男性ホルモンの影響で、発毛が阻害されることがあります。


女性の体の中にも、男性ホルモンは分泌されています。

しかし、女性ホルモンが正常に分泌されていれば、男性ホルモンの発毛への影響を自覚することは、ほとんどありません。

ところが、加齢や生活習慣の乱れによって、女性ホルモンの分泌量が少なくなると、男性ホルモンの影響によって、発毛が阻害されてしまうことがあります。

さらにひどくなると、FAGAと呼ばれる薄毛に進行することもあります。

女性の身体にも、男性ホルモンが分泌されています。

一見すると、男性ホルモンは女性には無関係のように感じられます。

しかし、女性の身体でも、男性ホルモンは分泌されています。

そして、分泌された男性ホルモンのほとんどが、女性ホルモンに変化します。

というのも、女性ホルモンは、男性ホルモンを材料にして作られるものだからです。

そのため、実際に男性ホルモンが分泌されていても、女性の身体に残る男性ホルモンは、女性ホルモンに比べて非常に少なくなります。

しかし、女性ホルモンはとても繊細で、ちょっとしたストレスや生活の乱れによって量が少なくなってしまいます。

すると、男性ホルモンとのバランスが崩れて、女性の身体に不調を引き起こします。

この不調の一つが、FAGAと呼ばれる脱毛症です。

男性ホルモンによって、発毛が妨げられるとFAGAになる可能性があります。


男性ホルモンによる薄毛として、広く知られているのが、AGA(男性型脱毛症)です。

これは、男性ホルモンの影響によって額の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けてしまう脱毛症です。

AGAは、男性だけの脱毛症だと思われがちですが、実は女性にも起こる可能性があります。

女性の場合は、男性のAGAとは進行のしかたが異なるため、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれ、区別されます

FAGAの原因

体内にある男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に変化し、発毛を阻害することで、女性でもFAGAになります。

FAGAの症状

初期の段階では、髪の毛のコシがなくなり、細くなります。

この段階では、あまり自覚することはなく、見逃されがちです。

しかし、徐々に進行すると、髪の毛のボリュームが全体的に減っていきます。

そして、分け目が目立つようになり、さらには地肌が透けて見えるといった症状が現れます。

FAGAの予防、改善方法

FAGAは予防や改善ができる薄毛です。

その理由は、女性ホルモンの働きにあります。

女性ホルモンには、発毛を促進する働きや、ヘアサイクルの成長期を長くする働きがあります。

また、FAGAの原因となるジヒドロテストステロンの抑制効果もあります。

そのため、FAGAの予防や改善を考えるのであれば、女性ホルモンの分泌を正常化することが大切なのです。

女性ホルモンで、男性ホルモンの髪への影響を最小限にしましょう。

男性ホルモンには、発毛を阻害する働きがありますが、反対に女性ホルモンには発毛を促進する働きがあります。

そのため、女性ホルモンの分泌が正常に行われていれば、男性ホルモンの影響を最小限に食い止めることができます。

もしFAGAになってしまっても、女性ホルモンが機能していれば、改善できる可能性があるのです。

しかし、女性ホルモンは、加齢以外にもさまざまな理由によって減少してしまいます。

女性ホルモンが減少する理由

  • 加齢
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • タバコ
  • お酒の飲み過ぎ
  • 暴飲暴食
  • 自律神経の乱れ

これらが女性ホルモンを減少させる主な原因です。

加齢以外の理由は、どの年代の女性にも深く関わることばかりです。

では、女性ホルモンを減少させないためには、どうすればいいのでしょうか。

女性ホルモンの分泌を促進する方法

  • 生活習慣を整える
  • 大豆や大豆製品で大豆イソフラボンを積極的に摂取する
  • ストレスを発散する
  • 適度な運動
  • リラックスする時間を作る
  • 栄養バランスのとれた食事をとる

このように、女性ホルモンの分泌を正常に保つためには、規則正しい生活を送り、ストレスと上手に付き合うといった、健康的な生活を送ることが重要です。

(まとめ) 男性ホルモンは、女性の発毛を阻害するの?

1.男性ホルモンの影響で、発毛が阻害されることがあります。

女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、男性ホルモンの影響で発毛が阻害されてしまいます。

さらに進行すると、FAGAと呼ばれる薄毛を発症する場合もあるので注意しましょう。

2.女性の身体にも、男性ホルモンが分泌されています。

女性の体内にある男性ホルモンは、女性ホルモンを作るための原料になるため、実際に残っている男性ホルモンの量はわずかです。

しかし、女性ホルモンが正常に分泌されていれば問題ありませんが、女性ホルモンが減少すると、さまざまな不調を引き起こします。

3.男性ホルモンによって、発毛が妨げられるとFAGAになる可能性があります。

男性ホルモンによる脱毛症は、女性にも起こり、FAGAと呼ばれています。

FAGAは、女性ホルモンの分泌を正常に保つことができれば、予防、改善ができる脱毛症です。

4.女性ホルモンで、男性ホルモンの髪への影響を最小限にしましょう。

女性ホルモンには、発毛を促進する働きがあります。

男性ホルモンの髪への影響を最小限にするには、女性ホルモンの分泌量を正常に保つことが大切です。