更年期の女性は、育毛が阻害され、抜け毛が増えることがあります。


更年期とは、閉経前後の女性ホルモンが不安定になる時期のことです。更年期に差し掛かると、女性の体内にある女性ホルモン「エストロゲン」が急激に減少します。

この女性ホルモンの分泌量の変化によって、更年期障害を引き起こしたり、育毛を阻害してしまい、成長途中の髪が抜け落ちてしまったりするのです。

しかし更年期の女性であっても、正しい育毛方法を知り、実践すれば、症状を軽減、改善することができます。

更年期には、エストロゲンの急激な減少によって、様々な体の変化が起こります。

女性の身体は、10歳前後から徐々に女性ホルモンが分泌されるようなります。

そして12歳ごろに初潮をむかえ、徐々に体が成熟していきます。女性ホルモンの分泌量も徐々に増え、20代~40代頃までがピークです。

この時期が、妊娠・出産に適した時期ともいえます。ところが40代後半になってくると、女性ホルモンの分泌量が減っていきます。

女性ホルモンが減っていくのは、50歳ごろに閉経を迎えるための準備をしているのです。

しかしこの女性ホルモンの減少によって、ホルモンバランスや自律神経に乱れが生じてしまうことがあります。

ホルモンと自律神経の乱れは、いわゆる更年期障害と呼ばれるほてりや発汗、だるさ、イライラ、めまいなど様々な症状を引き起こしてしまうのです。

中には全く症状の出ない人もいますが、多くの女性が更年期特有の不調に悩まされています。

更年期の女性は、抜け毛や薄毛に悩まされることがあります。


更年期になると、様々な症状が体に現れますが、その一つに抜け毛の増加があります。これは髪の育成には、女性ホルモンが深く関わっているためです。

髪の成長と女性ホルモンの関係

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、女性の身体の健康維持や女性らしい体つきにするといった役割があります。また髪の美しさにも欠かすことのできないホルモンです。

というのも、エストロゲンには、髪の毛の成長を促したり、成長する期間を延ばしたりする働きがあるからです。そのため女性ホルモンが正常に分泌されていれば、髪の毛は太く、コシがあり、つややかで美しい髪に成長します。

ところが、女性ホルモンが何らかの原因によって、分泌量が減ってしまうと、髪の毛の成長が止まってしまったり、ヘアサイクルが乱れて、成長期が短縮されてしまったりするのです。

更年期女性を悩ませる抜け毛の増加

先に説明したように、エストロゲンは、髪の成長には欠かすことのできないホルモンです。

そのため女性ホルモンが減少してしまう更年期は、髪が弱くなり、抜け毛が増加してしまうのです。更年期は、女性であれば、必ず通る道であり、避ける方法はありません。

しかし抜け毛の予防や育毛を促す方法なら、少しの努力で行うことができます。更年期だからと諦めないで、ぜひ積極的に育毛や抜け毛予防に取り組んでいきましょう。

更年期でも効果的な育毛方法

更年期による抜け毛は、エストロゲンの減少が原因です。

そのため、効果的に育毛をするのであれば、エストロゲンの減少を少しでもゆるやかにするために、エストロゲンを減らしてしまう習慣をなくすこと、そして、少しでも女性ホルモンの分泌量を増やすこと、頭皮環境を整え、育毛を促すことが大切です。

エストロゲンが減ってしまう習慣をなくしましょう

  • 暴飲暴食
  • 栄養の偏った食事
  • 食事制限によるダイエット
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • お酒の飲み過ぎ
  • 過度なストレス

これらの習慣は、エストロゲンの分泌を妨げてしまう恐れがあります。

まずは、良くない習慣をやめることから始めましょう。

エストロゲンの分泌を促しましょう

  • 規則正しい生活
  • 栄養バランスの良い食事
  • 大豆イソフラボンの摂取
  • 適度な運動
  • リラックスできる時間
  • 体を温める

エストロゲンを増やすためには、健康的な生活を送ることが大切です。

できることから、少しずつ生活に取りいれていきましょう。

育毛を促しましょう

  • 正しいシャンプー方法で頭皮を清潔に保つ
  • 頭皮マッサージで頭皮の血行を促進

生活習慣の見直しやエストロゲンの分泌を促せば、自然に頭皮の環境はある程度良くなるはずです。そこでさらに育毛を促進するためにも、マッサージを取りいれ、シャンプー方法の見直しを行いましょう。

また最近では、育毛ケア・頭皮ケア用のシャンプーなども販売されていますので、ケア用品にも気を使ってみるのもよいでしょう。

(まとめ) 女性は更年期になると、育毛が阻害されてしまうって本当?

1.更年期の女性は、育毛が阻害され、抜け毛が増えることがあります。

更年期は、エストロゲンの減少によって、抜け毛の増加などの様々な症状が起こります。

しかし正しい育毛を心がければ、改善する可能性があります。

2.更年期には、エストロゲンの急激な減少によって、様々な体の変化が起こります。

40代後半になると、閉経を迎えるために、エストロゲンが減少しはじめます。

エストロゲンが急激に減少すると、ほてりや発汗などの不調が現れます。

3.更年期の女性は、抜け毛や薄毛に悩まされることがあります。

エストロゲンは、髪の成長にも深く関わっています。

そのため更年期によるエストロゲンの減少は、育毛を阻害し、抜け毛を引き起こす恐れがあります。

4.更年期でも効果的な育毛方法

更年期でも、効果的に育毛するためには、エストロゲンの減少を食い止めること、エストロゲンの分泌を促すことが大切です。

またより育毛を効果的にするためにも、ヘアケアの見直しを行いましょう。