頭皮脂量は、ホルモンの影響を受けることがあります


20代にはあまり気にしていなかった頭皮脂の量。
30代、40代と年齢を重ねるにつれて頭皮の皮脂量が増えてきた気がする、という女性は多いと思います。

頭皮の皮脂量は、さまざまな要因によって変化しますが、中でもホルモンの影響も受けているといわれています。

1つには、体内にある女性ホルモンと男性ホルモンがバランスを保つことによって、髪や頭皮の健康が維持されていることがあげられます。

女性は、おおむね10代で初潮を迎え、20代では女性ホルモンの分泌が活発になります。

女性ホルモンの分泌量は妊娠・出産により急激に増減したり、年齢を重ねるにつれ減少していったり、体の変化はライフステージに応じて大きいといえます。

そして女性ホルモンが減少し、体内の男性ホルモンの働きが相対的に優位になる時期に、それまで感じなかった頭皮の脂っぽさを実感するようになる、ということがあるのです。

食生活・ヘアケア・生活習慣の工夫をすることで、20代をピークに徐々に減少するといわれる女性ホルモンの働きを補いながら、健やかな頭皮を維持しましょう。

頭皮の健康にはホルモンバランスが関わるとされています

女性ホルモンは、心身の好調・不調に関わるのはもちろんのこと、髪や頭皮の健康にも影響を与えることがあります。

妊娠・出産でこのホルモンが急激に増減したり、年齢を重ねることで分泌量が減少したりすると、体内のホルモンバランスが崩れるきっかけとなることがあります。

一方、男性ホルモンは女性の体にも存在しています。
女性の卵巣や副腎皮質からアンドロゲン(テストステロンなど)が分泌されます。
男性ホルモンは、皮脂分泌を増加させる働きを持っています。

体内の女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが変化することで、毎日シャンプーしていても頭皮の脂っぽさを感じるようになったり、頭皮や汗のニオイが気になったりすることがあります。

女性ホルモンの分泌量の急激な変化が直接、頭皮の皮脂分泌量の変化につながることがあるのです。

ホルモンバランスの変化が落ち着かずに乱れていると、頭皮に限らず女性の心身に不調をもたらす恐れがあります。

10代、20代には気にならなかった頭皮のトラブルや変化を感じたら、体内では、ホルモンバランスが変わってきているのかもしれません。
体の声に耳を傾け、変化に柔軟に対応していくことが大切です。

ライフステージによってホルモンバランスが変わることも


男性と比べて女性は、人生の中で体のさまざまな変化を体験します。
妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが増加しますが、出産後これらのホルモンは急激に減少し、妊娠前の体に戻ろうとします。

この現象により、出産後は相対的にホルモン量が激減することになり、突然の頭皮トラブルや抜け毛に悩む女性も多いようです。

また女性ホルモンの分泌量は20代がピークで30代を境に減少し始め、45~55歳くらいで急激に減少する傾向にあります。

毎日シャンプーしていても、40代、50代になってから頭皮の脂っぽさを感じるようになるのは、女性ホルモンの減少により男性ホルモンが相対的に優位になることで生じる、頭皮トラブルの始まりの可能性があります。

この他にも各種ホルモンの分泌量は、生活習慣やストレスの影響を受けやすいといわれています。

タバコや過度な飲酒は、代謝に関わるさまざまなホルモンの分泌を妨げる恐れがあるので、やめましょう。
忙しい毎日の中で、食事が不規則になったり、内容が乏しくなったりすることも大敵です。

さらに女性ホルモンの分泌をコントロールしている視床下部は、自律神経の働きをコントロールする場所でもあります。

視床下部は生活習慣の影響を受けやすいため、寝不足や過度なダイエット・ストレスなどが、ホルモンバランスや自律神経を乱す原因となることもあるようです。

年齢を重ねても、ホルモンバランスを整える柔軟な生活習慣を心がけ、気分もあがるような、健康な髪と頭皮を維持したいものです。

ホルモンバランスを整える食生活を心がけましょう

大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、継続的に摂取するのがよいとされています。

イソフラボンは「エクオール産生菌」という腸内細菌によって「エクオール」に変化することで、ホルモンとして活性化します。

エクオール産生菌を体内に保有していないと、イソフラボンはホルモンとして活性化しません。
そこで誰でも摂取できるエクオールを主成分とし、女性に嬉しいカルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントも登場しています。

またホルモンバランスを整えてくれる栄養素としては、マグロやカツオに多いビタミンB類、ナッツ類やアボカドに多いビタミンE、アサリや納豆に多いミネラル類(鉄・亜鉛など)があげられます。

とくにビタミンEには、抗酸化作用や血流改善効果があり、頭皮の健康に役立つといえるでしょう。
ビタミンEは、ビタミンAおよびビタミンCと組み合わせて摂取することでより高い効果が得られるといわれています。

