良が考えられます。

髪の栄養は頭皮の血管を通って運ばれるのですが、血行が悪いと栄養が十分に行きわたらず健康な髪が育ちません。

ですから、細い髪でお悩みの方は、適度な運動を習慣づけ、さらに頭皮マッサージを行うなど、血行の促進に努めましょう。

2. 頭皮のマッサージをするなら洗髪の後が効果的です

頭皮の血行を促すなら、マッサージがおすすめです。

指の腹で頭皮を優しく押さえながら、生え際から頭頂部に向かって頭皮全体をほぐしていきます。

血行が良くなる洗髪後に行うと、より効果的です。

また、ヘッドスパも頭皮の血行促進が期待できるので、試してみてはいかかでしょうか。

3. 細い髪は傷みやすいので注意をしましょう

細い髪は脆く傷みやすい傾向にあるので、ブラッシングなどの日頃のケアにも気を配りたいものです。

ブラシが引っかかったら強引にとかさず、手でほどくなどていねいに行いましょう。

また、ドライヤーの熱風にも弱くなっていますので、あてすぎには注意をしてください。

ドライヤーと頭部は15 cm以上の距離を保ち、同じ個所に熱風をあて続けないようにしましょう。

4. 髪の健康には生活習慣も大切です

生活習慣が乱れていると血行が悪くなり、髪が細くなるなどのトラブルの元になります。

運動不足や睡眠不足、ストレスは血行不良の原因になるので、気をつけましょう。

また、偏った食生活も血行を妨げます。

インスタント食品や脂っこい肉料理を好んで食べる人は要注意です。

青魚、野菜、大豆食品などを積極的にとり、バランスの良い食事を心がけましょう。