女性の育毛に画期的な毛髪再生治療についてお話します


女性の薄毛には男性のそれのような画期的な薬がありませんでした。

そのため、生活習慣の改善が良いと言われていました。

しかし、生活習慣の改善は人によって発毛効果があいまいで分かりにくいという困った点がありました。

簡単に考えると、どのような女性にも対応する発毛を促す物質があれば、それを頭皮や体内に注入すればいいだけなのです。

さて、最近、女性にも画期的な育毛療法が出現しました。

それは、発毛に必要な成長因子を直接頭皮に注入するHARG療法です。

この成長因子というのが画期的なところで、発毛から抜け毛までのヘアサイクルの中の停滞したところに働きかけて、育毛を促すものです。

しかしHARG療法は非常に高価で、クリニックに通院する必要もあります。

自宅で自分自身で簡単にできる治療ではないのです。

よって、二の足を踏む女性もいると思います。

また、お金をかけてやっと発毛させたとしても、毛髪に悪い生活習慣を続けていると、折角の毛髪を失う原因を自ら作っているようなものです。

したがって、毛髪再生医療と共に毛髪を大事にするような生活習慣の改善も必要なのです。

成長因子とは何か?

広い意味でのタンパク質の一種で細胞の増殖を促進し、加齢により減少します。

発見した研究者はノーベル賞を授与されたほどの人間にとっては重要なものです。

成長因子は十数種類ありますが、そのなかで毛髪の成長に重要な成長因子をいくつか挙げます。

  • IGF-1(インスリン様成長因子)
    ヘアサイクルの成長期が何らかの原因で短くなったことによる脱毛に対応します。

    成長期を伸ばし、毛髪が太く長くなることを促進します。

  • VEGF(血管内皮細胞増殖因子)
    毛細血管を増やす役割を持ちます。

    頭皮に投与することで、血流が増え、頭皮により多くの栄養が届けられるようになり、育毛に繋がります。

  • HGF(肝細胞増殖因子)
    ヘアサイクルの中で、休止期が異常に長くなると、脱毛したまま次の毛髪が生えてこなくなり、薄毛になってしまいます。

    HGFは休止期の毛包を成長期に入るように刺激し、次の毛髪の成長を促します。

女性と加齢による成長因子分泌の減少


加齢によって、成長因子の分泌が減ると、毛髪サイクルの成長期が短くなって休止期が伸びます。

すると毛髪がしっかりと成長する前に抜けたり、抜けたままで次の毛髪が生えなかったりする原因になります。

こうなると薄毛の状態になってしまいます。

成長因子を利用した毛髪再生は、この毛髪サイクルに直接働きかけ、正常な状態に戻すものなのです。

ただ、成長因子の分泌減少による影響は、毛髪だけにおきるのではありません。

加齢によってお肌のハリに変化が起きたり、乾燥しやすくなったり、傷跡が消えにくくなったりということには、実は成長因子が関係しているのです。

女性ならば、毛髪だけでなくお肌や健康についても元気で美しくありたいと思うのではないのでしょうか。

成長因子を目覚めさせるには日常から何をすればよいか

ゴールデンタイムの睡眠

午後10時から午前2時は多くの成長ホルモンが分泌する、ゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間帯に質の良い睡眠をとるようにしましょう。

早寝早起きの習慣をつけましょう。

食事

イソフラボンはIGF-1を増やす効果があり、また毛髪の成長に重要なエストロゲンに似た役割をすることができます。

イソフラボンが含まれた食べ物、大豆製品を適量に取ることは、女性のアンチエイジングにとって良い方法です。

禁煙

喫煙は血管を収縮させ、髪に栄養が届かなくなります。

その上、煙草に含まれるニコチンは育毛に必要なビタミンを破壊してしまいます。

ストレス解消

ストレスは自律神経の働きやホルモン分泌を悪化させ、育毛を妨げます。

とはいえ、仕事や家事でストレスは避けることができません。

せめて、スポーツや趣味を上手に生活に取り入れて、ストレスを減らす生活をしましょう。

シャンプー

低刺激で良質のシャンプーを使い、丁寧に洗髪することが、加齢による悩みをもつ毛髪のためには良いことです。

(まとめ)女性の発毛にとって成長因子とは何ですか?

1.女性の育毛に画期的な毛髪再生治療についてお話します

これまで、女性の薄毛には原因物質が見つからなかったため、生活習慣の改善が主な対応でした。

しかし、近年発毛を促進する成長因子が発見され、毛髪再生治療が行われています。

ただ非常に高価かつ通院を要し、また正しい生活習慣の継続も必要なのです。

2.成長因子とは何か?

タンパク質の一種といえるもので、育毛に関係するものも含めて、多くの種類が見つかっています。

細胞の分裂と増殖を促し、発毛や血管の増殖など身体に関係していますが、加齢により分泌が減少することが分かっています。

この減少が育毛を妨げる原因と言われています。

3.女性と加齢による成長因子分泌の減少

成長因子分泌が減少すると、女性のヘアサイクルの中で休止期が長くなり、成長期が短くなるという変化が起こります。

すると、毛髪が太く長くなる前に抜けて、次の毛髪が生えてこなくなり、薄毛状態になってしまいます。

成長因子はこの女性のヘアサイクルを正常に戻す役割があります。

4.成長因子を目覚めさせるには日常から何をすればよいか

一言でいうと、規則正しい生活です。

早寝早起きと質の良い睡眠の習慣、イソフラボンが適量に含まれた食生活、スポーツや趣味によるストレス解消、丁寧な洗髪が毛髪とお肌だけでなく、加齢に悩む女性の成長因子のためには重要なのです。