ちなみに厚生労働省が栄養機能食品の規格基準として設定している、ビタミンEの1日あたりの上限値は150 mgです。

マルチビタミンのサプリメントなどを活用すれば、ビタミン摂取の相乗効果が得られそうです。
亜鉛はさまざまなホルモンの分泌に関わっており、女性には欠かせないミネラルといわれています。

しかし喫煙や過度な飲酒、添加物の過剰摂取などにより、その吸収が妨げられることがあるので注意しましょう。

女性の頭皮の味方となるヘアケア商品もあります


本来女性は、男性に比べて分泌される頭皮脂の量は少なめといわれています。
ホルモンバランスの乱れによって一時的に脂っぽさを感じても、もともと頭皮は乾燥しやすいタイプの人も多いようです。

頭皮の脂っぽさを感じ始めたら、若い頃から続けてきたシャンプー選びを変えてみるチャンスかもしれません。

髪の洗い上がりや香りを重視してきた人、あるいは、家族みんなで同じシャンプーを使ってきたという人は、今の自分に合った専用のヘアケア商品を揃えてみてはいかがでしょうか。

とくに皮脂をしっかり洗い流すと宣伝されるような清涼系シャンプーなどは、男性にはおすすめですが、女性にとっては逆効果かもしれません。

頭皮の脂っぽさが気になっても、頭皮のターンオーバーのリズムを整えるためには、皮脂を取り過ぎないアミノ酸系シャンプーなどがよさそうです。

また「女性ホルモンの低下」に着目し、豆乳発酵液を配合した女性専用のシャンプーは、皮脂を取り過ぎないスカルプケアができるのでおすすめです。

女性向けに、ホルモンのバランスを整えるとされる大豆イソフラボンやノコギリヤシの成分が配合された頭皮ローションも登場しているようです。

20代、30代と比べて頭皮の肌質が変わったと感じ始めたら、このようなヘアケア商品を試してみるのもよいでしょう。

ストレスを減らし、質のよい睡眠を取りましょう

仕事や子育て、家族の介護など女性には世代に応じてさまざまな悩みやストレスがあることでしょう。

悩みやストレスが、ホルモンバランスの乱れにつながり、ひいては頭皮脂の過剰分泌などを引き起こすこともあるようです。

ストレスをなくすのは難しいことですが、趣味やスポーツなどを楽しむことで、適度にストレスを発散しながら、時には心を解放する時間を過ごしましょう。

また体のリズムを整えるためには、質のよい睡眠が重要です。
女性ホルモンや成長ホルモンなどが分泌されるのは、午後10時から午前2時頃といわれています。

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠がありますが、寝てから3時間くらいまでのノンレム睡眠時に、多くのホルモンが分泌されるといわれています。
よい睡眠が足りないと、とくにエストロゲンの分泌が低下するそうです。

このことを考え合わせて、夜12時までには就寝し、上質な睡眠を確保しましょう。
睡眠初期のノンレム睡眠を妨げないよう、電話などは遠ざけ、部屋の温度を適度に保つなどの工夫をするのもよいでしょう。

リラックス効果もある入浴は、質のよい睡眠のためにもおすすめです。
シャワーですませたくなるような日も、あえて湯船に浸かり体を温めることが大切です。

睡眠の質を高めて、さまざまなホルモンの分泌を助けることで、頭皮はもちろん肌や体全体のコンディションをあげることにもつながります。

(まとめ)頭皮脂の量はホルモンの影響を受けますか?

1. 頭皮の健康にはホルモンバランスが関わるとされています

体内の女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることで、頭皮の脂っぽさを感じるようになることがあります。
女性ホルモン分泌量の急激な変化が、頭皮の皮脂分泌量に影響しているかもしれません。

2. ライフステージによってホルモンバランスが変わることも

妊娠・出産や加齢など、ライフステージの変化によって女性ホルモンが減少し、頭皮トラブルが起こる可能性があります。

年齢を重ねても、ホルモンバランスを整える生活習慣を心がけ、健康な髪と頭皮を維持したいものです。

3. ホルモンバランスを整える食生活を心がけましょう

大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、継続的に摂取するのがよいとされています。

またホルモンバランスを整えてくれる栄養素としては、ビタミンB類・ビタミンE・ミネラル類(鉄・亜鉛など)があげられます。

4. 女性の頭皮の味方となるヘアケア商品もあります

「女性ホルモンの低下」に着目した女性専用のシャンプーは、皮脂を取り過ぎないスカルプケアができるので、おすすめです。

大豆イソフラボンやノコギリヤシの成分が配合された頭皮ローションも登場しているようです。

5. ストレスを減らし、質のよい睡眠を取りましょう

趣味やスポーツなどを楽しむことで、適度にストレスを発散しながら、時には心を解放する時間を過ごしましょう。

またホルモンの分泌を促すために、夜12時までには就寝し上質な睡眠を確保しましょう。