ひどい頭皮脂は痒みの原因になり、育毛の邪魔になります


頭皮から脂が過剰に出て、触るとベタベタし、臭いがあるので気になります。
そのまま放置しておくと頭皮環境が悪化し、育毛が上手くいかなくなるかもしれません。

過剰分泌された脂が頭皮についた汚れと混ざって毛穴を塞ぎ、髪が伸びることができなくなります。

毎日きちんと洗っていても脂っぽくなるということは、洗いすぎによって脂が出やすい状態をつくっているのかもしれません。

頭皮脂の量がひどいと、脂を好む常在菌が増えすぎてしまいます。
するとその常在菌が脂を分解する時に出す脂肪酸が頭皮を刺激し、炎症を起こします。

また頭皮が痛くて痒いと、どうしても頭皮を引っ掻いてしまいます。
頭皮を引っ掻くと傷つき、バリア機能が壊れてしまいます。

毛穴が傷ついて脱毛を引き起こしてしまうこともあります。
この悪循環を断ち切るためには、ケアが必要です。

まず生活習慣を整えて、頭皮脂の元になる脂を控えるようにしましょう。
すでに炎症を起こしている頭皮には皮膚科を受診して適切な薬の処方を受けましょう。

必要な分だけ皮脂を残して洗うようにシャンプー方法を変え、保湿を心がけましょう。

頭皮脂過多の原因をつくっているかもしれません

・脂ものの食べ過ぎ

肉や揚げ物・スイーツ中心の食生活をしていると、頭皮脂が増えます。
脂質の代謝にはビタミンB2が、糖分の分解にはビタミンB群が使われます。

これらビタミンBは皮脂の分泌や肌のターンオーバーに関係しています。
したがって暴飲暴食するとビタミンB不足になり、頭皮脂の過剰分泌に繋がってしまいます。

・頭皮の乾燥

頭皮のバリア機能を守るために、頭皮は皮脂を分泌します。
乾燥すると、頭皮はより多くの皮脂を分泌して守ります。

乾燥した空気や高温・紫外線や間違ったケアにより頭皮は乾燥しやすくなるのです。

・間違ったシャンプー

市販されているシャンプーのうち多くは、汚れを落として髪をサラサラにするために、洗浄力が強く頭皮を乾燥させます。

また脂っぽい時は汚れを落とすために力を入れて洗ってしまいます。
すると保湿のために残しておくべき皮脂まで取りきってしまい、頭皮が乾燥してしまうのです。

・ホルモンバランスの乱れ

生活習慣によりホルモンバランスが乱れることで皮脂分泌が増える場合があります。

十分な睡眠が取れ、ストレスの無い規則正しい生活を続けることで、ホルモンバランスが整えられます。
これによって皮脂分泌を適度にすることができます。

ひどい頭皮脂によって起こる可能性のある皮膚炎


・脂漏性皮膚炎

頭皮脂の分泌が多すぎる状態だと、その脂を好むマラセチア菌が過剰に増えます。
マラセチア菌は頭皮や皮膚にいつもいる常在菌の一つです。

適量いる場合は、皮膚に問題は起こりません。
しかし過剰になると、炎症の原因になります。

そしてマラセチア菌が皮脂を分解する時に出す遊離脂肪酸が皮膚炎を起こすといわれています。

皮膚がべたつくだけでなく赤くなり、痒みやフケなど引っ掻くことで出血し、かさぶたになることがあります。

必ず皮膚科を受診して、頭皮にできる他の湿疹と間違えないようにしましょう。
抗菌剤で過剰な菌を減らし、ステロイドで炎症を抑えます。

抗菌シャンプーを使った洗髪・食事の見直しや生活習慣の改善をすることも必要です。
なおマラセチア菌はヒトの皮膚に常在する菌なので、他の人に移るということはありません。

・マラセチア毛包炎

毛穴に赤くて小さなブツブツができニキビに似ていますが、原因菌が異なります。
脂漏性皮膚炎と同じ、マラセチア菌が毛包という毛穴の中に入って炎症を起こした状態です。

頭皮だけでなく、耳の後ろや背中など皮脂分泌の多い部位にできやすいです。
治療は抗菌剤を塗ることがメインです。
ひどい場合は、抗菌剤の飲み薬を使います。

・頭皮ニキビ

頭皮の常在菌の一つであるアクネ菌が毛穴に詰まった皮脂汚れにより炎症を起こしています。

頭皮のターンオーバーの乱れやシャンプーのすすぎ残しが原因です。
顔にできるニキビと同じで、潰すと悪化します。
丁寧なシャンプー方法やシャンプーの変更でターンオーバーを正常に戻します。

分かっているのに止められない!引っ掻く悪循環には薬を

痒みを我慢するのはとても難しく、ストレスがかかります。
しかし引っ掻くことで頭皮が傷ついてしまいます。

頭皮のバリア機能も掻き壊されてしまいます。
頭皮脂がひどい状態で傷があると、雑菌が傷に入って炎症を起こすかもしれません。

引っ掻いた所が抜け毛になったり、新しい毛が生えてこなかったりして育毛トラブルになります。

しかしこれらのことが分かっていても、痒みにたいして対処せずに我慢するだけというのはムリなことです。
実は、痒いからと引っ掻くと、もともと真皮の中にある神経が表皮まで伸びてしまいます。

するとますます痒みを感じやすい状態になります。
つまり引っ掻くことでもっと痒くなるので、引っ掻くこと自体が止められなくなるのです。

最近の研究によって、引っ掻くことでサイトカインやヒスタミンなどが出てきて炎症や痒みが悪化することが判明しました。

この引っ掻くことが止められず炎症が悪化していく悪循環のことをイッチ・スクラッチサイクルといいます。

この状態を脱出するには、皮膚科を受診して炎症を治す薬や痒み止めの薬を処方して貰います。

頭皮は毛髪があるため、きちんと患部に薬を塗ることが難しいです。
ジェルやローションなどの使いやすい形の薬を使いましょう。

また頭皮のバリア機能を修復させるために、保湿は必要です。
頭皮用保湿ローションを使う、帽子や日傘で乾燥の原因となる紫外線を避けるなど日常生活で注意しましょう。

頭皮脂以外が原因で女性の頭皮にできる発疹と炎症もあります


・尋常性乾癬

尋常性乾癬は若い人にみられる発疹です。
頭皮など、こすれるなどの刺激のある所に粉をふいて皮膚が盛り上がった発疹が出ます。

皮膚が盛り上がった所や痒い所を掻きむしると、抜け毛の原因になり、頭皮が傷つき抜け毛を引き起こします。

頭の他に、肘や膝に発疹が出ることが多いです。
発疹はフケのように剥がれ落ちます。

人によっては発疹が爪にも出ます。
尋常性乾癬を発症する人の半数に痒みがあるといわれます。

免疫機能の異常が原因だといわれていますが、どのようにして起こるのかははっきりしていません。

もともと持っている免疫機能に、疲労やストレス・風邪や薬・こするなどの刺激が加わると乾癬の発疹が出やすくなるといわれます。

治療方法は、塗り薬・飲み薬・光線療法・抗体療法などありますが、原因がはっきりしていないので一度治っても再発することがあります。

頭皮の乾燥防止には紫外線を避けることですが尋常性乾癬の場合、適度な紫外線はよいとされています。

乾癬の発疹がある場合は、低刺激のシャンプーでやさしく洗いましょう。
免疫機能の異常を防ぐために、規則正しい生活をしきちんと栄養を取って、風邪などにかからないように気をつけて生活しましょう。

ストレスやタバコ・肥満や乾燥なども免疫の働きを狂わせる原因になります。

・アトピー性皮膚炎

大人になってから発症する人もいます。
もともと乾燥肌など、体質的になりやすさを持っているなどといわれます。

しかし後天的にダニや花粉のアレルギー、乾燥や特定の素材の服でも発症する場合があります。

肌が乾燥し、ブツブツができることから脂漏性皮膚炎を間違えられやすいです。
痒みがあるので、掻きむしって皮膚のバリア機能を壊すと悪化します。
アレルギー症状と同時発症して悪化することもあります。

頭皮脂を適量でキープするためには体調管理が重要

このように皮脂過剰な状態は改善可能で、脂漏性皮膚炎などは薬で治すことができます。
しかし皮膚のターンオーバーなどの関係で、きれいになるには数週間から数か月かかります。

頭皮に傷やかさぶたがある場合、それらが治るまでの時間が必要です。
また抜け毛の改善や育毛が順調に戻るまでにも時間がかかります。

また一旦皮脂分泌が落ち着いて、皮膚炎が治り育毛が上手くいったとしても、再び皮脂分泌が過剰になってしまう場合があります。

それは食生活の乱れや睡眠不足によりホルモンバランスが崩れて皮脂が過剰分泌してしまうためです。
他の人と同じようにしていても皮脂が過剰分泌しやすい体質の人も中にはいます。

したがって頭皮脂が過剰にならないように、毎日の生活の中で対策が必要です。
頭皮脂の量をコントロールし、皮膚炎などの再発を防ぐために、体調管理をきちんと行いましょう。

そのためには、十分な睡眠・バランスの取れた食事・適度な強さの運動・ストレス解消などを習慣づけましょう。

多忙はこれらの健康的な習慣が続かなくなり、体調を崩す原因です。

忙しい時は、適度に休息を取ることを心がけ、疲労を翌日に持ち越さないようにしましょう。
また頭皮ケアを毎日続けるようにしましょう。

(まとめ)ひどい頭皮脂は育毛の邪魔になりますか?

1. ひどい頭皮脂は痒みの原因になり、育毛の邪魔になります

頭皮脂が過剰な状態を放置しておくと、育毛が上手くいかなくなるかもしれません。
生活習慣を整え、脂を控えて皮膚科を受診し、シャンプー方法を変え保湿を心がけましょう。

2. 頭皮脂過多の原因をつくっているかもしれません

ひどい頭皮脂の原因には、脂ものの食べ過ぎによるビタミンB不足・乾燥した空気や紫外線・必要な皮脂まで取りきる間違ったシャンプーなど、ケアによる乾燥があります。

また生活習慣の乱れやストレスによるホルモンバランスの乱れも頭皮脂を過剰にします。

3. ひどい頭皮脂によって起こる可能性のある皮膚炎

頭皮の常在菌の一つであるマラセチア菌は皮脂が過剰だと繁殖し、脂漏性皮膚炎の原因になる脂肪酸を出します。

マラセチア毛包炎もあります。
頭皮ニキビはアクネ菌によって起こる炎症です。

4. 分かっているのに止められない!引っ掻く悪循環には薬を

痒いといって引っ掻くことでもっと痒くなり、皮膚のバリア機能が壊れ、炎症も悪化することが判明しています。

炎症を治す薬や痒み止めの薬を処方と保湿が脱出のカギです。

5. 頭皮脂以外が原因で女性の頭皮にできる発疹と炎症もあります

免疫機能の異常による尋常性乾癬は粉をふいて皮膚が盛り上がった発疹が出ます。
大人でアトピー性皮膚炎を発症する人もいます。

6. 頭皮脂を適量でキープするためには体調管理が重要

頭皮脂の量をコントロールし皮膚炎の再発を防ぐために、体調管理をきちんと行いましょう。

十分な睡眠・バランスの取れた食事・適度な強さの運動・ストレス解消などを習慣づけましょう。